<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

武町の花々2/7

今回は、ガク紫陽花、クレマチス、珊瑚花、アブチロン、ノウゼンハレン、サクラランの6つ。

ガク紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本原産
a0204703_23593.jpg

a0204703_2351033.jpg

a0204703_2351020.jpg

a0204703_2351133.jpg

a0204703_2351167.jpg

a0204703_2351281.jpg

a0204703_2351268.jpg

a0204703_2351334.jpg

a0204703_2351374.jpg

今、何処を歩いても紫陽花の花ばかり。
彩りも鮮やかです。

クレマチス
キンポウゲ科 センニンソウ属
北半球に広く分布
a0204703_2351428.jpg

フロリダ系でしょうか。
6弁花の中に八重のクレマチス。

珊瑚花
キツネノマゴ科 キツネノマゴ属
ブラジル原産
a0204703_2351598.jpg

a0204703_2351529.jpg

花色は、ローズピンクからピンク。
白花もあるようです。

アブチロン
アオイ科 アブチロン属
ブラジル原産
a0204703_2351522.jpg

a0204703_2351661.jpg

傘型のアブチロン。
チロリアンランプもアブチロン。
同じ花とは、なかなか思えません。

ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)
ノウゼンハレン科 キンレンカ属
南米(ペルー、コロンビア、ブラジルの高地)原産
a0204703_2351642.jpg

a0204703_2351765.jpg

a0204703_2351714.jpg

別名が、ナスタチウム、金蓮花。
花色には、オレンジ、黄、赤、ピンクなど。
花と葉っぱはサラダなどに利用されますが、ちょっと苦手。

サクララン
カガイモ科 サクララン属(ホヤ属)
マダカスカル原産
a0204703_23393374.jpg
a0204703_2339421.jpg
a0204703_23395027.jpg

別名が、ホヤ・カルノーサ、ワックス・プラント。
こちらは白花、ピンクもあります。
3枚目は、花が開く前の状態。
肉厚の花と葉っぱ。
外側が白い斑入りの葉っぱもあります。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-10 18:00 | 武町~田上町

武町の花々1/7

今回は、未央柳、紫陽花、オキシペタラム・カエルレウム、キャットテールの4つ。

未央柳
オトギリソウ科 オトギリソウ属
中国原産
a0204703_7581763.jpg

a0204703_7581816.jpg

a0204703_7581840.jpg

a0204703_7581956.jpg

a0204703_7581930.jpg

a0204703_7582077.jpg

a0204703_7582051.jpg

別名が、美女柳、美容柳、金線海棠。
花びらは大きく、長い雄蕊が多数。
花数も多い。

紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本原産
a0204703_7582153.jpg

a0204703_7582129.jpg

a0204703_758226.jpg

a0204703_758226.jpg

a0204703_7582384.jpg

a0204703_7582383.jpg

a0204703_7582455.jpg

先月末から通りを歩くと、紫陽花がいっぱい。
後ろの2枚は、隅田の花火のようです。

オキシペタラム・カエルレウム
ガガイモ科 ツィーディア属(オクシペタルム属)
ブラジル、ウルグアイ原産
a0204703_758244.jpg

a0204703_758257.jpg

a0204703_758257.jpg

別名が、ブルースター、ルリトウワタ。
花色は、水色から青へ。
ピンクのオキシペタラムは、ツィーディア・カエルレア(ツィーディア属)。

キャットテール
トウダイグサ科 アカリファ属
インド、西インド諸島原産
a0204703_7582622.jpg

a0204703_849531.jpg
a0204703_8491945.jpg

別名が、アカリファ、ベニヒモノキ。
春から冬の半ばまで、露地でほぼ一年中咲き続けます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-09 05:34 | 武町~田上町

ご近所(自宅)の花々

今回は、下野、クレマチス、永良部百合、ホットリップス、ガク紫陽花、つるなしインゲンの6つ。

雨続きの毎日、キューリ、苦瓜(ゴーヤ)、トマト、ミニトマト、つるなしインゲン、茄子、元気です。
狭い菜園、夏野菜がひしめき合っています。
キューリ・苦瓜の蔓は、ネットと車庫の屋根を越えて行き場を探しているようです。
つるなしインゲンはすでに食卓にのぼり、キューリももう直ぐ収穫できそうです。
庭で夏野菜が実る頃には、価格も安くなって安定。
完熟野菜をいただけることだけの、楽しみ。

下野
バラ科 シモツケ属
日本原産
a0204703_8593770.jpg

a0204703_8593783.jpg

a0204703_859389.jpg

a0204703_8593896.jpg

a0204703_8593937.jpg

a0204703_8593975.jpg

小さな五弁花がたくさん集まった花。
色といい、どこかソボロと似てますね。

クレマチス
キンポウゲ科 センニンソウ属
北半球に広く分布
a0204703_8594046.jpg

a0204703_8594034.jpg

チューリップ型のプリンセス・ダイアナ。
庭の隅に支柱を立てて、地植えにしました。
元気に育ってくれるといいのですが。

永良部百合(鉄砲百合)
ユリ科 ユリ属
日本原産
a0204703_8594070.jpg

a0204703_8594135.jpg

昨年娘が職場で分けてもらった本場沖永良部の球根。
1つの花茎から7本花がつきました。
香りがいいですね。
2・3年は4・5本花がつきますが、その後は球根が細って1本しか咲かなくなります。(笑い)
2・3年花をあきらめて、球根を太らすと回復するのですがね。
蕾を落としたり、掘りあげたり、なかなか実行できません。

ホットリップス
シソ科 アキギリ属
メキシコ原産
a0204703_8594285.jpg

a0204703_8594286.jpg

a0204703_8594388.jpg

サルビア・ミクロフィラ ホットリップス。
別名が、チェリーセージ。
夏場はほぼ赤一色ですが、春と秋は白の割合が増えます。

ガク紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本、アジア原産
a0204703_859432.jpg

a0204703_8594539.jpg

a0204703_8594471.jpg

a0204703_8594533.jpg

a0204703_8594574.jpg

花色は、青、ピンクなど。
花は、中央のツブツブ。
飾り花も、疎ら。

つるなしインゲン
マメ科 インゲン属
中央アメリカ、アジア、アフリカの熱帯原産
a0204703_11285377.jpg
a0204703_1129523.jpg
a0204703_11291452.jpg
a0204703_112923100.jpg
a0204703_11293349.jpg

育てやすいので重宝します。
年3回収穫ができることから、三度豆とも。
ピンクの花もなかなかきれいです。
花を見かけたら、細長いサヤがビッシリついています。
サヤが膨らんできたら収穫時。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-08 07:35 | ご近所

緑館の花々2/2

今回は、マルバストラム・ラテリティウム、金糸梅の実、ホクシア、クレマチスの4つ。

マルバストラム・ラテリティウム
アオイ科 マルヴァストルム属
アルゼンチン、ウルグアイ原産
a0204703_82329.jpg

a0204703_823232.jpg

a0204703_823311.jpg

a0204703_823347.jpg

別名が、マルバストラム、枝垂れ芙蓉。
アオイの花や葉っぱに似てますが、茎を蔓状に伸ばして広がります。

金糸梅の実
オトギリソウ科 オトギリソウ属
中国原産
a0204703_823488.jpg

a0204703_823424.jpg

a0204703_823565.jpg

前回黄色の花が満開でしたが、すべて実に変わっていました。
別名が、草山吹。
実になっても、切り花として使われているようです。

ホクシア(フクシア)
アカバナ科 フクシア属
熱帯アメリカなど原産
a0204703_82351.jpg

a0204703_823674.jpg

a0204703_823623.jpg

a0204703_823726.jpg

別名が、釣浮草、レディー・イヤドロップス。
このままイヤリングになりそうです。

クレマチス
キンポウゲ科 センニンソウ属
北半球に広く分布
a0204703_823750.jpg

a0204703_823853.jpg

a0204703_82382.jpg

a0204703_823969.jpg

a0204703_823992.jpg

a0204703_824039.jpg

a0204703_824089.jpg

a0204703_93398.jpg
a0204703_934938.jpg
a0204703_94120.jpg

チューリップ型のプリンセス・ダイアナ。
花径が5cmほど。
つれあいがやっと決断(?)、自宅に引っ越してくることに。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-07 07:16 | 緑館

緑館の花々1/2

今回は、グミ、スイカズラ、山紫陽花の3つ。

先月末、再び緑館を訪問。
クレマチスの苗が入ったとの知らせ。
電話でうかがったところ、一重の4弁。
つれあいの想い描いていた花とは少し違うようです。
とにかく出かけてみることに。
クレマチスの前を行ったり来たり、決めかねているようでした。
結果は明日のお楽しみ。(笑い)

グミ(茱萸)
グミ科 グミ属
ユーラシアから東南アジアにかけて分布
a0204703_141251.jpg

a0204703_1412519.jpg

a0204703_141262.jpg

a0204703_1412664.jpg

a0204703_1412868.jpg

前回に比べると、大部分が色づいていました。
金柑より少し小ぶりですが、大きな実。
熟れて落果した実も多数。

スイカズラ
スイカズラ科 スイカズラ属
日本、朝鮮半島、中国などアジア原産
a0204703_141273.jpg

a0204703_1412932.jpg

a0204703_1412848.jpg

a0204703_1413039.jpg

a0204703_1412936.jpg

黄色(金色)の花もだいぶ増えてきたようです。
別名が、忍冬(にんどう)、金銀花、金銀藤、甜藤、蜜吸花、チチバナ。
花は次第に白から黄へ。

山紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本原産
a0204703_1413159.jpg

a0204703_1413064.jpg

a0204703_1413261.jpg

a0204703_1413278.jpg

a0204703_1413337.jpg

a0204703_1413380.jpg

a0204703_1413329.jpg

a0204703_14265288.jpg
a0204703_1427915.jpg

葉っぱに艶のないのが特徴。
ガクアジサイと形がよく似ています。
花は、中心のツブツブ。

店の奥に、建物が建築中。
なかなか工事が進んでいないようですが。
a0204703_14311766.jpg

6月末オープンを目途にカフェ(休憩所)ができるようです。
さて、どんな店になるのかな。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-06 07:22 | 緑館

武町の花々9/9

今回は、ストレプトカーパス・サクソルム、オキシペタラムブルースター、ボリジ、キャットテール、夏椿、クジャクサボテンの6つ。

武町の花々、もう暫く続きそうなのでここで中断。
次回は、緑館のその後を予定しています。
櫻島の噴火と降灰が続いています。
このところ23・24度の過ごしやすい気温でしたが、昨日は久しぶりの夏日になりました。
蚊も増えてきましたね。(笑い)

ストレプトカーパス・サクソルム
イワタバコ科 ストレプトカーパス属
南アフリカ原産
a0204703_1255430.jpg
a0204703_12551822.jpg

花期はほぼ周年。
花色は、紫とピンク。
有茎種と無茎種とがありますが、有茎種のようです。

オキシペタラムブルースター
ガガイモ科 トゥイーディア属
ブラジル、ウルグアイ原産
a0204703_1342413.jpg
a0204703_1343387.jpg
a0204703_1344044.jpg

別名が、瑠璃唐綿。
水色の花。
アブラムシがつきやすいのが気になります。

ボリジ
ムラサキ科 ボラゴ属
地中海沿岸、北アフリカ原産
a0204703_1322521.jpg
a0204703_13221215.jpg
a0204703_13222075.jpg

こちらも水色の花。
白花もあります。

キャットテール
トウダイグサ科 アカリファ属
インド原産
a0204703_1333478.jpg
a0204703_13335598.jpg

別名が、アカリファ。
まっ赤な花穂と葉っぱの緑が調和。

夏椿
ツバキ科 ナツツバキ属
日本原産
a0204703_13501192.jpg
a0204703_13502128.jpg
a0204703_1350297.jpg
a0204703_13503735.jpg
a0204703_13504513.jpg
a0204703_13505385.jpg
a0204703_1351194.jpg

別名が、娑羅の木。
梅雨時の花。
一日花で、午後には落花。

クジャクサボテン
サボテン科 クジャクサボテン属
メキシコ原産
a0204703_1413710.jpg

花色は、ピンク、赤、白、黄。
サボテンの花は、なかなかきれいですね。
赤の蕾もありますので、また後日。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-05 06:37 | 武町~田上町

武町の花々8/9

今回は、博多唐草、オキザリス・レグネリー、花丁子、鳳仙花、カラー、アルストロメリア、デルフィニウム、箱根空木の8つ。

博多唐草
ツユクサ科 ムラサキツユクサ属
南アメリカ原産
a0204703_6492145.jpg
a0204703_649305.jpg
a0204703_6493950.jpg

別名が、常盤露草。
雑木林の下草としてよく見かける帰化植物。
なかなかきれいな花です。

オキザリス・レグネリー
カタバミ科 カタバミ属
南アメリカ原産
a0204703_65367.jpg
a0204703_6532041.jpg

別名が、紫の舞、トリアングラリス。
緑の葉っぱが緑の舞、花びらは同じくピンク。
緑の葉っぱに銀色の模様が入る銀の舞。

花丁子
ゴマノハグサ科 ルッセリア属(ハナチョウジ属)
メキシコ原産
a0204703_7153846.jpg
a0204703_7154777.jpg
a0204703_7155545.jpg

甘い蜜をたっぷり含んだ花。
蟻が花まで登ってきます。
蘭の蜜も甘いですね。

鳳仙花
ツリフネソウ科 ツリフネソウ(ホウセンカ)属
東南アジア原産
a0204703_7251625.jpg
a0204703_7252481.jpg

別名が、爪紅(ツマベニ)。
女の子たちが色水を作ったり、爪を染めていましたが、今の子供たちはどうかな。

カラー
サトイモ科 オランダカイウ属
南アフリカ原産
a0204703_748579.jpg
a0204703_7491124.jpg

ラッパ状のところがガク、花は真ん中の黄色い棒部分。
色は、白、ピンク、黄。
別名が、海芋。

アルストロメリア
ヒガンバナ科(ユリ科、アルストロメリア科) アルストロメリア属
ブラジル、チリ、ペルー原産
a0204703_7555884.jpg
a0204703_756767.jpg
a0204703_7561694.jpg

別名、百合水仙、インカの百合。
カラフルで花持ちのいい花。
花色は、ビンク、赤、白、黄色、紫など。

デルフィニウム
キンポウゲ科 デルフィニウム属
北アメリカ原産
a0204703_875318.jpg
a0204703_88251.jpg

別名が、飛燕草、千鳥草。
花色は、青、紫、水色、白、ピンク、黄、オレンジなど。
ラークスパーも、デルフィニウムの一種。

箱根空木
スイカズラ科 タニウツギ属
日本原産
a0204703_8193840.jpg
a0204703_8194732.jpg
a0204703_8195539.jpg

別名が、咲き分け空木。
白、ピンク、赤、3色咲いてるように見えます。
蕾と咲き始めが白で、その後、淡紅色、紅色と花色が濃くなります。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-04 07:02 | 武町~田上町

武町の花々7/9

今回は、スカピオサ、マルバストラム・ラテリティウム、ブルーデージー、紫陽花、アマリリス、オーニソガラムの6つ。

スカピオサ
マツムシソウ科 スカビオサ属
西ヨーロッパ原産
a0204703_9233052.jpg
a0204703_9233937.jpg
a0204703_9235271.jpg
a0204703_924099.jpg

別名が、西洋マツムシソウ。
花色は、紫、ピンク、白など。

マルバストラム・ラテリティウム
アオイ科 マルヴァストルム属
アルゼンチン、ウルグアイ原産
a0204703_931343.jpg
a0204703_9311285.jpg

別名が、枝垂れ芙蓉。
花径5cmほどのアオイ、一株でもかなり茂ります。

ブルーデージー
キク科 フェリキア属
南アフリカ原産
a0204703_940562.jpg
a0204703_941653.jpg

ブルーの花びらの中心が黄、コントラストの美しい花。
和名が、ルリヒナギク。
斑入りの葉っぱも。

紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本原産
a0204703_9552443.jpg
a0204703_9553449.jpg
a0204703_9554216.jpg
a0204703_9555187.jpg
a0204703_956327.jpg

下の2枚は、ガクアジサイ。
飾り花が周囲に散らばっています。

アマリリス
ヒガンバナ科 ヒッペアストラム属
南アメリカ原産
a0204703_1075413.jpg
a0204703_108356.jpg

多湿に弱い花ですが、花期が梅雨と重なります。
花径20cmほどの大輪のアマリリスが増えてきました。
花径15cmほどですが、我が家のアマリリスは白花。
ピンクの筋がなかなかきれいです。

オーニソガラム
ユリ科 オーニソガラム属
ヨーロッパ アフリカ原産
a0204703_10211179.jpg
a0204703_10212083.jpg
a0204703_10212899.jpg
a0204703_1021372.jpg

別名・和名が、大甘菜。
この花はウンベラツム、雌しべが黒いのがアラビカム、オレンジ色の花がアラビカム。
いろんなオーニソガラムがあるようです。
花かごしま2011会場では、アラビカムとアラビカムを見つけました。
甘菜は花茎に一輪ですが、オーニソガラムは集合花。
白い花をまばらな穂状に咲かせるナルボネンセもあるようです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-03 06:39 | 武町~田上町

武町の花々6/9

今回は、柏葉紫陽花、デンドロビウム、オンシジウム、カラー、スタージャスミン、ユキノシタ、勿忘草の7つ。

先月から紫陽花の季節。
水色・ピンクが花盛り。
花色も最近増えてきましたね。

柏葉紫陽花
アジサイ科 アジサイ属
北米原産
a0204703_934204.jpg
a0204703_9342864.jpg
a0204703_934359.jpg

名前は、柏の葉っぱに似てるから。
花の形から、ピラミッドアジサイとも呼ばれています。

デンドロビウム
ラン科 デンドロビウム属(セッコク属)
熱帯アジアを中心、ネパール、ニュージーランド、日本原産
a0204703_9404773.jpg
a0204703_9405665.jpg
a0204703_941594.jpg

花色は、淡紅、紫、黄、桃、白ほか。
西日本ではセッコクが自生。
花数も多く、なかなかきれいです。

オンシジウム
ラン科 オンシジウム属
中南米原産
a0204703_9502213.jpg
a0204703_9503262.jpg
a0204703_950391.jpg

別名が、バタフライオーキッド、雀蘭。
シェリーベービーの一種でしょうか。

カラー
サトイモ科 オランダカイウ属
南アフリカ原産
a0204703_1017635.jpg
a0204703_10171675.jpg

ラッパ状のところがガク、花は真ん中の黄色い棒部分。
色は、白、ピンク、黄。
別名が、海芋。

スタージャスミン
モクセイ科 ソケイ属
熱帯アジア原産
a0204703_10242424.jpg
a0204703_10243335.jpg
a0204703_10244093.jpg
a0204703_10245149.jpg

ハゴロモジャスミンよりやさしい香り。
花色は、白のみ。

ユキノシタ
ユキノシタ科 ユキノシタ属
本州以南、中国原産
a0204703_1155813.jpg
a0204703_116102.jpg
a0204703_1161811.jpg

木陰や湿気の多い場所に群生。
小さな花ですが、よく見るとなかなかきれいな模様。

勿忘草
ムラサキ科 ワスレナグサ属
ヨーロッパ原産
a0204703_1113344.jpg
a0204703_11131229.jpg

花の中央は黄で、水色の小さな五花弁。
英名が、フォーゲット・ミー・ノット。
脇役の花でもあり、時に主役も。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-02 06:57 | 武町~田上町

武町の花々5/9

今回は、立葵、山紫陽花、姫檜扇、未央柳、唐綿、フランネルフラワー、チロリアンランプ、アマリリス、ゼラニウムの9つ。

立葵
アオイ科 フヨウ属
中国、小アジア原産
a0204703_7342993.jpg
a0204703_7343865.jpg

真っ直ぐ伸びた花茎に5弁花、八重咲きも。
別名が、ホリホック、アルテアロゼア(学名)、唐葵。
花色が、赤、濃赤、ピンク、黄、青紫、白、黒。

山紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本原産
a0204703_7442733.jpg
a0204703_7443623.jpg

葉っぱに艶のないのが特徴。
ガクアジサイと形がよく似ています。
花は、中心のツブツブ。
外側の飾り花が少ない花が多い。

姫檜扇
アヤメ科 アノマテカ属(ラペイルージア属)
南アフリカ原産
a0204703_7462447.jpg
a0204703_7463215.jpg

赤ピンク色の6弁花。
花びらの下3枚に赤い斑点。
少しピンクの白花も。

未央柳
オトギリソウ科 オトギリソウ属
中国原産
a0204703_7484864.jpg
a0204703_748566.jpg
a0204703_749474.jpg
a0204703_7491371.jpg

別名が、美女柳、美容柳、金線海棠。
長~い雄蕊の5弁花。
花が終わると、雄蕊は風に吹かれて飛んでいきます。

唐綿
ガガイモ科 トウワタ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_7555466.jpg

花は小さいですが、実は花に比べると大きなサヤ状。
風船唐綿は、ボール状。
中から綿毛のついた種が出て、風に吹かれて飛んでいきます。

フランネルフラワー
セリ科 アクティノツス属
オーストラリア原産
a0204703_84264.jpg
a0204703_841063.jpg

フランネル生地の白い花びらの先に、緑のワンポイント。
育てるのがやや難しい花、2回買って直ぐに2度とも枯れてしまいました。
根っこを見ると2回とも根ぐされ、園芸店さん、水のかけ過ぎ。

チロリアンランプ(アブチロン)
アオイ科 アブチロン属
ブラジル原産
a0204703_8164048.jpg
a0204703_8165085.jpg
a0204703_8165890.jpg

別名が、浮釣木。
幅広タイプのアブチロンとは、葉っぱは同じですが花の形は随分違います。

アマリリス
ヒガンバナ科 ヒペアストラム属(ヒッペアストルム属)
南アフリカ原産(ブラジル原産)
a0204703_8194496.jpg
a0204703_8195853.jpg

自宅のアマリリスは、シロスジアマリリス。
何年も植えっぱなしですが、毎年花をつけます。
球根も大きいですが、なかなか丈夫な花。

ゼラニウム
フウロソウ科 ゼラニウム属(ペラルゴニウム属)
南アフリカ原産
a0204703_832157.jpg
a0204703_832978.jpg
a0204703_8321720.jpg

別名が、天竺葵。
花色は、赤、桃色、白など。
香りはちょっと苦手ですが、いい香りの花も。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-01 07:19 | 武町~田上町