<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

武町の花々4/9

今回は、姫檜扇、クフェア・ヒッソピフォリア、ムラサキカタバミ、小判草の4つ。

台風の過ぎた後には、梅雨の晴れ間。
一時的に西高東低の冬型の気圧配置で、北風が入ってきました。
奄美のプラム、そろそろ実の熟れる頃。
毎年楽しみにしてますが、如何だったかな。
この時期からの台風、困ったものです。
梅の収穫は、辛うじて間に合ったようです。

姫檜扇
アヤメ科 アノマテカ属(ラペイルージア属)
南アフリカ原産
a0204703_955785.jpg
a0204703_9551696.jpg
a0204703_9552551.jpg
a0204703_9553473.jpg
a0204703_9554675.jpg
a0204703_9555554.jpg

赤ピンク色の6弁花。
花びらの下3枚に赤い斑点。
少しピンクの白花も。

クフェア・ヒッソピフォリア
ミソハギ科 クフェア属
メキシコ原産
a0204703_1012341.jpg
a0204703_1013131.jpg
a0204703_1014170.jpg
a0204703_101527.jpg
a0204703_10238.jpg
a0204703_102153.jpg
a0204703_1022824.jpg

別名が、メキシコハナヤナギ。
花径約 1cmの小さな花。

ムラサキカタバミ
カタバミ科 カタバミ属
南アフリカ、南アメリカ原産
a0204703_1055156.jpg
a0204703_106018.jpg

別名が、キキョウカタバミ(桔梗片喰)、紫酢漿草。
赤紫色の5弁花、花の中心は白っぽくなっています。
イモカタバミは、黄。

小判草
イネ科 コバンソウ属
ヨーロッパ原産
a0204703_10141998.jpg
a0204703_10142911.jpg
a0204703_10143853.jpg
a0204703_10144757.jpg

別名が、タワラムギ(俵麦)。
ドライフラワーにも利用されますが、枯れるとなかなかきれいです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-31 06:04 | 武町~田上町

武町の花々3/9

今回は、匂蕃茉莉、ロベリア、ドクダミ、野博多唐草の4つ。

台風一過、空は昨日の午前11時頃にはスッキリ晴れ渡りました。
風も然程吹かず、台風はいつの間にか過ぎてしまったよう。
日向灘方面に去ったあと、少し風が出てきたようでした。

匂蕃茉莉
ナス科 ブルンフェルシア属
ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンなど熱帯アメリカ原産
a0204703_755292.jpg
a0204703_7611.jpg

別名が、蕃茉莉、ブルンフェルシア。
ジャスミンの香りに似た強烈な香り、なかなか近づけない苦手な花。
花色は、青紫から2日ほどで白に。

ロベリア
キキョウ科(ミゾカクシ科) ロベリア属
南アフリカ原産
a0204703_7175714.jpg
a0204703_718522.jpg
a0204703_7181276.jpg
a0204703_7182159.jpg

花色は、濃い青、紺、紫、白など。
別名が、ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)、ルリチョウチョウ(瑠璃蝶々)。

ドクダミ
ドクダミ科 ドクダミ属
日本、中国、ヒマラヤ、ジャワなど東アジア地域に広く分布
a0204703_7261780.jpg
a0204703_7263674.jpg
a0204703_7265057.jpg
a0204703_7265961.jpg
a0204703_727812.jpg
a0204703_7271823.jpg

生命力・繁殖力が強く、畑の厄介者。
深堀りしないと、根っこはとりだせません。
匂いはいただけませんが、花を見るとハッとする美しさ。(笑い)

野博多唐草
ツユクサ科 ムラサキツユクサ属
南アメリカ原産
a0204703_7543440.jpg
a0204703_754429.jpg
a0204703_7545081.jpg
a0204703_7545935.jpg
a0204703_755759.jpg
a0204703_7551661.jpg
a0204703_755244.jpg

別名が、常盤露草。
雑木林の下草としてよく見かける帰化植物。
なかなかきれいな花です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-30 07:49 | 武町~田上町

武町の花々2/9

今回は、栴檀、メキシコ万年草の2つ。

今日は台風2号の接近です。
初夏の頃の台風は、あまり日本に影響を及ぼすものはなかったのですが、1号・2号とも最接近。
夏場の高温といい、地球温暖化の影響でしょうか。
今朝雨は降り続いていますが、無風状態。
台風情報を見ると、午前10~11時頃再接近。
暴風雨圏内は、免れそう。
ちょっと速度が早まっているようです。

栴檀
センダン科 センダン属
日本、中国、西アジア原産
a0204703_9251651.jpg
a0204703_9252378.jpg
a0204703_9253156.jpg
a0204703_9253978.jpg
a0204703_9254712.jpg
a0204703_9255571.jpg
a0204703_926413.jpg
a0204703_9261217.jpg
a0204703_926201.jpg
a0204703_9262816.jpg
a0204703_9263834.jpg
a0204703_9264650.jpg
a0204703_9265574.jpg
a0204703_927428.jpg

別名が、オウチ(棟)、センダマ(千珠)。
淡紫色の5弁花を多数つけます。
あまり目立ちませんが、この時期木全体が薄紫に変わります。
夏場は緑の実を含めて、緑一色。
秋には黄色の丸い実。
冬は葉っぱを落として茶色の萎んだ実だけが僅かに残ります。
一年を通じて、なかなか趣のある木。

メキシコ万年草
ベンケイソウ科 セダム属(マンネングサ属)
メキシコという名がついていますが、原産地は不明
a0204703_9394036.jpg
a0204703_9394966.jpg
a0204703_9395713.jpg
a0204703_940636.jpg
a0204703_9401476.jpg
a0204703_9402281.jpg

メキシコで栽培されていたことから、この名がついたとか。(笑い)
日当たりのよい道端や空き地などで野生化しています。
濃い黄色の小さな5弁花。
地を這うように茎を伸ばしますが、花茎は上に伸びて花をつけます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-29 06:09 | 武町~田上町

武町の花々1/9

今回は、花丁子、ルピナス、姫檜扇、君が代蘭、アルカネット、ケラマツツジの6つ。

5/23の梅雨入りから雨の日続き。
今のところ、時折小降りのやさしい雨。
台風2号の進路も気になるところ。
非常に強い勢力で、南西諸島を縦断して日曜日頃に接近しそう。
夏野菜のキューリ、ニガウリ、トマト、茄子、つる無しインゲン等、やっと生い茂ったところ。
支柱やネットの補強など、対策が必要になってきました。
現在のところ東側を通る予報で、幾分幸いです。

花丁子
ゴマノハグサ科 ルッセリア属(ハナチョウジ属)
メキシコ原産
a0204703_758025.jpg
a0204703_758722.jpg
a0204703_7581567.jpg

千切って銜えるとなかなか糖度の高い蜜。
以前、「花を千切らないで!」の看板がありました。(笑い)

ルピナス
マメ科 ハウチワマメ属
北アメリカ西部、南アメリカ、南アフリカ、地中海沿岸に分布
a0204703_836226.jpg
a0204703_8363180.jpg

小型のルピナス、200種以上もある丈夫な花。
属名は、葉っぱの形から。
ルピナスは、ラテン語の オオカミとか。

姫檜扇
アヤメ科 アノマテカ属(ラペイルージア属)
南アフリカ原産
a0204703_842177.jpg
a0204703_8422692.jpg

赤花のの方で、白花も。
小さな6弁花、ほぼ野生化しています。

君が代蘭
リョウゼツラン科 ユッカ属(イトラン属)
北アメリカ原産
a0204703_848171.jpg
a0204703_8481132.jpg

別名が、ユッカ蘭。
花の頂が3m位。
龍舌蘭は花(花柱15mほど)が咲くと一生を終えますが、この花は春・秋に花をつけます。

アルカネット
ムラサキ科 ウシノシタグサ属
ヨーロッパ南東部原産
a0204703_8585235.jpg
a0204703_859156.jpg
a0204703_859974.jpg
a0204703_8591883.jpg

別名が、アンチューサ、アルカンナ。
紫から青のちいさな花がたくさんつきます。

ケラマツツジ(慶良間躑躅)
ツツジ科 ツツジ属
奄美大島、沖縄原産
a0204703_96163.jpg
a0204703_961021.jpg
a0204703_961868.jpg
a0204703_962696.jpg
a0204703_963498.jpg
a0204703_964757.jpg

武町の実家の花、毎年大きな花をたくさんつけます。
別名が、チチンバナ。
樹高が2~3m、遅咲きのツツジです。

昨日、鴨池新町に立ち寄りました。

More 泰山木とブラシの木
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-28 06:15 | 武町~田上町

緑館の花々2/2

今回は、グミ、ソラナム・ラントネッティー、白蝶草、スイカズラ、金糸梅、薊の6つ。

グミ(茱萸)
グミ科 グミ属
ユーラシアから東南アジアにかけて分布
a0204703_7442314.jpg
a0204703_7443023.jpg
a0204703_7443721.jpg
a0204703_7444521.jpg
a0204703_7445364.jpg

グミの実が色づき始めました。
渋みと酸味と、かすかな甘味。
どんなに熟れた実でも、2個目は手が出ません。(笑い)

ソラナム・ラントネッティー
ナス科 ナス属
アルゼンチン、パラグアイ原産
a0204703_7555843.jpg
a0204703_75661.jpg
a0204703_7561481.jpg
a0204703_7562365.jpg
a0204703_7563120.jpg

ほぼ四季咲き、冬場は落葉。
ムラサキの小花。
斑入りのソラナム・ラントネッティー・バリエガータもあるようです。

白蝶草
アカバナ科 ガウラ属
北アメリカ原産
a0204703_862589.jpg
a0204703_863474.jpg
a0204703_864140.jpg
a0204703_865022.jpg

別名が、ガウラ、山桃草。
花色は、白とピンク。
白花が白蝶草、ピンクが山桃草?、どちらも同じ花。

スイカズラ
スイカズラ科 スイカズラ属
日本、朝鮮半島、中国などアジア原産
a0204703_816872.jpg
a0204703_8161793.jpg
a0204703_816262.jpg

別名が、忍冬(にんどう)、金銀花、金銀藤、甜藤、蜜吸花、チチバナ。
花は次第に白から黄へ。
2輪ずつ揃って咲いている花が多いようです。
アメリカやヨーロッパにも帰化、現地では有害植物指定も。

金糸梅
オトギリソウ科 オトギリソウ属
中国原産
a0204703_8271670.jpg
a0204703_827252.jpg
a0204703_8273499.jpg
a0204703_8274333.jpg

花はヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅、園芸種)にそっくり、花径5cmほどでちょっと小ぶり。
多数の長い雄しべが伸びて、輝く黄。
実になっても切り花に利用されています。


キク科 アザミ属
北半球に広く分布
a0204703_848862.jpg
a0204703_8481745.jpg
a0204703_8483561.jpg
a0204703_8484680.jpg

緑館の隣りの敷地は田圃、畔で薊を見つけました。
スコットランド地方の国花とか。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-27 07:13 | 緑館

緑館の花々1/2

今回は、チロリアンランプ、ムギセンノウ、ボリジ、カモミール、山紫陽花、ネモフィラ・メンジーシー、グリーンローズの6つ。

今月中旬、ピンクの八重のクレマチスを捜しに家内に同行。
残念ながら見つかりませんでした。
なかなかイメージにぴったりの花が見つからなかったようです。
展示場?休憩所?の建築中、出来上がりが楽しみです。

緑館の入り口
手作り風の看板
a0204703_1003850.jpg

花が伸びて、見え隠れ状態。
原色は希、中間色の花が多いようです。

チロリアンランプ(アブチロン)
アオイ科 アブチロン属
ブラジル原産
a0204703_10101411.jpg
a0204703_10102518.jpg

別名が、浮釣木。
幅広タイプのアブチロンとは、葉っぱは同じですが花の形は随分違います。

ムギセンノウ(麦仙翁)
ナデシコ科 ムギセンノウ属
ヨーロッパ、アジア原産
a0204703_1017545.jpg

別名が、アグロステンマ。
花色は、白、ピンク、淡ピンク。
草原や麦畑に生える雑草とか。
切り花にもよく用いられます。

ボリジ
ムラサキ科 ボラゴ属
地中海沿岸、北アフリカ原産
a0204703_10221154.jpg
a0204703_10221964.jpg
a0204703_10222791.jpg
a0204703_10223582.jpg
a0204703_10224342.jpg
a0204703_10225240.jpg

別名が、ルリヂシャ。
白花もなかなかきれいです。

カモミール
キク科 カミツレ属
ヨーロッパ原産のハーブ
a0204703_10261331.jpg
a0204703_10262375.jpg
a0204703_10263153.jpg

花を摘んで、カモミールティ。
乾燥させておくと、ある程度保存がききます。

山紫陽花
ユキノシタ科 アジサイ属
日本原産
a0204703_1035046.jpg
a0204703_1035970.jpg
a0204703_10351627.jpg
a0204703_1035245.jpg
a0204703_10353341.jpg

葉っぱに艶のないのが特徴。
ガクアジサイと形がよく似ています。
花は、中心のツブツブ。
外側の飾り花が少ない花が多い。

ネモフィラ・メンジーシー
ハゼリソウ科 ネモフィラ属
北アメリカ原産
a0204703_104213100.jpg
a0204703_10422280.jpg

水色の花がたくさん。
花かごしま2011の会場(本・別会場とも)でも、たくさん使われていました。
和名が、瑠璃唐草。

グリーンローズ
バラ科 バラ属
中国原産
a0204703_1050371.jpg
a0204703_10504554.jpg
a0204703_10505464.jpg
a0204703_1051761.jpg

バラには見えないバラ。
四季咲き、小輪、房咲き。
庚申薔薇の変種とか。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-26 06:10 | 緑館

ご近所の花々3/3

今回は、ボリジ、芍薬、桃色昼咲き月見草、シャスターデージー、ホットリップス、ムラサキカタバミの6つ。

梅雨に入って庭のトマト・茄子・つるなしインゲンもますます葉っぱが大きくなってきました。
トマト(ミニ・中玉)・茄子は支柱の補強が必要、ちいさな実もついてきました。
実家の枇杷の熟れ具合も気になるところ。

ボリジ
ムラサキ科 ボラゴ属
地中海沿岸原産
a0204703_8235422.jpg

天ぷら・サラダなどに利用できるようですが、我が家ではもっぱら観賞用。
水色~青、なかなかきれいな花です。

芍薬
ボタン科 ボタン属
中国原産
a0204703_829357.jpg
a0204703_8294376.jpg

我が家では、咲かずの芍薬と呼んでいます。(笑い)
蕾は毎年8cmくらいまで膨らみます。
もう一息のところですがそこまで、あとは開く元気がなく次第に茶色に変色。
殺菌剤の散布か、植え替えが必要なようです。
今年もダメだったので、秋に掘り起こしてみましょうか。

桃色昼咲き月見草
アカバナ科 マツヨイグサ属
北米原産の帰化植物
a0204703_8491089.jpg
a0204703_849188.jpg
a0204703_8492535.jpg
a0204703_8493290.jpg

白花が昼咲き月見草、閉じるとどちらもピンク。
丈夫で、野生化しています。

シャスターデージー
キク科 レウカンセマム属
フランス菊とハマギクの交配種
a0204703_8552270.jpg
a0204703_8552951.jpg
a0204703_8553654.jpg
a0204703_8554351.jpg

別名が、シャスターギク、デイジー。
マーガレットより花が少し大きめ。
モンシロチョウのご訪問。

ホットリップス
シソ科 サルビア属
チェリーセージの一種
a0204703_962435.jpg
a0204703_963288.jpg
a0204703_964168.jpg
a0204703_964958.jpg
a0204703_965989.jpg

春と秋は白い部分が多く、夏場は赤の部分が多くなります。
名前は、サルビア・ミクロフィラ・ホットリップス。

ムラサキカタバミ
カタバミ科 カタバミ属
南アメリカ、南アフリカ原産の帰化植物
a0204703_9113991.jpg
a0204703_9114717.jpg
a0204703_9115595.jpg
a0204703_912265.jpg

別名が、桔梗片喰、紫酢漿草。
イモカタバミ(芋片喰)の花とそっくりですが、雄しべの色が白。
芋片喰の葯は黄、花の中心部も濃いですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-25 09:12 | ご近所

ご近所の花々2/3

今回は、シラー、虫取り撫子、ジャガイモ、蔓サラバンド、ひなあられ、更紗空木の6つ。

当地の梅雨入りは、凡そ5/31前後。
昨日は終日雨で、梅雨入りの発表も。
例年より8日間早かったことになります。

シラー
ユリ科(ヒアシンス科) シラー属
地中海沿岸原産
a0204703_80124.jpg
a0204703_80973.jpg

別名が、シラー・ペルビアナ、大蔓穂(オオツルボ)、リューゴンシス。
花色は、紫、青、白など。

虫取り撫子
ナデシコ科 マンテマ(シレネ)属
ヨーロッパ中南部原産
a0204703_8113161.jpg
a0204703_8113845.jpg

ピンクのきれいな5弁花。
名前から食虫植物のようですが、節の下あたりが一部ネバネバ。
小昆虫を捕らえてしまうようです。

ジャガイモ
ナス科 ナス属
南米アンデス高地原産
a0204703_8213097.jpg
a0204703_8213983.jpg
a0204703_8214777.jpg

ナス科、ナスの花と形はそっくり。
ジャガイモの産地は、北海道、長崎が有名ですが、鹿児島もいいジャガイモがとれます。
沖永良部島(知名町・和泊町)、長島町(出水郡)、大隅半島南部など。
特に赤土で育った沖永良部島のジャガイモは絶品です。

蔓サラバンド
つるバラ、一季咲き
中輪、一重
a0204703_8442076.jpg
a0204703_8442914.jpg
a0204703_8444095.jpg
a0204703_8445071.jpg

1968年、フランス作出。
花径 7~8cm位。

ひなあられ
半つる、四季咲き
小輪、一重の遅咲き
a0204703_850548.jpg
a0204703_851214.jpg
a0204703_8511045.jpg

2001年、日本作出。
花径 4~5cm位。
今年は我が家の薔薇も成績良かったようです。

更紗空木
アジサイ科 ウツギ属
日本原産
a0204703_932127.jpg
a0204703_932947.jpg
a0204703_933741.jpg
a0204703_934570.jpg
a0204703_935365.jpg
a0204703_94058.jpg
a0204703_94814.jpg
a0204703_941633.jpg
a0204703_942529.jpg

昨日の雨で、真っ白の花びらがだいぶ落ちてしまいました。
リビングの前にあり夏場茂ってひさしにかかるので花後に剪定、毎年枝をカットするので花数が減ってしまいました。
もう少し離して植えると良かったのかな。
一昨年挿し木したのが1本つきました。
今年は小さな花がつきました。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-24 07:09 | ご近所

ご近所の花々1/3

今回は、姫檜扇、大紫露草、蔓日々草、三寸菖蒲、薔薇、ピラカンサスの6つ。

姫檜扇
アヤメ科 アノマテカ属
南アフリカ原産
a0204703_754316.jpg

ブロックの隙間から花を咲かせています。
庭のあちらこちら、赤花・白花。
植えた記憶はありません。

大紫露草
ツユクサ科 ムラサキツユクサ属
北アメリカ原産
a0204703_7103962.jpg
a0204703_7104575.jpg
a0204703_7105216.jpg

名前のとおり紫露草の大形。
花色は、白。ピンクも。

蔓日々草
キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属
地中海沿岸原産
a0204703_7181874.jpg
a0204703_7183150.jpg

別名が、ビンカ・マジョール、ツルギキョウ、グレーター・ペリウィンクル。
斑入りの葉っぱもあります。

三寸菖蒲
アヤメ科 アヤメ属
日本、シベリア、朝鮮半島、中国北東部原産
a0204703_723596.jpg
a0204703_724673.jpg
a0204703_7241595.jpg
a0204703_7242183.jpg
a0204703_7242826.jpg

庭の2箇所に植えていますが、毎年花を咲かせます。
根が少しずつ広がっていくので、花数も増えてきました。

薔薇
バラ科 バラ属
a0204703_7564219.jpg
a0204703_7565350.jpg
a0204703_757285.jpg
a0204703_7571290.jpg
a0204703_7572082.jpg
a0204703_7573068.jpg

前半は蔓サラバンド、一重の薔薇。
後半は、八重咲き。
今年は薔薇の花つきがいいようです。
蔓サラバンドも花が密集しています。
春の低温で、虫(こがね虫・あぶら虫など)の活動が遅れたようです。

ピラカンサス
バラ科 トキワサンザシ属
ヨーロッパ東南部原産
a0204703_873925.jpg
a0204703_874794.jpg
a0204703_875562.jpg
a0204703_8824.jpg
a0204703_88919.jpg
a0204703_883263.jpg

別名が、常盤山櫨子。
黄色(オレンジ色)の実は橘擬、中国南西部原産。
花では区別がつきません。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-23 06:56 | ご近所

花かごしま2011(第28回全国都市緑化かごしまフェア)5/5

今回は、タツナミソウ、ティントワイン、クリムゾンクローバー、永良部百合、オリエンタルリリィ、三尺バーベナの6つ。

花かごしま2011も、今日(22日)が最終日。
あいにく今朝は降ったり止んだりの天気になりましたね。
まだ、間に合います。(笑い)

タツナミソウ(立浪草)
シソ科 タツナミソウ属
本州、四国、九州、朝鮮半島、中国、台湾、インドシナに分布
a0204703_12305566.jpg
a0204703_1231180.jpg
a0204703_123192.jpg
a0204703_12311654.jpg
a0204703_12312457.jpg

日当たりのよい林や草地に生える。
花の模様もなかなか美しい花。

ティントワイン
マメ科 トリフォリウム属
観賞用クローバー
a0204703_1254959.jpg
a0204703_12541711.jpg
a0204703_1254259.jpg

ティントロゼもありますが、もう少し赤みが強いかな。
ワインカラーのクローバー。

クリムゾンクローバー
マメ科 トリフォリウム属
ヨーロッパ南部
a0204703_13207.jpg
a0204703_132778.jpg
a0204703_1321411.jpg
a0204703_1322086.jpg

別名が、ベニバナツメクサ、ストロベリートーチ。
花の形が苺にそっくり。
ちょっと大きめのクローバー。

永良部百合(テッポウユリ)
ユリ科 ユリ属
日本原産
a0204703_1384962.jpg
a0204703_1385759.jpg
a0204703_139518.jpg
a0204703_1391258.jpg

高砂百合も似てますが、花も葉っぱも細め。
咲く時期も高砂百合は夏。
香りがいいですね。

オリエンタルリリィ
ユリ科 ユリ属
北半球の温帯原産
a0204703_13343196.jpg

大輪で香りが強い百合。
花色は、橙・赤・黄系いろいろ。

三尺バーベナ
クマツヅラ科 バーベナ属
南アメリカ原産
a0204703_13391615.jpg
a0204703_13392443.jpg
a0204703_13393296.jpg

別名が、バーベナ・ボナリエンシス、ヤナギハナガサ(柳花笠)、タチバーベナ。
名前のとおり丈が1m、ノッボのバーベナ。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-05-22 05:47 | イベント