<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

バスツアー5/9

次に着いたのが、生月島。
平戸島の北西に浮かぶ島。
かくれキリシタンと捕鯨の島。
a0204703_11214261.gif

生月大橋を渡って直ぐのところに、生月町博物館「島の館」があります。
博物館内での撮影は可とのこと、貴重な資料を撮らせていただきました。

(捕鯨資料コーナー)
a0204703_11114981.jpg

a0204703_11114767.jpg

a0204703_11115033.jpg

a0204703_11114869.jpg

a0204703_11115147.jpg

a0204703_11121196.jpg

a0204703_11121195.jpg

a0204703_11121297.jpg

a0204703_11121284.jpg

a0204703_11121392.jpg


(かくれキリシタン資料コーナー)
a0204703_11123453.jpg

a0204703_11123567.jpg

a0204703_11131552.jpg

a0204703_11131545.jpg

a0204703_11131647.jpg

a0204703_11131646.jpg

a0204703_11295276.jpg
a0204703_1130072.jpg

光量不足で祭壇のところは、ぼやけてしまいました。
この場所で、キリシタン禁制下に潜伏キリシタンによって密かに口承されてきた「おらしょ」(祈り)も拝聴することができました。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-19 07:00 | 旅行

バスツアー4/9

今回は、遊覧船パールクィーン号からの眺めの続き。
a0204703_947067.jpg

a0204703_947347.jpg

a0204703_947378.jpg

a0204703_947461.jpg

a0204703_947460.jpg

a0204703_9472738.jpg

a0204703_9472739.jpg

a0204703_9472814.jpg

a0204703_9472813.jpg

a0204703_9472953.jpg

a0204703_9482031.jpg

a0204703_9482049.jpg

a0204703_9482120.jpg

遊覧船は、小島の狭間をスイスイと繰られていきます。
6枚目の小さな湾では、シャープに旋回。
暗礁が多いので、船には海底の岩を示すソナー(?)つき。
狛犬や潜水艦のような形の岩場、変化に富んで面白い。
穏やかなクルージングを楽しめました。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-18 07:00 | 旅行

バスツアー3/9

今回と次回は、九十九島を巡るクルージング。
遊覧船パールクィーン号からの眺め。
a0204703_1018417.jpg

a0204703_10183912.jpg

a0204703_10183999.jpg

a0204703_10184068.jpg

a0204703_10193817.jpg

a0204703_1019396.jpg

a0204703_10193950.jpg

a0204703_10194045.jpg

a0204703_1019407.jpg

a0204703_1020530.jpg

a0204703_1020632.jpg

a0204703_1020631.jpg

a0204703_1020733.jpg

a0204703_1020732.jpg

あいにくの曇り空。
晴れると海の色も変わるのですが。
それでも光線のちょっとした加減で、エメラルドグリーンの海も見られます。
リアス式海岸独特の美しい造形美の島々、なかなかきれいです。
風が出て寒いのですが、船の甲板で過ごす方も大勢。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-17 07:00 | 旅行

バスツアー2/9

次に着いたのが、西海パールシーリゾート。

長崎県佐世保市にあり、水族館「海きらら」、九十九島を巡るクルージング船の発着所があります。
水族館とクルージングの2班に分かれての見学、クルージングの方を選択しました。
クルージング船は2艘、赤い「海賊船海王」と白い「遊覧船パールクィーン」。
a0204703_1035384.jpg

a0204703_10351618.jpg
a0204703_10352327.jpg
a0204703_10353199.jpg
a0204703_10353989.jpg
a0204703_10354949.jpg
a0204703_10355651.jpg
a0204703_1036486.jpg
a0204703_10361119.jpg
a0204703_10361921.jpg
a0204703_10362769.jpg
a0204703_10363319.jpg
a0204703_10363976.jpg

乗船したパールクィーンから眺めた九十九島の景色は、次回から。
因みに、九十九島の島数は208とか。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-16 07:00 | 旅行

バスツアー1/9

先週10・11日、バスツアーに参加。
最初に着いたのが、有田ポーセリングパーク・のんのこの郷。
昼食のための立ち寄り場所でしたが、なかなかの施設です。
a0204703_10331085.jpg

a0204703_10331078.jpg

a0204703_10331015.jpg

a0204703_10331136.jpg

a0204703_10331198.jpg

a0204703_10333741.jpg

a0204703_10333735.jpg

a0204703_1033385.jpg

酒造株式会社が運営している施設で、お食事処、お土産品店などがありました。
オープンしたのが1993年とか。
西洋風の建物群、なかなかきれいでした。

中でも際立っているのが、ドイツのツヴィンガー宮殿をまねたと言われる建物。
a0204703_10333842.jpg

a0204703_10333944.jpg

a0204703_1034497.jpg

a0204703_1034512.jpg

a0204703_1034580.jpg

a0204703_103467.jpg

a0204703_1034681.jpg

a0204703_1034783.jpg

a0204703_11222254.jpg
a0204703_11224028.jpg
a0204703_11224767.jpg
a0204703_1122562.jpg
a0204703_11231139.jpg
a0204703_11231884.jpg
a0204703_11232688.jpg

広大な敷地の広大な建物。
橋を渡って裏手に回ると、大きな西洋庭園が広がります。
もう少し覘いてみたい建物もありました。
陶芸体験もあるとか。
芋焼酎・麦焼酎の試飲もあったとか。(残念)
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-15 07:00 | 旅行

武町の花々2/2

今回は、長島美術館前庭の菜の花。
ごゆっくりお楽しみください。
a0204703_10245897.jpg

a0204703_10245924.jpg

a0204703_10245911.jpg

a0204703_1025025.jpg

a0204703_10251745.jpg

a0204703_10251744.jpg

a0204703_10251846.jpg

a0204703_10251889.jpg

a0204703_10253712.jpg

a0204703_10253711.jpg
a0204703_10443498.jpg
a0204703_10463128.jpg
a0204703_10464664.jpg
a0204703_10465897.jpg
a0204703_104766.jpg
a0204703_10471548.jpg

一昨日(12日)娘夫婦のところに立ち寄りました。
孫娘が飾り付けたチョコをいただいて、帰りに紙袋を。
自宅についてから覗いてみると、またチョコ。
やっと気づきました。
バレンタインのチョコ。
これは、うっかり。(笑い)
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-14 07:00 | 武町~田上町

武町の花々1/2

今回は、鹿児島市武町の高台にある長島美術館の庭園。
菜の花が満開。
さすがにちょっと少なくなってきました。

長島美術館入り口の狛犬2体と美術品
a0204703_1747223.jpg

a0204703_17472216.jpg

a0204703_17472265.jpg

a0204703_17472367.jpg

a0204703_17472373.jpg

風邪の強い日で、高台の庭園の高い樹木はビュービュー呻っていました。
平成元年10月にオープンした美術館。
海抜110mの高台にあって、鹿児島市街地が一望に見渡せます。

庭園の花々
今は菜の花と、ツワブキの綿毛
a0204703_1748067.jpg

a0204703_1748085.jpg

a0204703_1748168.jpg

a0204703_1748174.jpg

a0204703_1748269.jpg

a0204703_17483937.jpg

a0204703_17483912.jpg

a0204703_17484020.jpg

a0204703_17484019.jpg

a0204703_17484127.jpg

菜の花の枚数が多いので、次回まで。
近くの武中学校の生徒約20人の協力を得て、昨年10月に種が撒かれました。
年明けには咲きそろいました。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-13 07:00 | 武町~田上町

ご近所の花々5/5

今回は、万両、蠟梅、スイートアリッサムの3つ。

万両
ヤブコウジ科 ヤブコウジ属
日本(関東より南)、朝鮮半島、中国、台湾、インド原産
a0204703_1243831.jpg

a0204703_1243899.jpg

a0204703_1243887.jpg

名前から正月の縁起物。
正月飾りとして床の間で活躍してもらいました。
パッと明るくなりますね。

蠟梅
ロウバイ科 ロウバイ属
中国中部原産
a0204703_1243976.jpg

a0204703_12432879.jpg

a0204703_12435211.jpg

a0204703_12435723.jpg

a0204703_124424.jpg

花の内側がちょっと赤っぽいのが蠟梅。
内も外も黄色いので、素心蝋梅のようです。
どちらも、いい香り。

スイートアリッサム
アブラナ科 ロブラリア属
地中海沿岸原産
a0204703_12441311.jpg

a0204703_12441987.jpg

a0204703_12442487.jpg

a0204703_12442879.jpg

a0204703_12443378.jpg

別名が、ロブラリア。
和名が、ニワナズナ。
花色は、白、赤、ピンク、淡紫など。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-12 07:00 | ご近所

ご近所の花々4/5

今回は、エンドウ、ローズマリー、柊南天、南天、黄実千両の5つ。

エンドウ
マメ科 エンドウ属
メソポタミア原産
a0204703_1202580.jpg

a0204703_1205768.jpg

a0204703_121273.jpg

別名が、サヤエンドウ、キヌサヤ。
友人宅の菜園畑、早くも実がついてきました。
自宅もいっしょに植え付けしたのですが、やっと蔓が延びて花がチラホラ。

ローズマリー
シソ科 マンネンロウ属(ロスマリヌス属)
地中海沿岸原産
a0204703_1211474.jpg

a0204703_1211473.jpg

a0204703_1211575.jpg

触れると香りがいいですね。
花も、なかなか。

柊南天
メギ科 ヒイラギナンテン属
中国、ヒマラヤ、台湾原産
a0204703_12213.jpg

a0204703_12225.jpg

別名が、唐南天。
鮮やかな黄色の花。
秋に葡萄色で白い粉をふいたような実をつけます。

南天
メギ科 ナンテン属
中国原産
a0204703_122211.jpg

a0204703_122312.jpg

a0204703_1222354.jpg

花は比較的地味な白、実は真っ赤。
日当りのいい場所で、実つきがいいようです。
実が白い白実南天もあります。

黄実千両
センリョウ科 センリョウ属
インド、マレーシア、日本原産
a0204703_1222443.jpg

a0204703_1222424.jpg

別名が、クササンゴ(草珊瑚)。
赤い実の千両と比べると、ちょっと地味ではあります。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-11 07:00 | ご近所

ご近所の花々3/5

今回は、クリスマスホーリー、御柳梅、蠟梅の3つ。

クリスマスホーリー
モチノキ科 モチノキ属
中国原産
a0204703_11291063.jpg

a0204703_11291013.jpg

a0204703_1129106.jpg

a0204703_11291114.jpg

別名が、チャイニーズホーリー、柊擬、柊黐、支那柊、亀甲葉黐。
クリスマスの装飾の定番。
鮮やかで目立つ赤。

御柳梅
フトモモ科 ネズモドキ属
オセアニア、マレー半島原産
a0204703_11293288.jpg

a0204703_11293377.jpg

a0204703_1129332.jpg

a0204703_11293478.jpg

a0204703_11294768.jpg

a0204703_11294857.jpg

a0204703_11303437.jpg

a0204703_11304037.jpg

花色は赤、ピンク、白色など。
濃い赤がこちらはほとんど。
ニュージーランドの国花とか。

蠟梅
ロウバイ科 ロウバイ属
中国中部原産
a0204703_11304632.jpg

a0204703_11305321.jpg

a0204703_1131011.jpg

香りを楽しんできました。
蠟梅の花の季節もそろそろ終わり。
黄色の花も散り始めました。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-02-10 07:00 | ご近所