<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ご近所の花々4/5

今回は、珊瑚花、紅葉葵、鹿の子百合、オシロイバナ、カンナ、槿の6つ。

珊瑚花
キツネノマゴ科 キツネノマゴ属(ジャスティシア属)
ブラジル原産
a0204703_722010.jpg

a0204703_722021.jpg

a0204703_7221100.jpg

別名が、ジャスティシア・カルネア、フラミンゴプランツ(ピンク)、プルームプランツ。
白花は、ホワイトフォームと呼ばれています。

紅葉葵
アオイ科 フヨウ属
北米東部原産
a0204703_722119.jpg

a0204703_7221294.jpg

a0204703_7221293.jpg

別名が、紅蜀葵(コウショッキ)。
濃い紅色の大きな一重の花。
一日花、夕方にしぼんでしまいます。

鹿の子百合
ユリ科 ユリ属
日本原産
a0204703_7223061.jpg

a0204703_7223060.jpg

別名が、土用百合、七夕百合。
紅色の斑点が美しい百合。
東シナ海に浮かぶ甑島には、自生地があります。

オシロイバナ
オシロイバナ科 オシロイバナ属
南米原産
a0204703_7223163.jpg

a0204703_7223162.jpg

別名が、夕化粧。
花びらに見えるのは萼とか。
花(萼)色はピンク、黄、赤、白、橙など。
夕方花が開き、朝には花を萎ませます。
朝陽が当たらない場所では、朝方花が疎らに残っています。

カンナ
カンナ科 カンナ属
熱帯・亜熱帯アメリカ原産
a0204703_7224570.jpg

a0204703_7224673.jpg

別名が、花カンナ、ダンドク、カンナ・リリー。
色鮮やかで、独特の花。
花色は、赤、白、ピンク、黄、薄黄、橙、黄と赤の斑模様など。
何回撮っても、難しい花。
なかなかうまく撮れません。

槿
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
インド、中国原産
a0204703_7224672.jpg

a0204703_723460.jpg

a0204703_723421.jpg

別名が、ハチス、木ハチス、ムグンファ(無窮花) 。
韓国の国花。
一重咲き・半八重咲き・八重咲き、いろいろありますね。
ピンクや白もありますが、この花は中心にもうひとつ真っ赤な花。
お隣り、お向かいの花です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-31 06:59 | ご近所

ご近所の花々3/5

今回は、オミナエシ、ペンタス、プレクトランサス・モナラベンダー、柳葉ルイラ草の4つ。

昨日から今朝にかけて、新潟・福島の豪雨大変ですね。
新潟は大きな川の決壊・土砂崩れ等、避難勧告で眠れぬ夜を過ごされた方々が多かったのでは。
高温と豪雨、異常気象続きですね。

オミナエシ
オミナエシ科 オミナエシ属
東アジア原産
a0204703_915548.jpg

a0204703_915561.jpg

a0204703_915646.jpg

a0204703_915645.jpg

a0204703_922635.jpg

a0204703_922634.jpg

a0204703_922750.jpg

a0204703_922724.jpg

秋の七草の1つ。
ハギ、キキョウ、ナデシコ、クズ、オミナエシ、フジバカマ、オバナ(ススキ)。
無病息災を願って食べる春の七草とは違い、愛でて楽しむ七草。

ペンタス
アカネ科 ペンタス属
熱帯アフリカ原産
a0204703_92473.jpg

a0204703_92472.jpg

a0204703_924887.jpg

別名が、草山丹花。
花色が、赤、白、ピンクなど。
5弁が多いですが、4~6弁いろいろありますね。

プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科 プレクトランサス属
南アフリカ原産
a0204703_9321.jpg

a0204703_932100.jpg

a0204703_9333.jpg

紫の筒状花、花びらの模様がすてきな花。
ほぼ周年咲き、茎と葉っぱの裏側もむらさき色。
花期は、夏から初冬まで。

柳葉ルイラ草
キツネノマゴ科 ルイラソウ属
メキシコ原産の帰化植物
a0204703_932982.jpg

一日花、天気の良い日は昼過ぎには落花。
丈夫な植物で、アスファルトやブロックの隙間、側溝の蓋から芽吹いて花を次々と咲かせます。
ヒゲ根や茎も頑丈で、切られてもすぐに芽吹いてきます。

今日はこれから臨時の陶芸活動日、釉薬かけ。
窯元で急ぎの注文が入ったので、いっしょに窯詰めしていただくことになりました。
今月2回目の釉薬かけ、作陶期間が短かったので作品は6点。
フリーカップ2点、ご飯茶碗2点、一輪挿し2点。
フリーカップは、9月のはじめ姪の結婚式があるのでプレゼント用。
ご飯茶碗は、つれあいと娘用。
一輪挿しは、形で遊んで見ました。
8月はじめに焼き上がるのが楽しみです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-30 06:41 | ご近所

ご近所の花々2/5

今回は、鳳仙花、アルストロメリア、斑入りカンナ、スパイダーリリー、アメリカ芙蓉、クフェア・タイニーマイスの6つ。

鳳仙花
ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
インド、中国南部原産
a0204703_13243587.jpg

a0204703_13243645.jpg

別名が爪紅、花で爪を染めて遊ぶことから。
以前は花壇のそこいらじゅうに茂っていましたが、あまり見かけなくなりました。
花色は白、桃、紅、紫紅、赤、一重咲き、八重咲き、椿咲き(カメリア咲き)など。

アルストロメリア
ヒガンバナ科 ユリズイセン属
ブラジル、チリ、ペルー原産
a0204703_13243644.jpg

a0204703_13243746.jpg

別名が、百合水仙、インカの百合。
豊富な色どりの花。
切花で売られているので、おなじみの花。

斑入りカンナ
カンナ科 カンナ属
熱帯アメリカ原産(園芸種)
a0204703_13245348.jpg

a0204703_13245347.jpg

別名が、ビューイエロー、ベンガルタイガー。
葉っぱだけでも鑑賞できます。
花色は、朱橙。

スパイダーリリー
ヒガンバナ科 ヒメノカリス属
西インド諸島原産
a0204703_13245449.jpg

a0204703_13245416.jpg

見た目どおり、浜木綿、インド浜木綿の仲間。
花色は白、形のユニークな花です。

アメリカ芙蓉
アオイ科 ハイビスカス属
北アメリカ原産
a0204703_1325834.jpg

a0204703_1325935.jpg

別名が、草芙蓉。
花径が20cm~30cm、特大の花。
初めてであった時は、ギョッとしました。

クフェア・タイニーマイス
ミソハギ科 クフェア属
熱帯アメリカ原産(園芸種)
a0204703_13254374.jpg

a0204703_13254463.jpg

a0204703_13261037.jpg

a0204703_13261140.jpg

タイニーマイスはちいさなネズミの意味で、ユニークな形。
真っ赤な耳と濃いむらさきの顔が特徴。
丈夫な花で、ほぼ一年中咲き続けます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-29 08:07 | ご近所

ご近所の花々1/5

今回は、紅葉葵、ランタナ、大毛蓼、イソトマの4つ。

2日続きの雨が、今朝は晴れましたね。
爽やかで、気持ちのいい朝です。
また、暑い日が戻ってくるようです。

紅葉葵
アオイ科 フヨウ属
北米東部原産
a0204703_8094.jpg
a0204703_80915.jpg

a0204703_801067.jpg

a0204703_801066.jpg

別名が、紅蜀葵(コウショッキ)。
濃い紅色の大きな一重の花。
お隣の紅葉葵、ちょっと遅れていましたが、帰農は5本咲きました。

ランタナ
クマツヅラ科 ランタナ属
熱帯アメリカ・アフリカ原産
a0204703_802745.jpg

a0204703_802816.jpg

a0204703_802829.jpg

a0204703_802932.jpg

a0204703_804442.jpg

和名が、七変化。
小さな花が固って咲き美しく、暑さにも強い。
花色は赤、橙、黄、白など鮮やかな色、色も変化するのでおもしろい花。
濃い藍色の実も、ついてきました。

大毛蓼
タデ科 イヌタデ属
インド、中国原産
a0204703_804441.jpg

a0204703_804545.jpg

a0204703_804543.jpg

別名が、大紅蓼。
名前のとおり、蓼の仲間で一番大きな蓼。
冬の初め頃まで咲き続けます。

イソトマ
キキョウ科 イソトマ属
オーストラリア原産
a0204703_80597.jpg

a0204703_805920.jpg

a0204703_8105.jpg

星型の小さい花をたくさん咲かせます。
花色は、青紫、白、ピンク。
イソトマブルー、なかなか涼しげです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-28 07:23 | ご近所

武町の花々2/2

今回は、アルストロメリア、フレンチマリーゴールド、マンデビラ、大毛蓼、キャットテールの5つ。

昨日から雨続き、お陰さまで涼しい朝です。
気温予測も28~29度。
胡瓜は終わってしまいましたが、トマト・ミニトマト・茄子が元気。
ニガウリの実が今2個実をつけていますが、もう少しがんばって欲しいもの。
今年からブルーベリーがたくさん実をつけるようになりました。
狭い菜園も、たのしみです。

アルストロメリア
ヒガンバナ科 ユリズイセン属
ブラジル、チリ、ペルー原産
a0204703_12431145.jpg

a0204703_12431182.jpg

別名が、百合水仙、インカの百合。
豊富な色どりの花。
切花で売られているので、おなじみの花。

フレンチマリーゴールド
キク科 マンジュギク属(タゲテス属、コウオウソウ属)
メキシコ~ニカラグア原産
a0204703_1244263.jpg

a0204703_1244364.jpg

a0204703_12441982.jpg

別名が、マンジュギク(万寿菊)、クジャクソウ(孔雀草)、コウオウソウ(紅黄草)。
臭いが強いので、ちょっと苦手な花。
土壌線虫に効果があるようです。

マンデビラ
キョウチクトウ科 マンデビラ属
中南米原産
a0204703_12443563.jpg

a0204703_12443622.jpg

a0204703_12443665.jpg

a0204703_12444891.jpg

別名が、ディプラデニア。
花色が、赤、ピンク、白。
よく似た黄色のウレキテス・ルテアもあります。

大毛蓼
タデ科 イヌタデ属
インド、中国原産
a0204703_12444993.jpg

a0204703_12444992.jpg

別名が、大紅蓼。
名前のとおり、蓼の仲間で一番大きな蓼。

キャットテール
トウダイグサ科 アカリファ属
インド、西インド諸島原産
a0204703_1245391.jpg

a0204703_1245346.jpg

別名が、アカリファ、ベニヒモノキ。
春から冬の半ばまで、露地でほぼ一年中咲き続けます。
この時期は花が太くなるので、まさに猫の尻尾大。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-27 06:52 | 武町~田上町

武町の花々1/2

今回は、桔梗、ツルバキア・ビオラセア、百日紅、ツンベルギアの4つ。

連日33度前後の、今日この頃。
めっきり花数が、少なくなってきたようです。
散歩も、写真を撮る時間より歩く時間の方がちょっと長くなったような。
時々スコールのようなにわか雨、街の花が潤います。
亜熱帯気候に変わったのかな。
今日は朝から雨になりました。
30度前後の予報、涼しい一日になりそうです。

桔梗
キキョウ科 キキョウ属
日本、朝鮮半島、中国(東北部)原産
a0204703_8451594.jpg

a0204703_8451592.jpg

a0204703_8451677.jpg

a0204703_8451676.jpg

別名が、バルーンフラワー、オカトトキ(岡止々岐) 。
白・ピンク・八重咲きの園芸種も。
花開く前のつぼみ、そういえば熱気球に似てますね。

ツルバキア・ビオラセア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0204703_8454069.jpg

a0204703_8454173.jpg

a0204703_8454172.jpg

a0204703_8454275.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
細長い茎先に10数輪の小さな星状の花が咲きます。
茎を千切ると、ニンニクの匂い。

百日紅
ミソハギ科 サルスベリ属
中国原産
a0204703_846956.jpg

a0204703_8461060.jpg

a0204703_8461059.jpg

a0204703_8461162.jpg

約100日間、花が咲のが名前の由来。
枝先に次々に花芽・花をつけるので、咲き続けているように見えます。
秋まで楽しめる花。

ツンベルギア・フォーゲリアナ
キツネノマゴ科 ツンベルギア属
熱帯アフリカ原産
a0204703_8461161.jpg

木立ち矢筈葛に似ていますが、花は少し大きめ。
つる性で、樹高が1~2m。
中心部が濃い黄、花筒部分が白、花びらが濃いむらさき。
なかなか印象的な花です。
ツンベルギアの仲間には、ツンベルギア・エレクタ(木立ち矢筈葛)、黄~オレンジの花のツンベルギア・アラタ、薄紫と白のツンベルギア・グランディフロラ(ベンガルヤハズカズラ)、いろいろあるようです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-26 07:36 | 武町~田上町

真砂町の花々4/4

今回は、ジニア、パキスタキス・ルテア、柳花笠、露草、ムラサキルーシャン、矢の根梵天花の6つ。

ジニア
キク科 ジニア属
メキシコ原産
a0204703_1122060.jpg

a0204703_1122022.jpg

別名が、百日草、ジニア・エレガンス、コモン・ジニア。
花色は、赤・橙・黄・桃・白・紫・緑。
長期間咲き続ける丈夫なで、百日草。

パキスタキス・ルテア
キツネノマゴ科 パキスタキス属
ペルー原産
a0204703_1122124.jpg

別名が、ウコンサンゴ(鬱金珊瑚)。
同じキツネノマゴ科の小海老草とよく似た花で、この花は直立に黄色い苞を伸ばします。
赤い花を咲かせるパキスタキス・コッキネアもあります。

柳花笠
クマツヅラ科 クマツヅラ属
南米原産の帰化植物
a0204703_1124344.jpg

a0204703_1124349.jpg

a0204703_1124451.jpg

a0204703_1124444.jpg

a0204703_113228.jpg

別名が、三尺バーベナ。
細長い茎の先に、小さなピンク(紫)の5弁の集合花を咲かせます。
群生地は遠くから眺めるとその一帯が紫に染まって、いいですね。

露草
ツユクサ科 ツユクサ属
東アジア原産
a0204703_113330.jpg

a0204703_113323.jpg

a0204703_113412.jpg

別名が青花、帽子花。
和歌の世界では、月草、蛍草など、季語は秋。
夏のイメージですね。
早朝に開花して夕方にはしぼんでしまう、1日花。
蘂が短いので、改良種かも。

ムラサキルーシャン
キク科 ケントラテルム(ケントラタルム)属
中南米・西インド諸島原産
a0204703_1131911.jpg

a0204703_1131910.jpg

咲きはじめなので、ほぼ蕾状態。
花びらは外側からモジャモジャと伸びてきます。
12月頃まで咲きつづけるので、花の全容はその内に。

矢の根梵天花
アオイ科 ヤノネボンテンカ属
南アメリカ原産の帰化植物
a0204703_1132366.jpg

a0204703_1132152.jpg

別名が、高砂芙蓉。
葉っぱは、名前のとおり鏃(やじり)のような形です。
花径5~6㎝の小さな白い花ですが、中心部に赤褐色のもうひとつの花。
閉鎖花で自家受粉、種を作ります。
透き通るような花びらで、一日花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-25 07:15 | 真砂町

真砂町の花々3/4

今回は、デュランタ・タカラズカ、紫紺野牡丹、柳葉ルイラ草、唐綿、源平臭木、ルリマツリ、芙蓉の7つ。

デュランタ・タカラズカ
クマツヅラ科 デュランタ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_8164441.jpg

a0204703_8164477.jpg

a0204703_8164543.jpg

別名が、台湾連翹、タカラズカ、ハリマツリ。
デュランタ・レペンスの改良種。
白い縁取り、魅力的な花です。

紫紺野牡丹
ノボタン科 ティボウキナ属(シコンノボタン属)
ブラジル原産
a0204703_817384.jpg

英名が、ブラジリアン・スパイダーフラワー。
鮮やかな紫紺の花。
咲きはじめで、まだ花が少ないです。

柳葉ルイラ草
キツネノマゴ科 ルイラソウ属
メキシコ原産の帰化植物
a0204703_817445.jpg

a0204703_817444.jpg

a0204703_817548.jpg

一日花、天気の良い日は昼過ぎには落花。
丈夫な植物で、アスファルトやブロックの隙間、側溝の蓋から芽吹いて花を次々と咲かせます。
ヒゲ根や茎も頑丈で、切られてもすぐに芽吹いてきます。

唐綿
ガガイモ科 トウワタ属
西インド諸島原産
a0204703_8173586.jpg

別名が、アスクレピアス。
赤いスカートに黄色の帽子、小さな花。
風船唐綿の花は真っ白。
唐綿のサヤはバナナ型、風船唐綿のサヤは球型。
中から綿毛のついた種が出てきます。

源平臭木
クマツヅラ科 クレロデンドルム属
西アフリカ原産
a0204703_8173632.jpg

a0204703_8173630.jpg

a0204703_8173734.jpg

別名が、源平葛、クレロデンドロン。
まっ白の萼から真っ赤な筒状花、蕊が長いですね。
源平の白と赤旗に見立てての銘名。
雄しべの先は、咲きはじめはみどり色。
次第に薄紫に変わってきます。

ルリマツリ
イソマツ科 ルリマツリ属
南アフリカ原産
a0204703_8175672.jpg

a0204703_8175776.jpg

別名が、プルンバーゴ。
花色が、水色から青、白、赤。
赤は、まだ見たことがありません。

芙蓉
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
日本(沖縄~九州、四国に自生)、中国、台湾原産
a0204703_8175775.jpg

a0204703_8175889.jpg

1日花、夕方にはしぼむ。
花色は、赤、ピンク、白。
別名が、木芙蓉。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-24 08:55 | 真砂町

真砂町の花々2/4

今回は、メランポジューム、シラサギカヤツリ、ツルバキア・ビオラケア、ツルラン、サクラランの5つ。

メランポジューム
キク科 メランポジウム属
メキシコ原産
a0204703_6393076.jpg

a0204703_6393075.jpg

花期は、5月から冬半ばまで。
ちいさな黄色の花をたくさんつけます。
日当たりが好みで、高温多湿も大丈夫。

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳釣り)
カヤツリグサ科 ミカヅキグサ属
北米南東部原産
a0204703_639311.jpg

a0204703_6393299.jpg

別名が、シラサギスゲ(白鷺菅)、シューティーングスター、スターグラス。
細くて長い花茎の先に白い苞を広げるきれいな花。
薄い黄の花は、穂状で目立ちません。
半夏生も似たような組み合わせで、白い苞がきれいですね。

ツルバキア・ビオラケア
ユリ科 ネギ属
南アフリカ原産
a0204703_6395251.jpg

a0204703_6395354.jpg

a0204703_6395329.jpg

a0204703_6395456.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
葉っぱを千切ると、ネギ属の香り。
陰地と日向、陰地は光量不足。
少し青みがかってしまいました。
背景が白っぽいせいかな。

ツルラン(鶴蘭)
ラン科 エビネ属
南九州以南、東南アジア、豪州に分布
a0204703_6401460.jpg

a0204703_6401458.jpg

別名が、夏エビネ。
絶滅危惧II類。
特徴のある花びらで、なかなか美しい花。

サクララン
カガイモ科 サクララン属(ホヤ属)
マダカスカル原産
a0204703_6401562.jpg

a0204703_6401561.jpg

a0204703_6403956.jpg

a0204703_6403955.jpg

a0204703_6404027.jpg

別名が、ホヤ・カルノーサ。
葉っぱに斑入りのフイリサクララン、つる性です。
花色は、この桜色と白。
ある程度吊るが長く伸びないと花は咲きません。
ジルジル巻きでツルシテりますが、少しかわいそうな気がします。
真ん中の花は咲きはじめ、外側の一部だけが咲いています。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-23 07:58 | 真砂町

真砂町の花々1/4

今回は、大弁慶草、珊瑚刺桐、鬼百合、茉莉花、桔梗、千日紅の6つ。

真砂町、退職後4ヶ月ぶり。
花ポイントをピックアップ、歩いてみました。
娘がちょっと大きな荷物があったので、職場に送り届けての帰り道。
つっかけサンダルに帽子がないので30分程で切り上げるつもりが、1時間半。
日向はジリジリ焼けるような暑さでしたが、日陰は風があって爽やか。

大弁慶草
ベンケイソウ科 キリンソウ属(ムラサキベンケイソウ属)
中国、朝鮮半島原産
a0204703_90696.jpg

今咲きはじめ、ピンクの花がのぞいてきました。
大きな地下茎で、抜かれて放置されても花を咲かせる丈夫な花。
これが弁慶草の名の由来。

珊瑚刺桐
マメ科 デイゴ属
アメリカデイゴとエリスリナ・ヘルバケアとの交配種
a0204703_9067.jpg

a0204703_90711.jpg

a0204703_90710.jpg

この花が咲き出すと、夏の盛り。
別名が、珊瑚紫豆、菱葉梯梧。
真っ赤な花で、枝に鋭く長い棘があります。

鬼百合
ユリ科 ユリ属
日本原産
a0204703_903781.jpg

a0204703_903822.jpg

別名が、天蓋百合。
葉っぱの付け根にムカゴをつけますが、小鬼百合にムカゴはつきません。
鹿の子百合と同様に、花びらが極端に反ねります。

茉莉花
モクセイ科 ソケイ属(ジャスミン属)
インド、東南アジア原産
a0204703_903883.jpg

a0204703_905682.jpg

a0204703_905681.jpg

別名が、アラビア・ジャスミン、サンバク。
夜に開花、昼ごろまで。
香りがいいですね。

桔梗
キキョウ科 キキョウ属
日本、朝鮮半島、中国(東北部)原産
a0204703_905784.jpg

a0204703_905783.jpg

a0204703_911243.jpg

別名が、バルーンフラワー、オカトトキ(岡止々岐) 。
青紫・白・ピンク・八重咲きの園芸種も。
花開く前のつぼみ、そういえば熱気球に似てますね。

千日紅
ヒユ科 センニチコウ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_911345.jpg

a0204703_911333.jpg

別名が千日草、、ドライフラワーにしても1000日以上色があせないことからとか。
花色は、赤、赤紫、白、ピンク。
夏から秋まで、長い間咲き続けます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-22 06:26 | 真砂町