カテゴリ:北薩( 3 )

いちき串木野市にて1/2

友人2人と大雨の中、日置市からいちき串木野市へ。
日置市で温泉と昼食を楽しんだ頃に雨もあがったので、さて、桜の過ぎた観音ヶ池へ。
a0204703_10173039.jpg
a0204703_10173861.jpg
a0204703_10174717.jpg
a0204703_10175576.jpg
a0204703_1018273.jpg
a0204703_10181174.jpg
a0204703_10182135.jpg
a0204703_10183172.jpg
a0204703_1018564.jpg
a0204703_1019513.jpg
a0204703_10191232.jpg

4/11、染井吉野は葉桜でしたが、八重桜の方は見頃。
観音ヶ池は桜の名所、例年大勢の人出で賑わうようです。
池の周囲は、遊歩道があります。

ここまで来たついでに、ちょっと足を伸ばして冠嶽まで。
徐福像
a0204703_8282644.jpg

a0204703_933957.jpg

a0204703_933919.jpg

a0204703_934071.jpg

a0204703_934045.jpg

a0204703_94097.jpg

展望公園にある日本一大きな徐福像。
祖国のある西の方角に向かって立っています。
少し左に頭を傾けた徐福の後姿、なかなかいいですね。
徐福伝説は中国・日本・韓国に散在。
全国にも幾多ありますが、鹿児島県では3箇所。
いちき串木野市、坊津、屋久島・種子島。
徐福は今から二千二百年ほど前にいたとされる人物。
秦の始皇帝に仕え、その命により東方海上の三神山にあるという不老不死の霊薬を求めて三千人の童男童女を引き連れ日本に渡ったとされています。

展望公園から冠嶽神社に下る途中で見つけたシャガの群生
a0204703_9562925.jpg
a0204703_9563689.jpg
a0204703_9564153.jpg
a0204703_9564956.jpg
a0204703_957083.jpg

あたり一面に広がるシャガの花。

冠嶽神社と花川周辺
a0204703_102215.jpg
a0204703_102953.jpg
a0204703_1021553.jpg
a0204703_1023354.jpg
a0204703_1024227.jpg
a0204703_1025084.jpg
a0204703_1025741.jpg

花川の下流方向に見える中国風の建物は、望嶽亭(ボウガクテイ)。

次回は、冠嶽園。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-04-29 07:00 | 北薩

北薩路2/2

今回は、出水市武家屋敷。
城はなく、薩摩藩士の住宅兼陣地として建てられた中世山城群。
麓地区の丘陵地帯にあります。
出水は、肥後(熊本県)と薩摩の国境の町として、藩の防衛上重要な拠点。
面積約44ha、薩摩藩の外城としては最大。
a0204703_7545959.jpg

a0204703_755056.jpg

a0204703_755055.jpg

a0204703_755159.jpg

a0204703_755753.jpg

a0204703_755838.jpg

a0204703_7551644.jpg

a0204703_7551668.jpg

a0204703_7551771.jpg

a0204703_7551770.jpg

a0204703_7552841.jpg

a0204703_7552840.jpg

a0204703_7552943.jpg

a0204703_7552929.jpg

a0204703_7582775.jpg
a0204703_758405.jpg
a0204703_7585119.jpg
a0204703_7591100.jpg
a0204703_7591425.jpg
a0204703_759244.jpg
a0204703_7593260.jpg
a0204703_7594040.jpg
a0204703_7594986.jpg
a0204703_80019.jpg
a0204703_80942.jpg

武家門と丸石の質素な石垣、時を越えて今も住宅として使われています。
竹添邸・税所邸の2箇所が一般公開、竹宮邸は庭園のみ公開。
竹添邸・税所邸の2箇所は、保存会の方による武家屋敷の歴史・屋内や庭の説明等があります。
竹添邸の武家門にある看板、NHK大河ドラマ『篤姫』のロケ地。
甲冑、今も祭りで使用されているようです。
出水は武道も盛んで、薩摩日置流(サツマヘキリュウ)による出水腰矢が有名です。
日置流射法は実戦型で、斜め打ち起こしの速射法。
二列交互に前に進み、矢を放ちます。
迫力ありますね。
竈、石造りの手水鉢、五右衛門風呂、釣べ井戸、懐かしいですね。(笑)
御仮屋跡地は、現在出水小学校となっています。
御仮屋門が保存されていますが、ひときわ大きく優美な門です。

出水市のホームページに出水麓武家屋敷群マップがありましたので掲載。
a0204703_914569.gif

無料駐車場もたくさんありますので、気軽に散策できます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-14 07:00 | 北薩

北薩路1/2

今週はじめ、所用で出水市に出かけました。
東シナ海を大型のゆっくりした台風が過ぎた後で、まだ風の残る日。

国道3号線を北上して、阿久根市大川海岸。
半島の左に見えるのが、阿久根大島。
周囲4kmの小さな無人島。
日本の海水浴場100選・日本の名松100選に選ばれた自然があり、野生のニホンジカでいっぱい。
海水浴、森林浴、キャンプ、魚釣りなどが楽しめます。
若い頃(笑)キャンプ・水泳と楽しんだことがありますが、大自然を満喫。
飯ごうを松の枯れ枝を集めて炊いたご飯とカレー、なかなか美味しかったです。
a0204703_6333240.jpg

a0204703_6333368.jpg

a0204703_6333367.jpg

a0204703_6333470.jpg

a0204703_6334486.jpg

水面から10m位の展望所、砕けた波しぶきが飛んできます。
台風が過ぎた後の西風が、海岸に押し寄せていました。
九州新幹線は内陸部を通ってトンネル地帯ですが、在来線の肥薩おれんじ鉄道はこの海岸線を通ります。
景勝スボット、海に沈む夕陽が素敵です。

義父を誘って3人でのドライブ、ちょうどお昼時間になりました。
a0204703_6334590.jpg

a0204703_6334589.jpg

a0204703_6334692.jpg

a0204703_6335762.jpg

a0204703_6335748.jpg

a0204703_6335864.jpg

阿久根は、ぼんたん(文旦)の産地。
文旦は直径25cmほどの大きな晩柑、なかなか美味しいミカンです。
また、阿久根漁港があって、新鮮な魚のあがるところ。
漁協直営のぶえんかん、海鮮丼をいただきました。
来月9月は、毎年恒例の伊勢海老まつりが開催されます。
伊勢海老の生き作り、味噌汁、格別です。
きびなご、鰯の水揚げも多く、旬の魚に恵まれます。

出水市で用事を済ませての帰り道、義父の希望で武家屋敷へ。
仕事で度々出水市に出張していましたが、武家屋敷は今回はじめてでした。
a0204703_6335863.jpg

a0204703_634880.jpg

a0204703_634984.jpg

出水は、肥後(現在の熊本県)と薩摩の国境の町。
旧島津藩の北の護りの要。
150戸の武家屋敷群が、現在も昔のまま残っています。
写真の枚数が多いので、次回。

帰路は国道328号線を南へ、紫尾峠越え。
北薩地方の最高峰、紫尾山の麓にある紫尾温泉。
a0204703_634982.jpg

紫尾神社の境内に湧く「神の湯」が源泉で、アルカリ濃度が高く肌にしっとりなじむ名泉。
湯上りの肌はスベスベ。
区湯を囲むように数軒の温泉宿があります。
平日なので温泉も貸切状態。
露天風呂もあってなかなか感じのいい温泉です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-13 07:03 | 北薩