カテゴリ:鴨池新町( 8 )

鴨池新町の花々3/3

今回は、ツツジ、紅花常盤満作、コバノランタナの3つ。

ツツジ
ツツジ科 ツツジ属の総称
北半球温帯に分布
a0204703_9413940.jpg

a0204703_942245.jpg

a0204703_9414029.jpg

a0204703_9414047.jpg

a0204703_9415224.jpg

a0204703_9415326.jpg

a0204703_94263.jpg

a0204703_942717.jpg

a0204703_942723.jpg

a0204703_9421999.jpg

a0204703_949440.jpg
a0204703_9491180.jpg

4月になると、一斉に咲きはじめます。
小さな花の種(ミヤマキリシマ等)では、すでに満開を迎えたものもあります。
中・大型のツツジも、そろそろ花を開き始めました。

紅花常盤満作
マンサク科 トキワマンサク属(ロロペタルム属)
日本、中国、インドに分布
a0204703_1023229.jpg
a0204703_1024140.jpg

咲きはじめは赤が濃いですが、次第にピンクに変わります。
リボン状の花。

コバノランタナ
クマツヅラ科 ランタナ属
南アメリカ原産
a0204703_1071675.jpg
a0204703_1072283.jpg
a0204703_1072751.jpg
a0204703_1073429.jpg

別名が、モンテビデンシス、ランタナ・モンテビデンシス、トレーリング・ランタナ、ウィーピング・ランタナ。
名前のとおりランタナより葉っぱが小さく、花色は変わりません。
冬場は葉っぱや茎が紫に変色しますが、春が来ると緑に戻ります。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-04-07 07:00 | 鴨池新町

鴨池新町の花々2/3

今回は、桜、樒、辛夷、花蘇芳、紅花常盤満作、白花常盤満作の6つ。


バラ科 サクラ属
日本原産
a0204703_9541360.jpg

a0204703_9541341.jpg

a0204703_9541486.jpg

桜も満開を過ぎ、葉桜が増えてきました。
染井吉野が満開、八重桜がポツリポツリと咲きはじめています。


シキミ科 シキミ属
日本、朝鮮半島南部原産
a0204703_95415100.jpg

a0204703_9542688.jpg

a0204703_9542625.jpg

a0204703_9542789.jpg

a0204703_9542726.jpg

a0204703_9544097.jpg

別名が、ハカバナ。
果実は有毒で、お線香の原料とか。
淡黄色のかわいい花を咲かせます。

辛夷
モクレン科 モクレン属
日本、済州島に分布
a0204703_9544187.jpg

a0204703_9544198.jpg

a0204703_954426.jpg

a0204703_955672.jpg

a0204703_955659.jpg

枝先に芳香のある白い花を咲かせます。
高層マンションの陰地にあるため、毎年後れて花開きます。
3階位まで伸びています。

花蘇芳
マメ科 ハナズオウ属
中国、朝鮮半島原産
a0204703_955742.jpg

a0204703_955773.jpg

a0204703_10214186.jpg

別名が、蘇芳花、蘇芳木。
白花は、白花花蘇芳。

紅花常盤満作と白花常盤満作
マンサク科 トキワマンサク属(ロロペタルム属)
日本、中国、インドに分布
a0204703_10233977.jpg
a0204703_10234527.jpg
a0204703_10235261.jpg
a0204703_10235868.jpg

白花常盤満作、広い道路の中央分離帯に植えてありました。
歩道を渡る際に素早く撮影。
2枚目の撮影に入ると、中央分離帯に残されてしまいます。(笑い)
[PR]
by hana_dan6 | 2012-04-06 07:00 | 鴨池新町

鴨池新町の花々1/3

今回は、連翹、ロドレイア・ヘンリー、コナラの3つ。

連翹
モクセイ科 レンギョウ属
中国、朝鮮半島、日本原産
a0204703_9294710.jpg

a0204703_9294781.jpg

a0204703_9294734.jpg

a0204703_929481.jpg

a0204703_930992.jpg

黄色の4弁花。
木全体が黄色く染まります。

ロドレイア・ヘンリー'レッドファンネル'
マンサク科 ロドレイア属
中国南部、ミャンマー、ヴェトナム原産
a0204703_930988.jpg

a0204703_9301087.jpg

a0204703_9301083.jpg

a0204703_9302572.jpg

a0204703_9302671.jpg

a0204703_9302673.jpg

a0204703_9302753.jpg

a0204703_9304185.jpg

a0204703_93041100.jpg

別名が、石楠花擬。
花期が長いのですが、そろそろ終わり。

コナラ
ブナ科 コナラ属
日本、朝鮮半島、中国原産
a0204703_9304283.jpg

a0204703_9393772.jpg
a0204703_9394658.jpg
a0204703_9395221.jpg

別名が、ナラ、ハハソ、ホウソ。
雄花のようです。
雌花は、小さくて目立ちません。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-04-05 07:00 | 鴨池新町

鴨池新町の花々2/2

今回は、木瓜、辛夷、白木蓮、椿、沈丁花の5つ。

木瓜
バラ科 ボケ属
中国原産
a0204703_84153.jpg

a0204703_8411122.jpg

a0204703_8411750.jpg

a0204703_8412556.jpg

a0204703_8413113.jpg

a0204703_8414181.jpg

a0204703_8425798.jpg

花色は、赤、白、ピンクなど。
陽気につられて、花が一斉に咲きはじめました。
温かい雨の中。

辛夷
モクレン科 モクレン属
日本全国および済州島に分布
a0204703_8513150.jpg
a0204703_8514432.jpg
a0204703_8515378.jpg

別名が、田打ち桜。
すでに花期が過ぎたようです。

白木蓮
モクレン科 モクレン属
中国原産
a0204703_856893.jpg
a0204703_856194.jpg
a0204703_8562784.jpg
a0204703_8563613.jpg
a0204703_8564726.jpg

別名が、マグノリア、白蓮。
白く清楚な花。

椿
ツバキ科 カメリア属
日本原産
a0204703_9171056.jpg
a0204703_9171929.jpg
a0204703_9173826.jpg

今、どこも椿が満開です。
中型の花。

沈丁花
ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
中国南部原産
a0204703_9213138.jpg
a0204703_921505.jpg
a0204703_922232.jpg

満開。
雨の日だったので、香りも強くありません。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-03-11 07:00 | 鴨池新町

鴨池新町の花々1/2

今回は、緋寒桜、水仙の2つ。

緋寒桜
バラ科 サクラ属
沖縄、中国南部、台湾原産
a0204703_958714.jpg
a0204703_9581947.jpg
a0204703_9582743.jpg
a0204703_9583850.jpg
a0204703_9584767.jpg
a0204703_9585653.jpg
a0204703_959475.jpg
a0204703_9591170.jpg
a0204703_9592075.jpg
a0204703_959271.jpg
a0204703_9593619.jpg
a0204703_9594440.jpg
a0204703_959591.jpg
a0204703_1002551.jpg
a0204703_1003467.jpg
a0204703_1004163.jpg
a0204703_1004935.jpg
a0204703_1005794.jpg

鴨池新町の緋寒桜も咲いてる頃。
雨の中、出かけてみました。
高層マンションの敷地の西側の一角に、4本あります。
花期もそろそろ終わり。
だいぶ散り始めています。

水仙
ヒガンバナ科 スイセン属(ナルシサス属)
地中海沿岸原産
a0204703_1085927.jpg
a0204703_108471.jpg
a0204703_1084176.jpg

別名が、雪中花。
副冠まで白ですが、蕊が黄。
ペーパーホワイト。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-03-10 07:00 | 鴨池新町

鴨池新町の花々3/3

今回は、高砂百合、花蘇芳の実、珊瑚樹の実、ネズミモチの実、ヒノキバヤドリギ、蝉の殻と蝉の穴。
実ものが多くなりました。

高砂百合
ユリ科 ユリ属
台湾原産
a0204703_925039.jpg

手前は駐車場、フェンスの網からのぞいています。
テッポウユリに似てますが、葉っぱも花も細め。
花の外側が薄く紫褐色を帯びている。
ユリ独特の甘い香りがありません。

花蘇芳の実
マメ科 ハナズオウ属
朝鮮半島、中国原産
a0204703_925130.jpg

a0204703_925128.jpg

別名が、蘇芳花、蘇芳木、チャイニーズ・レッドバッド、ユダ・ツリー。
花色は、ピンク、白。
サヤが茶色に色づいてきました。

珊瑚樹の実
スイカズラ科 ガマズミ属
日本、中国原産
a0204703_925263.jpg

a0204703_925237.jpg

a0204703_925328.jpg

別名が、藪珊瑚、ヤマジサ。
初夏に真っ白の花、秋には真っ赤な実。
だいぶ色づいてきました。

ネズミモチの実
モクセイ科 イボタノキ属
関東以西~台湾原産
a0204703_925339.jpg

a0204703_925418.jpg

別名が、タマツバキ、テラツバキ。
初夏に真っ白な花が咲きます。
実は今は緑ですが、黒い紫色に熟します。
中国原産のトウネズミモチは、大型の木で姿や形はそっくりですが10m位に生長します。
名前の由来は、実がネズミの糞に似てることから。
実は強心、利尿、緩下、強壮、強精薬としての薬効があるようです。

ヒノキバヤドリギ(檜葉寄生木)
ヤドリギ科 ヒノキバヤドリギ属
関東以西、四国、九州に分布
a0204703_925442.jpg

a0204703_925533.jpg

a0204703_925519.jpg

節が多くヒノキの葉っぱに似ている。
ツバキ科やモクレン科の木に寄生することが多い。
ネズミモチの木から水分と無機塩類をもらい、自分で光合成している半寄生。
枝にしっかり張り付いています。

蝉の殻と蝉の穴
a0204703_925618.jpg

a0204703_925678.jpg

a0204703_925781.jpg

a0204703_925780.jpg

ネズミモチの葉っぱに、蝉の抜け殻がしがみついていました。
あちらにもこちらにも、クマゼミの殻かな。
足元を見ると蝉の穴。
あちらにもこちらにも、ボコボコと。
結構大きくて深いですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-29 06:59 | 鴨池新町

鴨池新町の花々2/3

今回は、木瓜の実、蘇鉄の雌花、マテバシイ、アベリア、ポリガラ・ミルティフォリアの5つ。

木瓜の実
バラ科 ボケ属
中国原産
a0204703_9162690.jpg

a0204703_9162621.jpg

a0204703_9162651.jpg

a0204703_9162728.jpg

今年も木瓜の実が大きく膨らんできました。
木瓜と草木瓜、木瓜の方が実が大きく棘も少なく2m位まで生長します。
実は同じバラ科の小型の林檎大。
花梨のかおり、甘酸っぱい味とか。
ジャムや木瓜酒にできるようですが、一度ジャムを作ってみたいと思っています。
花梨酒は一度試してみましたが苦手、さてどうなりますか。
花梨酒づくりで包丁の刃をボロボロにしてしまいましたが、木瓜の実も硬いようです。

蘇鉄の雌花
ソテツ科 ソテツ属
日本、中国原産
a0204703_9162721.jpg

別名が、テッショウ(鉄蕉)、ホウビショウ( 鳳尾蕉)。
雌雄異株で雌株、真っ赤な蘇鉄の実がたくさんできます。
雄株は背高の雄花を咲かせ、花粉を遠くまで飛ばします。
葉っぱが広がると、1.5~2.0m。
広い庭園には似合いますが、狭い空間では通るたびにチクチクします。
奄美諸島に多く、奄美大島の北部にある「あやまる岬」に広大な自生地があります。
1000年程の蘇鉄もあり、長寿の木でもあります。

マテバシイ
ブナ科 マテバシイ属
九州南部から南西諸島に自生する日本固有種
a0204703_9162823.jpg

a0204703_9162822.jpg

a0204703_9162924.jpg

別名が、サツマジイ、マタジイ。
所謂、どんぐり。
葉量が多く群落を形成するため、下草が生えにくい。
薄い黄色の穂状の花が、初夏にたくさん咲きます。
過去に食用や炭焼の材料として、全国に植栽されています。
幹の皮の模様、木炭で見かけることがあります。

アベリア
スイカズラ科 ツクバネウツギ属
中国産のアベリア・シネンシスとアベリア・ユニフロラの交配種
a0204703_9162930.jpg

a0204703_9163025.jpg

a0204703_9163031.jpg

a0204703_9163126.jpg

a0204703_9163126.jpg

別名が、花園衝羽根空木。
交配種なので種類も多い。
低い垣根によく使われますが、徒長枝が飛び出すので刈り込みが忙しい。
花色は、白、ピンク。
6~12月まで、長い間咲き続けます。

ポリガラ・ミルティフォリア
ヒメハギ科 ポリガラ属
南アフリカ原産
a0204703_916329.jpg

a0204703_916328.jpg

a0204703_9163310.jpg

a0204703_1119265.jpg

直立した細い枝は、この木で2mオーバー。
ほぼ年間咲き続けますが、春が花は多いようです。
花色は、むらさき。
マメ科の花に似ていますが、竜骨弁の先端が白っぽく髭状になっています。
なかなか魅力的な花です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-28 08:27 | 鴨池新町

鴨池新町の花々1/3

今回は、槿、ブーゲンビリア、ハイビスカス、百日紅、山茶花の実の5つ。

槿
アオイ科 フヨウ属
中国原産
a0204703_772793.jpg

a0204703_772320.jpg

a0204703_772320.jpg

a0204703_772743.jpg

別名が、ハチス、キハチス、無窮花(韓国名)。
一重、半八重、八重、いろいろ。
韓国の国花とか。

ブーゲンビリア
オシロイバナ科 ブーゲンビリア属
中南米原産
a0204703_772331.jpg

a0204703_77243.jpg

別名が、ブーゲンビレア。
苞の色は、紫、赤、ピンク、白。
花びらはなくて花は萼だけ、オシロイバナも同じです。

ハイビスカス
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
ハワイ諸島、マスカレン諸島(インド洋)原産
a0204703_772865.jpg

a0204703_772889.jpg

a0204703_772592.jpg

a0204703_772633.jpg

1・2枚目はコーラル系のハイビスカス、下向きに花が咲きます。
色も形もいろいろ。
夏のイメージの花ですが、初冬まで咲き続けます。

百日紅
ミソハギ科 サルスベリ属
中国南部原産
a0204703_773095.jpg

a0204703_773094.jpg

a0204703_772734.jpg

a0204703_772869.jpg

約100日間咲くので百日紅。
花色は、ピンクの濃淡、白、紅白。
紅白の花は夏祭り、ちょっと小型の百日紅。

山茶花の実
ツバキ科 ツバキ(カメリア)属
日本原産
a0204703_773218.jpg

a0204703_773370.jpg

この山茶花、冬場にピンクの大きな花をつけます。
長い方の径が、7cmほど。
赤く色づいてきました。

一昨日、電器屋さんをのぞいてみました。
デジイチを横目で見ながら三脚コーナーへ。
ビデオにも使える安定感のある三脚を求めました。
三段でちょっとカサバリますが、アルミ製で手頃な価格。
雲台が90度回転するので立て位置も可。
手軽に動画が楽しめそうです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-27 08:03 | 鴨池新町