カテゴリ:城山町~山下町( 7 )

桜の季節の終わりに

八重桜もそろそろ終わり。
ことしの桜も見納めです。
城山町にある県図書の庭の桜で、今年の桜を振り返ってみました。
県図書の桜は、隠れた名所。
前半が4/6、後半が4/10に撮ったもの。

前半、満開の頃
a0204703_9395423.jpg
a0204703_940276.jpg
a0204703_9401853.jpg
a0204703_9402564.jpg
a0204703_9403065.jpg
a0204703_9403619.jpg
a0204703_9404243.jpg
a0204703_940487.jpg
a0204703_9405416.jpg
a0204703_941038.jpg
a0204703_941680.jpg


後半、桜ふぶきの頃
a0204703_9423115.jpg
a0204703_9423894.jpg
a0204703_9424448.jpg
a0204703_9425032.jpg
a0204703_9425698.jpg
a0204703_94326.jpg
a0204703_94384.jpg
a0204703_943151.jpg
a0204703_9432619.jpg
a0204703_9433713.jpg
a0204703_9434371.jpg
a0204703_9434913.jpg
a0204703_9435524.jpg
a0204703_944024.jpg
a0204703_944697.jpg
a0204703_9441243.jpg
a0204703_9442067.jpg
a0204703_9442614.jpg

苔むした庭に桜の花びらが積もって、なかなかいい景色をみせてくれます。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-04-28 07:00 | 城山町~山下町

黎明館界隈3/3

黎明館の裏手にある茶室の前には、田の神さあ~(様の意味)。
a0204703_125397.jpg
a0204703_1251264.jpg
a0204703_1252562.jpg
a0204703_1253714.jpg
a0204703_1254712.jpg
a0204703_1255712.jpg
a0204703_126786.jpg
a0204703_1261974.jpg
a0204703_1262949.jpg
a0204703_1265334.jpg
a0204703_127477.jpg
a0204703_1272527.jpg

田の神さあは、旧薩摩藩領(鹿児島県本土および宮崎県南部)独特の文化。
田んぼを守り、米作りの豊作をもたらす農耕神です。
甑簀(こしきす・シキ)を頭にかぶってシャモジや飯盛碗・すりこ木などを持った姿に、ユーモラスな表情。

黎明館茶室
a0204703_12284538.jpg
a0204703_12285430.jpg
a0204703_1229295.jpg
a0204703_12291118.jpg

予約をすると、茶室は使用できます。
度々茶会に利用されているようです。

古民家
a0204703_1232249.jpg

茅葺屋根の古民家。
霧島市横川町に建っていた古民家を移設。
台所の土間、薪をくべる竈、水瓶、ビンダレなど、珍しい道具たち。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-03-15 07:00 | 城山町~山下町

黎明館界隈2/3

今回は、黎明館茶室の周りで見かけた椿、白花蒲公英、緋寒桜の3つ。

椿
ツバキ科 カメリア属
日本原産
a0204703_10122274.jpg
a0204703_10123146.jpg
a0204703_10124070.jpg
a0204703_10124949.jpg
a0204703_10125758.jpg
a0204703_10131012.jpg

先日、鴨池新町で出会った椿と似ています。
中型の花。
茶席の花にも、使えそうな。

白花蒲公英
キク科 タンポポ属
関東~九州に野生する在来種
a0204703_1023551.jpg
a0204703_10231271.jpg
a0204703_10231991.jpg
a0204703_10233138.jpg
a0204703_1023404.jpg

花びらが白い蒲公英。
蕊が黄色いので、中心部は黄色く見えます。

緋寒桜
バラ科 サクラ属
沖縄、中国南部、台湾原産
a0204703_1031252.jpg
a0204703_10311156.jpg
a0204703_10312434.jpg
a0204703_10313245.jpg
a0204703_10314111.jpg

花期もそろそろ終わり。
だいぶ散り始めています。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-03-14 07:00 | 城山町~山下町

黎明館界隈1/3

つれあいの用事で、県図書にでかけました。
小一時間ありそうなので、黎明館界隈を散策。

七高濠
a0204703_11242232.jpg
a0204703_11244660.jpg
a0204703_11245563.jpg
a0204703_1125741.jpg

島津藩の城跡。
もともと天守閣は無く、濠だけが残っています。
七高濠は、城跡に旧制第七高等学校があったための呼び名。
鹿児島県歴史資料センター黎明館が建っています。
蓮の花の時期は、質素な濠も賑わいます。

栴檀
センダン科 センダン属
アジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生
a0204703_11433241.jpg
a0204703_11435897.jpg
a0204703_11435019.jpg
a0204703_1144683.jpg
a0204703_11441562.jpg
a0204703_11442758.jpg
a0204703_11444167.jpg

5月頃、うす紫のちいさな花をたくさん咲かせます。
冬場は葉っぱを落とし、黄色の実だけが残ります。

ヒイラギ南天
メギ科 ナンテン属
中国・台湾原産
a0204703_11495856.jpg
a0204703_1150672.jpg
a0204703_11501456.jpg

葉っぱはヒイラギ、実は南天。
別名が、トウナンテン(唐南天)。

黎明館茶室界隈で見かけた苔
a0204703_11525565.jpg
a0204703_1153337.jpg
a0204703_11531146.jpg

黎明館の裏手の柵の向こうは、城山の遊歩道が通っています。
岩崎谷から照国神社への近道。
少し緩やかな斜面いっぱいに、緑の苔が広がっていました。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-03-13 07:00 | 城山町~山下町

城山町3/3

今回は、サルビア、モミジ、夏蔦の3つ。
七高濠から照国神社の境内、鹿児島市立美術館、市役所前のみなと大通り公園を散策。

サルビア
シソ科 サルビア属
ブラジル原産
a0204703_9371636.jpg

a0204703_9371554.jpg

真っ赤なサルビア・スプレンデンスです。
一番ポピュラーなサルビア。

モミジ
カエデ科 カエデ属
日本、朝鮮半島、中国、台湾に分布
a0204703_9371720.jpg

a0204703_9371787.jpg

a0204703_9372725.jpg

a0204703_9372779.jpg

a0204703_9372813.jpg

a0204703_9372861.jpg

a0204703_9373914.jpg

いろは紅葉も、やっと染まってきたようです。
照国神社は第11 代藩主 島津斉彬を祀る神社です。
市街地にある神社でもっとも大きく、初詣で賑わいます。

照国神社の背後には城山
a0204703_9373956.jpg

a0204703_937409.jpg

a0204703_9374050.jpg

紅葉・黄葉がチラホラ望めます。
城山は、標高107メートルの小高い山。
クスの大木、シダ・サンゴ樹など600種以上の亜熱帯植物が自生する自然があります。
西南戦争の最後の激戦地。
展望台からの眺めは格別で、桜島をはじめ錦江湾・鹿児島市街地を一望できます。

じめさあ
a0204703_937533.jpg

a0204703_9375399.jpg

持明院様については、案内板をお読みください。
西郷さんの銅像は上野にもありますが、鹿児島の西郷さんは軍服姿。
銅像のある場所は、鹿児島市立美術館の敷地と接しています。
じめさあは、銅像の反対側にあります。
10月5日が命日で、毎年この日におしろいや口紅などをぬってお参りされます。
命日から2ヶ月ほど、少し化粧も薄くなってきたようです。

夏蔦
ブドウ科 ツタ属
日本、朝鮮半島、中国原産
a0204703_9375488.jpg

a0204703_9375436.jpg

別名が、アマヅラ、ナツヅタ、モミジヅタ。
紅葉のきれいな蔦。

みなと大通り公園
a0204703_10331343.jpg
a0204703_10331963.jpg
a0204703_10332474.jpg

みなと大通り公園は、鹿児島市役所の正面から東に延びるとおりです。
12月になって、ことしも64本の欅にイルミネーションが灯りはじめました。
昼間なので残念ながら照明はありません。
代わりといってはなんですが、広場の噴水でも。(笑い)
夏場は、子ども等がぐしょ濡れで遊んでいます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-08 06:22 | 城山町~山下町

城山町2/3

今回は、栴檀、クロガネモチ、楷の木、ナンキンハゼ、山茶花の5つ。
島津藩鶴丸城跡で旧制七高跡地でもある黎明館の周囲です。

栴檀
センダン科 センダン属
日本、中国、西アジア原産
a0204703_9533553.jpg

a0204703_9533546.jpg

葉っぱが落ちて、そろそろ実だけになってきました。
実はもう少し黄色く色づきます。
落ちる実もでてきましたが、冬空に枝の先に残る黄色の実、なかなか味わいのある景色です。

クロガネモチ
モチノキ科 モチノキ属
関東以西~沖縄、アジア南東部に分布
a0204703_9533673.jpg

a0204703_9533754.jpg

雌雄異株で、雌株に赤い実がなります。
庭木や街路樹に一時期よく使われましたが、成長が早いのでちょっと厄介です。
赤い実がつくと、野鳥がたくさん集まってきます。
以前雄株を植えていましたが、真っ白な花で香りも強く、蜂や虻などが集まり賑やかでした。

楷の木
ウルシ科 ピスタシア属
中国原産
a0204703_95484.jpg

a0204703_954916.jpg

別名が、孔子木(牧野富太郎命名)、学問の木。
和名が、ナンバンハゼノキ、トネリバハゼノキ。
紅葉の美しい木です。

ナンキンハゼ
トウダイグサ科 シラキ属
中国原産
a0204703_954936.jpg

a0204703_9541011.jpg

別名が、トウハゼ、カンテラギ。
白い実が特徴。
紅葉もきれいですね。

七高濠
a0204703_954272.jpg

a0204703_9542895.jpg

a0204703_9542884.jpg

a0204703_9542996.jpg

a0204703_9544497.jpg

a0204703_9544565.jpg

a0204703_9544567.jpg

鶴丸城の濠跡。
城といっても、天守閣はもともとありません。
西南の役の戦場にもなって、石塀には鉄砲の弾跡も残っています。

山茶花
ツバキ科 ツバキ属
日本原産
a0204703_9544679.jpg

a0204703_1053526.jpg
a0204703_10531176.jpg
a0204703_10531789.jpg

別名が、岩花火、姫椿、藪山茶花。
冬を代表する花。
花の下を、花びらが埋め尽くしています。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-07 06:22 | 城山町~山下町

城山町1/3

先週、友人のグループ6名の写真展(市民ギャラリー)と、講師と写友会メンバーとの写真展(市立美術館)に出かけました。
どちらも力作揃い、楽しませていただきました。
作品展に出かけると、刺激を受けていいですね。
ついでに、県立図書館、黎明館、照国神社境内を歩いてみました。
県立図書館周辺の銀杏の黄葉、ちょうど見頃を迎えていました。

銀杏
イチョウ科 イチョウ属
中国原産
a0204703_913428.jpg

a0204703_9134347.jpg

a0204703_9134365.jpg

a0204703_9134448.jpg

a0204703_913555.jpg

a0204703_913564.jpg

a0204703_9135631.jpg

a0204703_9144818.jpg

a0204703_915412.jpg

a0204703_915513.jpg

a0204703_915519.jpg

a0204703_915621.jpg

a0204703_915267.jpg

a0204703_9152612.jpg

a0204703_915278.jpg

a0204703_915271.jpg

a0204703_940218.jpg

幹の直径が70~90cmはありますか、かなり大きな銀杏。
実の臭いが厄介なためか、すべてオス木が植えられています。
この一週間でだいぶ黄葉がすすみましたが、まだ青々とした銀杏も見られます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-06 06:12 | 城山町~山下町