<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ご近所の花々3/4

今回は、ご近所の蠟梅。
3箇所の蠟梅です。

蠟梅
ロウバイ科 ロウバイ属
中国中部原産
a0204703_9561839.jpg

a0204703_9561896.jpg

a0204703_9561851.jpg

a0204703_9561990.jpg

a0204703_9561984.jpg

a0204703_9564426.jpg

a0204703_9564463.jpg

a0204703_9564558.jpg

a0204703_9564527.jpg

a0204703_9564628.jpg

a0204703_957531.jpg

a0204703_957696.jpg

a0204703_957632.jpg

a0204703_957728.jpg

a0204703_957727.jpg
a0204703_1043860.jpg

a0204703_1044586.jpg

a0204703_1045232.jpg

a0204703_105534.jpg

a0204703_1051750.jpg

a0204703_1052678.jpg

花の内側がちょっと赤っぽいのが蠟梅。
内も外も黄色いのが素心蝋梅。
どちらも、いい香り。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-31 07:00 | ご近所

ご近所の花々2/4

今回は、白蝶草、オキザリス、マサキ、アベリア、エリカ・コロランスの5つ。

白蝶草
アカバナ科 ガウラ属
北米中南部原産
a0204703_10163014.jpg

a0204703_10163076.jpg

a0204703_10163178.jpg

別名が、ヤマモモソウ(山桃草)、ガウラ。
花色は白、ピンクや赤の園芸品種も。

オキザリス
カタバミ科 カタバミ属
南アフリカ、南アメリカ原産
a0204703_10163177.jpg

a0204703_1016324.jpg

a0204703_10165296.jpg

a0204703_1016534.jpg

a0204703_1016533.jpg

別名が、セイヨウカタバミ。
上の3枚は、バリアヒルズの白。
下の2枚は、オキザリス・グラブラ。

マサキ
ニシキギ科 ニシキギ属
日本、中国原産
a0204703_10165462.jpg

a0204703_10165461.jpg

a0204703_1017181.jpg

別名が、シタワレ、フユシバ。
葉っぱに黄や白の斑の入いるキンマサキ、ギンマサキ。
新芽が黄色のオウゴンマサキなどがあります。

アベリア
スイカズラ科 ツクバネウツギ属
中国原産の園芸種
a0204703_10171997.jpg

a0204703_10171952.jpg

a0204703_10172079.jpg

別名が、ハナゾノツクバネウツギ。
冬場は、茶色の羽がよく目立ちます。

エリカ・コロランス
ツツジ科 エリカ属
南アフリカ原産
a0204703_10172053.jpg

a0204703_10463925.jpg
a0204703_10464696.jpg

別名が、エリカ・コロランス 'ホワイト・デライト'、エリカ・ホワイトデイライト。
咲き始めは白ですが、次第にピンクに変わります。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-30 07:00 | ご近所

ご近所の花々1/4

今回は、ローズマリー、クロウエア・エクサラタ、オレガノケントビューティー、マーガレットの4つ。

ローズマリー
シソ科 マンネンロウ属
地中海沿岸原産
a0204703_1024426.jpg

a0204703_10243914.jpg

a0204703_1024397.jpg

別名が、マンネンロウ。
香りがいいですね。
花は小さいながら、綺麗な形。

クロウエア・エクサラタ
ミカン科 クロウエア属
オーストラリア原産
a0204703_10244046.jpg

a0204703_10251454.jpg

a0204703_10251512.jpg

a0204703_10251518.jpg

a0204703_10251657.jpg

a0204703_10251613.jpg

ミカン科は5弁花ですが、4・5枚目の花は何故か6弁。
突然変異かな。

オレガノケントビューティー
シソ科 オリガヌム属
園芸品種
a0204703_10254572.jpg

a0204703_10254680.jpg

a0204703_10254617.jpg

別名が、オリガヌム・ケントビューティー。
苞が色づいてきれいな花。
苞の間から花が咲きます。

マーガレット
キク科 キク属
カナリー諸島原産
a0204703_10255913.jpg

a0204703_1026096.jpg

a0204703_1026090.jpg

別名が、パリ・デージー、マールガリート、モクシュンギク、キダチカミツレ。
一重が多いですが、大輪系や八重咲きなども。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-29 07:00 | ご近所

五ヶ別府町三重野の花々2/2

今回は、蠟梅、日本水仙、万両、マユミ、猫柳の5つ。

蠟梅
ロウバイ科 ロウバイ属
中国中部原産
a0204703_9435660.jpg

a0204703_9435787.jpg

a0204703_9435793.jpg

a0204703_9435894.jpg

a0204703_9443044.jpg

蠟梅が3回続きましたね。
ブログも甘い香りで、いっぱいになったようです。

日本水仙
ヒガンバナ科 スイセン属(ナルシサス属)
地中海沿岸原産
a0204703_9444980.jpg

a0204703_9445082.jpg

a0204703_94450100.jpg

a0204703_944512.jpg

a0204703_9445182.jpg

下の2枚は、八重咲き。
どちらも甘い香り。

万両
ヤブコウジ科 ヤブコウジ属
日本(関東より南)、朝鮮半島、中国、台湾、インド原産
a0204703_945972.jpg

a0204703_945105.jpg

a0204703_9451067.jpg

ここの実は、赤が鮮やか。
開放されてる民家の庭、20本程植えてあります。

マユミ
ニシキギ科 ニシキギ属
東アジアに広く分布
a0204703_9453339.jpg

a0204703_9453357.jpg

a0204703_9453440.jpg

a0204703_1044688.jpg

別名が、ヤマニシキギ(山錦木)。
紅葉が綺麗で、実は落葉後も残ります。

猫柳
ヤナギ科 ヤナギ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_10125058.jpg
a0204703_10125716.jpg

別名が、川柳(かわやなぎ)、エノコロヤナギ。
名前の由来は、銀色の柔らかい毛の花穂が、猫の尻尾に似ていることから。

蠟梅やマユミの生えている土手と田圃の間に用水路がありました。
土手のところに、こんな看板が。
a0204703_10203432.jpg

用水路の脇に、直径2.5m程の池がこしらえてありました。
里山の自然、残ってくれるといいですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-28 07:00 | 西別府町~五ヶ別府町

五ヶ別府町三重野の花々1/2

今回も、続いて蠟梅だけ。

早速、テレビで紹介された五ヶ別府町の蠟梅を見に出かけてみました。
大きな蠟梅の木が、数本あります。
a0204703_1044028.jpg

a0204703_1044118.jpg

a0204703_10445381.jpg

a0204703_10445446.jpg

a0204703_10445482.jpg

a0204703_1045659.jpg

a0204703_1045742.jpg

a0204703_1045754.jpg

a0204703_10452588.jpg

a0204703_10452587.jpg

a0204703_10452689.jpg

a0204703_10452695.jpg

a0204703_10453946.jpg

a0204703_10454029.jpg

a0204703_10454035.jpg

a0204703_10454143.jpg

a0204703_1053776.jpg
a0204703_10531524.jpg
a0204703_10532167.jpg
a0204703_10532876.jpg

枚数が多いので、次回に続きます。
蠟梅、香りがいいですね。
曇り空が小雨に変わり、小雪が混じってきました。
写真を撮ってる間に、3台の車がやってきました。
「テレビで見ました」「新聞で拝見しました」
マスコミの力、流石ですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-27 07:00 | 西別府町~五ヶ別府町

真砂本町の蠟梅

今回は、蠟梅だけ。

蠟梅
ロウバイ科 ロウバイ属
中国中部原産
a0204703_9332527.jpg

a0204703_933258.jpg

a0204703_933264.jpg

a0204703_9332615.jpg

a0204703_9332711.jpg

a0204703_933274.jpg

a0204703_9332893.jpg

昨日朝、娘を送って鴨池新町へ。
ついでに現役時によく歩いた真砂本町に寄り道。
今年も蠟梅が咲いていました。
ちょっと花数が少ないですね。
枝が低くなっているので、ちょっと剪定が深かったのかな。
相変わらず、香りがいいですね。

先日テレビで、五ヶ別府町の蠟梅の映像が流れていました。
緑館の前の川を、少し溯った辺りのようです。
今度出かけて見ましょうか。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-26 07:00 | 真砂本町

ご近所の花々10/10

今回は、姫蔓蕎麦、コバノランタナ、大黄花カタバミ、スイートアリッサム、日本水仙、ホトトギスの6つ。

姫蔓蕎麦
タデ科 イヌダテ属
ヒマラヤ、インド北部原産
a0204703_10474619.jpg

a0204703_10474669.jpg

別名が、ポリゴナム。
ケンチブロック塀の途中に根付いています。
夏場の葉っぱは緑ですが、冬は紅葉。

コバノランタナ(小葉のランタナ)
クマツヅラ科 ランタナ属
南アメリカ原産
a0204703_1048054.jpg

a0204703_1048156.jpg

a0204703_1048155.jpg

別名が、モンテビデンシス。
ランタナより葉っぱが小さく、花色は変わりません。
このランタナも、夏場の葉っぱは緑で冬は紅葉。

大黄花カタバミ
カタバミ科 カタバミ属
南アフリカ原産
a0204703_10481819.jpg

a0204703_10481920.jpg

別名が、オキザリス・セルヌア。
三つ葉に黒い斑点がある。
鮮やかな黄の花。

スイートアリッサム
アブラナ科 ロブラリア属(ニワナズナ属)
地中海沿岸原産
a0204703_10481939.jpg

a0204703_10482034.jpg

a0204703_10482040.jpg

別名が、アリッサム、ロブラリア、ニワナズナ、ニオイナズナ。
花色は、白、赤、ピンク、紫など。
香りがあります。

日本水仙
ヒガンバナ科 スイセン属(ナルシサス属)
地中海沿岸原産
a0204703_10483489.jpg

a0204703_10483591.jpg

a0204703_10483590.jpg

別名が、日本寒水仙、寒咲き日本スイセン。
香りがいいですね。

ホトトギス
ユリ科 ホトトギス属
日本、東アジア原産
a0204703_1128961.jpg
a0204703_1128167.jpg
a0204703_11282467.jpg

別名が、油点草。
花期はとっくに過ぎていますが、自宅の庭で見つけました。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-25 07:00 | ご近所

ご近所の花々9/10

今回は、雛菊、キルタンサス、南天、雪柳、オオタニワタリの5つ。

雛菊
キク科 ヒナギク属
西ヨーロッパ原産
a0204703_1101595.jpg

a0204703_1101849.jpg

a0204703_1101557.jpg

別名が、デイジー、デージー、延命菊、長命菊。
イタリアの国花。

キルタンサス
ヒガンバナ科 キルタンサス属
南アフリカ原産
a0204703_1101919.jpg

a0204703_1101683.jpg

別名が、ファイアーリリー。
キルタンサスは、ギリシャ語で曲がった花の意。
花色は、オレンジ、白、黄、ピンク、朱。

南天
メギ科 ナンテン属
日本、中国中部原産
a0204703_1105079.jpg

a0204703_1104853.jpg

a0204703_1105162.jpg

a0204703_1104948.jpg

a0204703_1105295.jpg

a0204703_1105055.jpg

南天の葉っぱの形や枝ぶり、いいですね。
下の3つは、白実南天。
葉っぱや茎の色が違っています。

雪柳
バラ科 シモツケ属
日本~中国原産
a0204703_1113022.jpg

a0204703_1112864.jpg

a0204703_1113110.jpg

a0204703_1112965.jpg

a0204703_1113224.jpg

別名が、小米花、小米柳、小米桜。
まだまだ咲きはじめ。

オオタニワタリ
チャセンシダ科 アスプレニウム(チャセンシダ)属
本州太平洋岸、四国、九州、沖縄、南西諸島、台湾に分布
a0204703_11345367.jpg

別名が、タニワタリ(谷渡)、ミツナガシワ(御綱柏)、アスプレニウム。
葉っぱのきれいな、観葉植物。
鉢の代わりに、懐かしい釜。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-24 07:00 | ご近所

ご近所の花々8/10

今回は、マサキ、カエンキセワタ、千両の3つ。

マサキ
ニシキギ科 ニシキギ属
日本、朝鮮半島、中国分布
a0204703_9271591.jpg

a0204703_9271597.jpg

a0204703_9271540.jpg

a0204703_9271660.jpg

a0204703_9274154.jpg

樹高が5・6mになります。
学校や近くの空き地の大木、手頃の遊び場。
熟すと裂けて赤橙色の種子がのぞきます。
下の2枚は、斑入りのマサキ。

カエンキセワタ(火焔被綿)
シソ科 カエンキセワタ属
南アフリカ原産
a0204703_9275735.jpg

a0204703_9275754.jpg

a0204703_9275849.jpg

a0204703_9275855.jpg

a0204703_9275956.jpg

別名が、レオノティス・レオヌルス。
橙色の花で、2m ほどの低木。
稀に白花も。

千両
センリョウ科 センリョウ属
日本(関東より西)、朝鮮半島、台湾、中国、インド、マレーシア原産
a0204703_928272.jpg

a0204703_9282795.jpg

a0204703_9282897.jpg

a0204703_9282815.jpg

a0204703_9282998.jpg

a0204703_9285320.jpg
a0204703_1073972.jpg
a0204703_1075123.jpg

赤い実がなる千両と、黄色い実がなる黄実千両の2種類があります。
万両に比べると数字が1桁小さくなりますが、同じく正月の縁起物。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-23 07:00 | ご近所

ご近所の花々7/10

今回は、ランタナ、頷き姫芙蓉、ツワブキの3つ。

ランタナ
クマツヅラ科 ランタナ属
中南米原産
a0204703_13102065.jpg

a0204703_13102242.jpg

a0204703_13102394.jpg

a0204703_13102318.jpg

a0204703_13102445.jpg

a0204703_13104823.jpg

a0204703_13104918.jpg

a0204703_13114261.jpg

a0204703_13114836.jpg

別名が、七変化、紅黄花、コモン・ランタナ。
花がほとんど無くなって、緑と黒の実。
赤い新芽も、伸びてきました。

頷き姫芙蓉
アオイ科 ヒメフヨウ属
メキシコ、 コロンビア原産
a0204703_1312532.jpg

a0204703_1312525.jpg

a0204703_1312614.jpg

a0204703_13122226.jpg

別名が、スリーピング・ハイビスカス、シガレット・ハイビスカス。
蕾は上向き、花は下向き。
花は、これ以上開きません。

ツワブキ(石蕗)
キク科 ツワブキ属
日本、中国、台湾原産
a0204703_13124036.jpg

a0204703_13124118.jpg

a0204703_13124137.jpg

別名が、ツワ、ツヤブキ、イシブキ。
黄色の花が終わって、代わりに綿毛が。
なかなかきれいですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-01-22 07:00 | ご近所