カテゴリ:旅行( 14 )

阿蘇・別府・九重一泊旅行4/5

今回は、別府鉄輪温泉の夜明け、九重夢大吊橋。

海(太平洋)から昇る朝日が見たくて4時頃目覚めました。
a0204703_7151477.jpg

a0204703_7151593.jpg

a0204703_7151592.jpg

a0204703_7151530.jpg

a0204703_7151676.jpg

a0204703_7151767.jpg

a0204703_7152088.jpg

a0204703_7151857.jpg

5時過ぎが日の出の頃、ガスが濃くて期待薄。
前日出かけた「いでゆ坂」の方向は、至るところから湯煙が立ち上っていました。
さすがに湯の町。
やっと見られた日の出は、おぼろ月程。
別府湾の入り口方向。
旅行の楽しみ朝湯から帰ると、ホテルの西側に泰山木。
5倍ズームでは届きません。
西側も至るところで湯煙が立ち上っていました。

旅の2日目は、九重夢大吊橋から熊本風の丘。
やまなみハイウェイ(九州横断道路)を西に。
a0204703_7152061.jpg

a0204703_7151921.jpg

a0204703_7152127.jpg

a0204703_7151971.jpg

a0204703_715224.jpg

a0204703_7152029.jpg

a0204703_7152394.jpg

a0204703_7572956.jpg
a0204703_7573775.jpg
a0204703_7574571.jpg
a0204703_758171.jpg
a0204703_7581018.jpg
a0204703_7581899.jpg
a0204703_7582565.jpg
a0204703_7583372.jpg
a0204703_7584115.jpg

平成18年10月30日落成
●高さ 173m
●長さ 390m
●主塔の高さ 43m
●主塔の直径 1.4m
●橋桁の幅 1.5m
●手摺の高さ 1.4m
●橋桁の重量 312t
●メインワイヤー(2本、直径53mmのワイヤーを7本束ねている)
日本一の人道大吊橋。
日本の滝百選の振動の滝、鳴子川渓谷が一望できます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-19 07:29 | 旅行

阿蘇・別府・九重一泊旅行3/5

今回は、明礬湯の里、鉄輪温泉。

明礬温泉の湯の花は、質・量とも日本一といわれています。
a0204703_139337.jpg

a0204703_139342.jpg

a0204703_1393414.jpg

a0204703_1393261.jpg

a0204703_1393395.jpg

岩盤の裂け目からプツプツと湯の花が湧いていました。
湯の花小屋の精巧な技術は、国の重要無形民俗文化財に指定。
岩盤の上は、裸足で歩くのはちょっと無理かな。
スメ(蒸気を利用した竈、煮炊きをする)があったので、パチリ。
天然の蒸気竈「スメ」、鹿児島(山川町にある火口湖鰻池)の鰻温泉での呼び名なので、メジャーとはいえません。

ホテルに入って夕食まで暫く時間があったので、仲間と近くを散策。
温泉地獄めぐりまでは遠いので、歩いて5分程のいでゆ坂へ。
a0204703_1393559.jpg

a0204703_1393515.jpg

a0204703_1393617.jpg

a0204703_1393654.jpg

a0204703_1393768.jpg

a0204703_1393774.jpg

a0204703_1393850.jpg

a0204703_1393628.jpg

a0204703_1393920.jpg

a0204703_1393741.jpg

a0204703_14243496.jpg
a0204703_14245640.jpg
a0204703_14251259.jpg
a0204703_14252043.jpg
a0204703_14252917.jpg
a0204703_14253984.jpg
a0204703_1425503.jpg

鉄輪温泉、鉄輪と書いてカンナワと呼びます。
ちょっと難解ですね。
源泉98度、蒸し器にゴム手袋の置いてあるのが地獄蒸し工房鉄輪
同じ場所に足蒸しと足湯があって、自由に利用できます。
写真は撮っていますが、友人夫婦も写っているのでカット。
温泉街独特の町並み、昭和です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-18 06:51 | 旅行

阿蘇・別府・九重一泊旅行2/5

今回は、自然動物園の園内。
園内は、それぞれ二重の柵で区切られて緩衝場所には監視員を配置、柵の開け閉めが行われます。
前回の動物バス、自家用車、観光バス、そのまま入場。
観覧者側が檻に入って見物。
どちらが見物してるかわかりません。
a0204703_8544456.jpg

a0204703_854444.jpg

a0204703_8544520.jpg

a0204703_8544519.jpg

a0204703_8544610.jpg

a0204703_8544799.jpg

a0204703_8544736.jpg

a0204703_8544858.jpg

a0204703_8545076.jpg

a0204703_8544960.jpg

a0204703_8545159.jpg

肉食獣は個別に、草食獣はまとめて、柵の中でのんびりと生活しています。
お腹を満たしているせいか、肉食獣の表情も穏やか。
給餌のときは、迫力あるのかな。
バスの窓が開けられないのと、バスを止められないので、なかなか写真が撮れません。
フィルムカメラの方が、よかったかな。
ガゼールのいたコーナーでは通りの真ん中で子どものガゼールが角突き合わせて戯れ、バスが立ち往生。
園内は、動物優先です。

30分程観覧して、ふれあい動物コーナーへ
a0204703_8544972.jpg

a0204703_8545224.jpg

a0204703_8545025.jpg

a0204703_8545327.jpg

a0204703_9572165.jpg
a0204703_9573246.jpg
a0204703_9574194.jpg
a0204703_9575365.jpg
a0204703_958060.jpg
a0204703_9581098.jpg

行儀のいいカンガルーがお出迎え。
餌をねだる仲間を尻目に、ちょっと一休み。
ポケットモンキーはすばしこくて、カメラが動きについていけません。
モルモットは小心者、隅に一列に並んでジッと。
園内は、山法師が満開を迎えていました。

九州自然動物公園を後に、一路別府へ
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-17 12:59 | 旅行

阿蘇・別府・九重一泊旅行1/5

6/9・10、阿蘇・別府・九重へ団体バス旅行。
150名余の参加でバス5台での大移動。
梅雨時で天気が心配されましたが、9日、10日午前中まで雨もなく順調。
午後からは梅雨空に戻ってしまいました。
帰路の阿蘇は濃い霧、視界50m位でバスは雨雲の中。

1日目、バス5台の集合場所は桜島SA(サービスエリア)。
a0204703_10401229.jpg

a0204703_10401312.jpg

a0204703_10401399.jpg

a0204703_10401482.jpg

a0204703_10401481.jpg

a0204703_10401595.jpg
a0204703_10401665.jpg

a0204703_10401647.jpg

a0204703_10401684.jpg

SAの傍らに、妙なものを見つけました。
近づいてみると、ベゴニア。
逆立ちの赤いベゴニア、辛いものがあります。
あと、海紅豆、アメリカニワトコ、シイノキに似ています。

5台のバスが揃ったところで九州縦貫道を北上。
えびのから八代までは、球磨川沿いで、眺めのいい渓谷が続きます。
高速道は20数箇所トンネルが続くので、眺めも一瞬。

益城熊本ICを降りて阿蘇神社へ
a0204703_10401760.jpg

a0204703_10401811.jpg

a0204703_10401892.jpg

a0204703_10401898.jpg

阿蘇神社は、全国的にもめずらしい横参道。
参道に向かって二層の楼門が建っています。
日本三大楼門の一つで、ここの社殿が下宮(げぐう)、山頂の火口が上宮(じょうぐう)とか。
鉾は「魔よけの竜」、竜は阿蘇大明神の化身とか。
境内に阿蘇からの湧き水がありました。
癖がなく、なかなかいい水でした。
若返りの水。(?)

瀬の本高原で昼食後、九州自然動物公園(アフリカンサファリ)へ
a0204703_10401956.jpg

a0204703_10401981.jpg

a0204703_1041478.jpg

a0204703_12581598.jpg
a0204703_12582857.jpg
a0204703_12583799.jpg
a0204703_125848100.jpg
a0204703_1259279.jpg
a0204703_12591346.jpg
a0204703_12592434.jpg

給餌バスの乗客席は、金網1つでスリル満点。
デザイン、どの動物か判りますか。(笑い)
バスと建物だけで、肝心の動物が出てきません。
撮影禁止ではありませんので、園内は次回。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-16 07:25 | 旅行