<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

鹿児島市都市農業センターのコスモス2/2

今回は、昨日の続きのコスモスと錦木。
錦木が、色づいてきました。

コスモス
キク科 コスモス属
メキシコ原産
a0204703_1135771.jpg

a0204703_1135815.jpg

a0204703_113582.jpg

a0204703_113593.jpg

a0204703_1141078.jpg

a0204703_1141180.jpg

a0204703_1141179.jpg

a0204703_1141294.jpg

a0204703_1142173.jpg

a0204703_1142172.jpg

a0204703_114227.jpg

a0204703_1142274.jpg

a0204703_1144088.jpg

a0204703_1144190.jpg

a0204703_1144190.jpg

a0204703_1144291.jpg

筒状や八重の花びら。
シベに特徴のある花、いろんな種類がありますね。

錦木
ニシキギ科 ニシキギ属
日本、中国原産
a0204703_111931.jpg
a0204703_11191051.jpg

別名が、ヤハズニシキギ(矢筈錦木)、カミソリの木、シラミコロシ。
カミソリの木は、枝の独特の形状から。
シラミコロシは、昔、実をシラミの駆除に利用していたことからとか。
もっと赤くなるはずですが、‥‥
葉っぱの縁が茶色に枯れてきたものもあります。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-31 06:14 | 都市農業センター

鹿児島市都市農業センターのコスモス1/2

今回は、都市農業センターのコスモス第2弾。
写真講座でA4サイズの画像提出のため、取り直しでした。
a0204703_7373576.jpg

a0204703_7373565.jpg

a0204703_7373699.jpg

a0204703_7373636.jpg

a0204703_7374911.jpg

a0204703_7374910.jpg

a0204703_7375088.jpg

a0204703_7375087.jpg

a0204703_738259.jpg

a0204703_738363.jpg

a0204703_738324.jpg

a0204703_738471.jpg

a0204703_7382449.jpg

a0204703_7382436.jpg

a0204703_7383915.jpg

a0204703_7384060.jpg

a0204703_740969.jpg

画像で確認するだけなので、画像サイズは3M程に設定しています。
旅行写真等は、L・2Lサイズでプリントします。
メモリー2GBで500枚以上撮れるので、重宝しています。
今回A4サイズでプリントするため、12Mに設定して撮ってみました。
さすがに画像処理が重くなります。
明日アップの画像を含めて、2・3枚伸ばしてみました。
伸ばすと迫力ありますね。

黄色のコスモスは、イエローキャンパス。
ピンクのコスモスは、オレンジキャンパスです。
イエローキャンパス、去年から出始めているようです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-30 06:17 | 都市農業センター

ご近所の花々2/2

今回は、ハイビスカス・ローゼル、ルリマツリ、ペンタス、西洋朝顔、プレクトランサス’モナ・ラベンダー’の5つ。

ハイビスカス・ローゼル
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
アフリカ北西部原産
a0204703_12133079.jpg

a0204703_12133028.jpg

a0204703_12133142.jpg

赤い実の外側の部分が、ハイビスカス・ティーの原料。
花はあまり特徴が無くて一日花。
最近、切花としての使用が増えてきたようです。

ルリマツリ(瑠璃茉莉)
イソマツ科 プルンバゴ属(ルリマツリ属)
南アフリカ原産
a0204703_12133129.jpg

a0204703_12134358.jpg

a0204703_12134337.jpg

a0204703_1213448.jpg

別名が、プルンバーゴ。
花色は水色から青、白、赤があるようです。
赤のプルンバーゴ、ちょっと見てみたい。
春から初冬まで咲き続けます。

ペンタス
アカネ科 ペンタス属
熱帯アフリカ~アラビア半島原産
a0204703_1213447.jpg

a0204703_12135476.jpg

a0204703_12135590.jpg

a0204703_12135578.jpg

別名が、クササンタンカ(草山丹花)。
花色は、ピンク、赤、紅、白、青紫、ラベンダーなど。
ペンタは数字の5、5弁花。

西洋朝顔
ヒルガオ科 サツマイモ属(イポメア属)
熱帯原産の園芸種
a0204703_12135672.jpg

a0204703_12142070.jpg

a0204703_12142081.jpg

ブルーに斑入りの花、フライングソーサー(空飛ぶ円盤)のようです。
日本種の朝顔より花持ちが良く、真夏が昼頃まで、秋になると夕方まで咲いています。
なかなかきれいな色合です。

プレクトランサス’モナ・ラベンダー’
シソ科 プレクトランサス属
南アフリカ原産
a0204703_12142145.jpg

a0204703_12142144.jpg

a0204703_13232773.jpg

濃い紫の細い茎に紫の筒状花。
花びらの濃い紫の模様が素敵な花です。
花は周年ですが、夏と冬は少なめ。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-29 06:12 | ご近所

ご近所の花々1/2

今回は、木立朝鮮朝顔、アカバナワタ、極楽鳥花、コバノセンナ、小紫式部、ユーフォルビア、キバナコスモス、ホトトギスの8つ。

木立朝鮮朝顔
ナス科 チョウセンアサガオ属
中南米、インド原産
a0204703_914050.jpg

a0204703_914369.jpg

赤花、優しい色です。
樹高3m位。

アカバナワタ
アオイ科 アベルモスクス(トロロアオイ)属
熱帯アジア原産
a0204703_914062.jpg

a0204703_914464.jpg

a0204703_915956.jpg

別名が、アベルモスクス。
花径10cm程度。
小型のアオイです。

極楽鳥花
バショウ科 ゴクラクチョウカ属
南アフリカ原産
a0204703_9229.jpg

別名が、ストレリチア・レギーネ。
風変わりな花の形。
花持ちが2週間ぐらいと長いので、生花によく利用されます。

コバノセンナ(小葉の旃那)
マメ(ジャケツイバラ)科 カッシア(カワラケツメイ)属
アメリカ南部~ブラジル、アルゼンチン原産
a0204703_92028.jpg

a0204703_92311.jpg

カッシア・コルテオイデス・コラドン。
花の形は、ハナセンナと良く似ています。
コバノセンナの葉っぱは丸みを帯びていますが、ハナセンナは先が尖っています。

小紫式部
クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_921191.jpg

a0204703_921480.jpg

a0204703_921287.jpg

別名が、小紫、小式部。
鮮やかな紫の実、なかなかきれいです。

ユーフォルビア・レウコケファラ
トウダイグサ科 トウダイグサ属
中米原産
a0204703_921595.jpg

a0204703_923053.jpg

別名が、白雪姫、スノーホワイト。
か細い小さな白い花がたくさん咲きます。
あまり目立たない花で、添え花として利用されるようです。

キバナコスモス
キク科 コスモス属
メキシコ原産
a0204703_923378.jpg

a0204703_923028.jpg

花色が、橙、黄。
名前のとおりの黄色のコスモス、暑さに強くコスモスよりも花丈は低め。
葉っぱは、コスモスより太くてギザギザ。

ホトトギス
ユリ科 ホトトギス属
東アジア~インド原産
a0204703_923430.jpg

a0204703_10153646.jpg
a0204703_10154797.jpg
a0204703_1015552.jpg
a0204703_1016177.jpg

別名が、油点草。
ホトトギス、油点、どちらも赤紫の斑点からのようです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-28 06:16 | ご近所

鹿児島市都市農業センターのコスモス2/2

今回は、昨日の続きのコスモスです。
a0204703_120369.jpg

a0204703_120616.jpg

a0204703_1201071.jpg

a0204703_1201312.jpg

a0204703_1201659.jpg

a0204703_1201962.jpg

a0204703_1202652.jpg

a0204703_1203057.jpg

a0204703_1203645.jpg

a0204703_1204467.jpg

a0204703_1204638.jpg

a0204703_1205024.jpg

a0204703_1205327.jpg

a0204703_1205612.jpg

花弁が筒状のコスモス。
赤がパイドパーレッド、ビンクがシーシェル、白がパイドパーホワイト。
八重咲きのコスモスも、いいですね。

駐車場に向かう途中で見上げた銀杏、少し色づいてきました。
a0204703_121017.jpg

a0204703_121480.jpg

a0204703_12103852.jpg

天気は回復しましたが、急に秋風が吹き始めました。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-27 06:18 | 都市農業センター

鹿児島市都市農業センターのコスモス1/2

鹿児島市都市農業センターのコスモス、2回に渡って掲載。
四季の花園のやりくりで、今年も周囲のコスモスより後れ気味。
a0204703_948266.jpg

a0204703_948284.jpg

a0204703_948386.jpg

a0204703_10135943.jpg

a0204703_1014551.jpg

a0204703_10141057.jpg

a0204703_10141461.jpg

a0204703_10141847.jpg

a0204703_10142462.jpg

a0204703_10142777.jpg

a0204703_10143252.jpg

a0204703_10143658.jpg

a0204703_10144099.jpg

a0204703_10144448.jpg

今年は、ちょっと変わったピンクの花と黄色の花がありました。
淡い黄色の花が人気のようです。
倒伏している部分が多いようで、ちょっと残念です。
三脚を持ち込んで4・5分程の動画を2本撮ってみました。
コスモス畑の中を駆ける子どもたちの姿、なかなか面白いですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-26 06:26 | 都市農業センター

上町3/3

今回は、多賀山。
多賀神社、桜公園、東郷元帥墓地と銅像、東福寺城跡などがあります。

多賀神社と多賀山からの眺め
a0204703_1333192.jpg

a0204703_1333123.jpg

a0204703_1333299.jpg

a0204703_1333243.jpg

a0204703_133435.jpg

a0204703_1334489.jpg

鹿児島市清水町にある公園で、錦江湾や桜島、鹿児島市内を一望できる場所。
桜の開花時期は、多くの花見客で賑わいます。
南側の麓には、石橋公園や薩英戦争の砲台跡など祇園洲公園があります。

東郷元帥墓地と銅像
a0204703_1334488.jpg

a0204703_1334590.jpg

a0204703_1335583.jpg

a0204703_133551.jpg

a0204703_1335684.jpg

a0204703_1335696.jpg

a0204703_134626.jpg

東郷平八郎の銅像は、市街地と錦江湾を見下ろすように建っています。
弘化4年(1847年)12月22日に鹿児島の薩摩藩士の四男として生まれました。
下加治屋町郷中の出身。
15歳の時薩英戦争に出陣し、イギリス軍艦との力の差をまざまざと見せられ海軍を志す。
維新後海軍の留学生としてイギリスに学び、帆船ハンプシャー号で世界一周を体験。
明治時代の日本海軍司令官として日清・日露戦争の勝利に大きく貢献。
日露戦争で連合艦隊を率い、日本海海戦で当時屈指の戦力を誇ったロシアバルチック艦隊を大胆な敵前回頭戦法(丁字戦法)により一方的に破って世界の注目を集めた。

東福寺城跡
a0204703_134728.jpg

a0204703_134727.jpg

a0204703_134823.jpg

a0204703_138583.jpg

a0204703_1381493.jpg

東福寺城は東郷墓地から鳥越トンネルあたりまであったようです。
南北に伸びた山で、東・西・南は絶壁と急斜面で天然の山城。
天喜元年(1053)藤原純友から4代目になる長谷場永純が築城。
日向、大隅、薩摩で初めての城だったといわれています。
南北朝時代(1336-1392)この城をめぐって激しい戦いが行なわれ、北朝方の薩摩の地頭島津家5代貞久が興国4年(1343)東福寺城にこもる長谷場・矢上氏一族らを攻め落としたそうです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-25 06:26 | 上町地区

上町2/3

今回は、福昌寺の2回目。

福昌寺は、キリスト教との関連のある寺でもあります。
鹿児島は、1549年に日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの渡来地。
鹿児島滞在中は、島津貴久の命によってこの福昌寺が宿所として使われていたそうです。
当時の住持であった15世忍室和尚とかなり親しくしており、宗教論争を交わしていたそうです。
ザビエルは書簡で忍室のことを激賞していたとか。
また、歴代藩主の墓所の左奥に、キリシタン墓があります。
1870年の浦上四番崩れ(隠れキリシタンへの4度目の弾圧)の際、浦上(長崎市)のキリシタン収容所がこの福昌寺の跡地に建てられていました。
375人が収容されていたが、この地での待遇はかなり良かったらしい。
浦上に帰れるまでの間に病死した58人の墓が、キリシタン墓として残っています。
円柱のような墓石は、僧侶の墓。
a0204703_12593551.jpg
a0204703_12593734.jpg
a0204703_12593937.jpg
a0204703_12594336.jpg
a0204703_12594677.jpg
a0204703_12594891.jpg
a0204703_12595183.jpg
a0204703_12595366.jpg
a0204703_12595581.jpg
a0204703_12595885.jpg
a0204703_130068.jpg
a0204703_130270.jpg
a0204703_130580.jpg
a0204703_130763.jpg


次回は、多賀山。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-24 06:36 | 上町地区

上町1/3

今回は、鹿児島市池ノ上町にある福昌寺。

福昌寺(ふくしょうじ)は、鹿児島市街地北部の上町地区にあります。
玉龍山福昌寺は、室町時代のはじめの頃島津家第七代元久が菩提寺として建てた寺で、曹洞宗の一大寺院。
江戸時代に書かれた『三国名勝図会』によると、大伽藍を備えた南九州屈指の大きな寺で、最盛期には1500人の僧侶がいたそうです。
明治2年の廃仏毀釈により破壊され、廃寺となりました。
また、寺の裏手は広大な墓地で、薩摩藩主島津氏歴代の当主が奉られています。
戦国期の義久、義弘、歳久、家久や、幕末期の斉彬、久光など、歴代当主の墓地群のみが残っています。
a0204703_841975.jpg

a0204703_841949.jpg

a0204703_842046.jpg

a0204703_842045.jpg

a0204703_843147.jpg

a0204703_843121.jpg

a0204703_84325.jpg

a0204703_843217.jpg

a0204703_844290.jpg

a0204703_844319.jpg

a0204703_844392.jpg

a0204703_84442.jpg

a0204703_845540.jpg

a0204703_845514.jpg

a0204703_845699.jpg

a0204703_845636.jpg

現在、寺の跡地には、鹿児島市立鹿児島玉龍中学校・高等学校が建っています。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-23 06:11 | 上町地区

武町の花々3/3

今回は、ホトトギス、オキシペタラム・カエルレウム、クレマチス、イソトマ、斑入り藪蘭の5つ。

ホトトギス
ユリ科 ホトトギス属
東アジア~インド原産
a0204703_747810.jpg

a0204703_747934.jpg

a0204703_747933.jpg

別名が、油点草。
ホトトギス、油点、どちらも赤紫の斑点からのようです。

オキシペタラム・カエルレウム
ガガイモ科 オクシペタルム属
南アメリカ原産
a0204703_7471036.jpg

a0204703_7472079.jpg

a0204703_7472182.jpg

a0204703_7472181.jpg

別名が、ブルースター、オキシペタルム。
和名が、瑠璃唐綿。
実はサヤ状で、中から綿毛が出てきます。

クレマチス
キンポウゲ科 クレマチス属
ヨーロッパ、アジア、アメリカ原産
a0204703_7472285.jpg

a0204703_7473846.jpg

a0204703_7473949.jpg

a0204703_7473948.jpg

同じ八重咲きのクレマチス、キクのような花もありますね。
中輪で花数が多い品種、名前はわかりません。

イソトマ
キキョウ科 イソトマ属
オーストラリア、西インド諸島原産
a0204703_7474033.jpg

a0204703_7475672.jpg

a0204703_7475682.jpg

別名が、ローレンティア、ヒッポブロマ、アクシラリス。
花色は、青紫、ピンク、白。

斑入り藪蘭
ユリ科 ヤブラン属
東アジア原産
a0204703_7475774.jpg

a0204703_7475773.jpg

別名が、リリオペ(学名)、ノシメラン。
斑入り藪蘭は、園芸種。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-22 06:27 | 武町~田上町