カテゴリ:西別府町~五ヶ別府町( 12 )

西別府町~五ヶ別府町の花々2/5

今回は、野葡萄、アレチハナガサ、カンナ、アカトンボ、合歓の5つ。

昨夜からの雨で、やや涼しい朝になりました。
今日の最高気温予測が23度とか。
清々しい一日となりそうです。

野葡萄
ブドウ科 ノブドウ属
東アジア一帯に分布
a0204703_7362574.jpg

a0204703_736262.jpg

a0204703_7362640.jpg

a0204703_7362744.jpg

コバルトブルーの実、なかなかきれいです。
切花にすると、実は色あせてしまいます。
山葡萄の実は食べられますが、野葡萄は食べられません。

アレチハナガサ
クマツヅラ科 クマツヅラ属
南アメリカ原産の帰化植物
a0204703_7373638.jpg

a0204703_7373637.jpg

a0204703_7373740.jpg

a0204703_7374926.jpg

a0204703_7374986.jpg

花径が2~3mm、薄紫の花。
荒地、河原、道端などでよく見かける。
[追伸]
後の2枚は、キツネノゴマでした。
キツネノマゴ科 キツネノマゴ属。
ひーちゃん、ありがとう。
アレチハナガサとキツネノゴマ、花のつき方と草丈がまったく違いましたね。

カンナ
カンナ科 カンナ属
熱帯・亜熱帯アメリカ原産
a0204703_7375015.jpg

a0204703_738388.jpg

a0204703_738472.jpg

a0204703_738471.jpg

別名が、花カンナ、ダンドク、カンナ・リリー。
花色が、赤、白、ピンク、黄、薄黄、橙、黄と赤の斑模様など。

アカトンボ
a0204703_7383070.jpg

a0204703_7383173.jpg

葛の花に停まっていました。
稲の上は、トンボでいっぱい。

合歓
マメ科 ネムノキ属
日本、朝鮮半島、中国原産
a0204703_7383161.jpg

a0204703_8555986.jpg
a0204703_856815.jpg

別名が、ネブ、ネブノキ、合歓木、眠りの木。
ひとつの花に見えるのは、小さな花が10~20個集まったもの。
長い雄しべがきれいですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-26 06:35 | 西別府町~五ヶ別府町

西別府町~五ヶ別府町の花々1/5

今回は、彼岸花と鍾馗水仙、露草、ゲンノショウコの4つ。

西別府町~五ヶ別府町、場所は星ヶ峯団地の西側一帯。
狭い谷間に広がる田園地帯。
高台に上ると住宅と畑が広がっています。
今回は西別府町の茂頭(モズ)地区。

彼岸花と鍾馗水仙
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
日本、台湾、中国原産
a0204703_8194359.jpg

a0204703_8194348.jpg

a0204703_8194457.jpg

a0204703_8194456.jpg

a0204703_820511.jpg

a0204703_820665.jpg

a0204703_820628.jpg

a0204703_820717.jpg

a0204703_8202412.jpg

a0204703_8202516.jpg

真っ赤な曼珠沙華が、畦に一列にならんでいました。
白花曼珠沙華と鍾馗水仙は、近くの住宅の周囲。
今が盛りです。

露草
ツユクサ科 ツユクサ属
東アジア原産
a0204703_8202577.jpg

a0204703_8202681.jpg

別名が、青花(アオバナ)。
一日花、早朝に咲いて夕方には萎んでしまいます。
水色の小花、なかなかきれいです。

ゲンノショウコ
フウロソウ科 フウロソウ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_8205114.jpg

a0204703_8205115.jpg

a0204703_8205298.jpg

a0204703_8205297.jpg

a0204703_9244091.jpg

別名が神輿草、種子の弾けた後の実の形が神輿に似ているため。
現の証拠の命名は、薬効から。
白花もありますが、こちらはほとんどが赤花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-25 06:27 | 西別府町~五ヶ別府町