カテゴリ:真砂町( 14 )

真砂町の花々3/3

今回は、エクメア・ガモセパラ、紫御殿、トラディスカンティア・シラモンタナ、花麒麟、アベリアの5つ。

エクメア・ガモセパラ
パイナップル科 エクメア属
ブラジル原産
a0204703_1062055.jpg

a0204703_1062048.jpg

a0204703_1062047.jpg

別名が、ガモセパラ、ブルーシャンデリア。
ピンク色の部分は苞と萼、先端にブルーの小さな花。
葉っぱに斑入りの園芸種もあります。

紫御殿
ツユクサ科 ムラサキツユクサ属
メキシコ原産
a0204703_1062155.jpg

a0204703_1063047.jpg

a0204703_1063078.jpg

a0204703_1063180.jpg

a0204703_1063148.jpg

別名が、パープルハート、セトクレアセア。
葉っぱも茎も、紫づくめ。

トラディスカンティア・シラモンタナ
ツユクサ科 ムラサキツユクサ属
メキシコ原産
a0204703_1065216.jpg

a0204703_1065349.jpg

a0204703_1065311.jpg

別名が、白雪姫、ホワイトベルベット。
乾燥ぎみに育てると白毛が密生、水を与え過ぎると白毛が少なくて葉が大きくなる。
あまり手入れしない方が、見た目できれいな花になります。

花麒麟
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
マダガスカル原産
a0204703_1065456.jpg

a0204703_1072163.jpg

a0204703_10285834.jpg

別名が、キスミークイック、ユーホルビア・ミリー。
花色は、赤、ピンク、橙、白、黄。
茎の棘、鋭く尖っています。

アベリア
スイカズラ科 ツクバネウツギ属
中国原産の園芸種
a0204703_10344999.jpg
a0204703_10345581.jpg
a0204703_1035295.jpg

別名が、花園衝羽根空木。
花色は、白とピンク。
ピンクの花は、アベリア・エドワード・ゴーチャー。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-05 06:14 | 真砂町

真砂町の花々2/3

今回は、ムラサキルーシャン、クコ、アブチロン、カンナの4つ。

ムラサキルーシャン
キク科 ケントラタルム属
中南米、西インド諸島原産
a0204703_839279.jpg

a0204703_839293.jpg

a0204703_839396.jpg

a0204703_839394.jpg

別名が、リンゴアザミ。
外側から花びらは開きます。

クコ(枸杞)
ナス科 クコ属
日本、朝鮮半島、中国、台湾に分布
a0204703_8391751.jpg

a0204703_8391855.jpg
a0204703_8542850.jpg

a0204703_8395432.jpg

a0204703_8395512.jpg

食用や薬用に利用。
実は甘くておいしいそうですが。
いい色してますね。

アブチロン
アオイ科 アブチロン属
ブラジル原産
a0204703_839559.jpg

a0204703_8401323.jpg

a0204703_840138.jpg

a0204703_8401411.jpg

a0204703_8403073.jpg

花は、傘タイプと浮釣タイプの2種類。
どうも同じ花とは思えませんね。
浮釣タイプの別名は、チロリアンランプ。

カンナ
カンナ科 カンナ属
インド、マレー諸島原産
a0204703_8403176.jpg

a0204703_8403175.jpg

花びらの幅が狭いので、すっきりしたタイプの花。
赤、朱、黄など鮮やかな色の花が多いですね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-04 06:28 | 真砂町

真砂町の花々1/3

今回は、アメリカフウ、ナツヅタ、数珠珊瑚、ヒマラヤユキノシタ、シャコバサボテンの5つ。
市図書に出かけたついでに、懐かしい真砂町の花々に会いに。

アメリカフウ
マンサク科 フウ属
北米中南部から中米原産
a0204703_9145260.jpg

a0204703_9145229.jpg

a0204703_9145324.jpg

別名が、モミジバフウ(紅葉葉楓)
紅葉が美しい木、実も面白い形。
アメリカフウは葉っぱが5裂で、タイワンフウは3裂。

ナツヅタ
ブドウ科 ツタ属
日本、朝鮮半島、中国原産
a0204703_9151727.jpg

a0204703_9151835.jpg

a0204703_9151866.jpg

別名が、オニヅタ。
新緑も紅葉も美しい。

数珠珊瑚
ヤマゴボウ科 リビナ属(ジュズサンゴ属)
熱帯アメリカ原産
a0204703_9151942.jpg

a0204703_9154199.jpg

a0204703_915427.jpg

a0204703_915426.jpg

a0204703_915432.jpg

花は白、果実は真っ赤。
真冬と春先を除いて、長い間花と実を同時に楽しめます。

ヒマラヤユキノシタ
ユキノシタ科 ベルゲニア属
ヒマラヤ原産
a0204703_916515.jpg

a0204703_916623.jpg

別名が、ベルゲニア。
あまり手間もかからず育てやすい花。
宅向きかな。(笑い)

シャコバサボテン
サボテン科 スクルンベルゲラ属
中南米原産
a0204703_916622.jpg

a0204703_916724.jpg

別名が、クリスマスカクタス、デンマークカクタス。
花色は、赤、白、ピンク。
鉢植えがほとんど、部屋がパッと華やかになります。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-03 06:14 | 真砂町

真砂町の花々4/4

今回は、斑入りアベリア、クリナム・パウエリー、ツルバキア・ビオラケア、小紫式部、ノウゼンカズラ、ローズマリーの6つ。

斑入りアベリア
スイカズラ科 アベリア属(ツクバネウツギ属)
中国原産の園芸種
a0204703_1543967.jpg

a0204703_1543986.jpg

a0204703_1544099.jpg

a0204703_156460.jpg

a0204703_1563825.jpg

外側が白斑入りのアベリア'ホープレイズ'のようです。
純白の花に葉っぱの白斑、なかなか目立つアベリアです。
初夏から12月頃まで楽しめます。

クリナム・パウエリー
ヒガンバナ科 クリヌム属(ハマユウ属、ハマオモト属)
南アフリカ原産の交雑種
a0204703_1564362.jpg

a0204703_1564736.jpg

花の形はアフリカハマユウと似てますね。
花色は、淡いピンク。
花茎の太さや葉っぱの厚さ、見るからに浜木綿の仲間。

ツルバキア・ビオラケア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0204703_1565159.jpg

a0204703_1565457.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
細長い茎先に10数輪の小さな星状の花が咲きます。
茎を千切ると、ニンニクの匂い。

小紫式部
クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_157045.jpg

a0204703_157431.jpg

a0204703_157734.jpg

別名が、小紫、小式部。
黄緑から薄いむらさきに、実が少し熟れてきました。
濃いむらさきもいいですが、淡い色合はこの時期でしか楽しめません。

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
中国原産
a0204703_1571493.jpg

a0204703_1571829.jpg

a0204703_1572221.jpg

つる性で気根を出して樹木やコンクリートのカベなどにへばりついて伸びていきます。
オレンジの大きな花。
アメリカノウゼンカズラは、赤で少し小ぶり。

ローズマリー
シソ科 マンネンロウ属
南ヨーロッパ地中海沿岸原産
a0204703_1573011.jpg

a0204703_15424758.jpg
a0204703_1542549.jpg

別名が、マンネンロウ。
独特の香りのハーブ。
花色はピンク、白、紫など、1cmほどの小さな花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-05 06:35 | 真砂町

真砂町の花々3/4

今回は、ハゼラン、カンナ、サルビア・コクシネア、メランポジューム、マリーゴールド、ルドベキア・トリロバ、エリカの7つ。

ハゼラン
スベリヒユ科 ハゼラン属
熱帯アメリカ原産の帰化植物
a0204703_1354398.jpg

a0204703_1354342.jpg

a0204703_1354444.jpg

a0204703_1354443.jpg

植えた記憶がないのに、いつの間にか咲いてる花。
小さな花ですこしの風にも揺れるので、なかなか撮りにくい花。
別名が、三時花、三時草。
午後三時頃から夕方までに花を開く。
午時花と命名が、似てますね。

カンナ
カンナ科 カンナ属
熱帯・亜熱帯アメリカ原産
a0204703_1355638.jpg

a0204703_1355740.jpg

別名が、花カンナ、ダンドク、カンナ・リリー。
色鮮やかで独特の花を咲かせます。
花色も豊富、赤、白、ピンク、黄、薄黄、橙など。

サルビア・コクシネア
シソ科 サルビア属
中南米原産
a0204703_1355739.jpg

a0204703_1355841.jpg

a0204703_1365925.jpg

別名が、ベニバナサルビア。
花色は、赤、ピンク、白。
赤がスカーレット、レッド、ピンクがコーラルニンフ、白がホワイトニンフ、スノーホワイトなど。

メランポジューム
キク科 メランポジウム属
メキシコ原産
a0204703_1365918.jpg

a0204703_137020.jpg

花期は、5月から冬半ばまで。
ちいさな黄色の花をたくさんつけます。
日当たりが好みで、高温多湿も大丈夫。
こぼれ種でも増えて、手間要らずとか。
我が家向き(?)。

マリーゴールド
キク科 マンジュギク属(タゲテス属、コウオウソウ属)
メキシコ~ニカラグア原産
a0204703_1371955.jpg

a0204703_1371954.jpg

a0204703_1372037.jpg

a0204703_1372037.jpg

a0204703_1372138.jpg

別名が、マンジュギク(万寿菊)、クジャクソウ(孔雀草)、コウオウソウ(紅黄草)。
臭いが強いので、ちょっと苦手な花。
土壌線虫に効果があるようです。

ルドベキア・トリロバ
キク科 オオハンゴンソウ属
北米原産
a0204703_13403939.jpg
a0204703_13404590.jpg

別名が、三つ葉大反魂草)、大三葉反魂草。
初夏から冬まで長期間咲き続ける花。
花径が6~10cm、中型のルドベキア。

エリカ
ツツジ科 エリカ属
西ヨーロッパ原産
a0204703_1350373.jpg
a0204703_13504360.jpg

ジャノメエリカに花は似てますが、蛇の目(黒い点)がない。
エリカ・キレネアか、エリカ・グラキリス(南アフリカ原産)のようです。
花色は、赤、ピンク、白。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-04 06:40 | 真砂町

真砂町の花々2/4

今回は、千日紅、韮、クフェア・ヒッソビフォリア、ヘクソカズラ、朝顔、ユーフォルビア・レウコケファラ、大弁慶草の7つ。

千日紅
ヒユ科 センニチコウ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_10495718.jpg

a0204703_10495780.jpg

a0204703_10495882.jpg

a0204703_10495881.jpg

別名が、千日草。
花色は、赤、白、ピンク。
ドライフラワーとなっても、なかなか色があせない花。


ユリ科 ネギ属
東南アジア原産
a0204703_10495983.jpg

a0204703_10495982.jpg

a0204703_10503044.jpg

a0204703_1051813.jpg

長い花茎のてっぺんに真っ白い小さな6弁花。
風が止まるまで我慢、我慢。
花韮は、イフェイオン属で南アメリカ原産。

クフェア・ヒッソピフォリア
ミソハギ科 クフェア属
メキシコ原産
a0204703_1051287.jpg

a0204703_1051299.jpg

別名が、メキシコハナヤナギ。
花径約 1cmの小さな花。
白花もあります。

ヘクソカズラ
アカネ科 ヘクソカズラ属
東アジア原産
a0204703_1051298.jpg

a0204703_10513010.jpg

a0204703_1051309.jpg

別名が、ヤイトバナ(灸花)、早乙女花。
葉っぱや茎(蔓)を剥ぐと、強烈な臭気。
黄土色の実と蔓は、リースになります。
上町の実家の垣根に絡まって、取っても取ってもなかなか退治できない花。(笑い)

朝顔
ヒルガオ科 サツマイモ属
中国原産
a0204703_1052526.jpg

a0204703_1052594.jpg

原種の朝顔は薄い青色とか、品種改良・交配が進んで多種多様な花があります。
曜白朝顔?
日没から10時間後の朝4時頃咲くそうですが、なかなか開く姿はお目にかかれません。

ユーフォルビア・レウコケファラ
トウダイグサ科 トウダイグサ属
中米原産
a0204703_1052627.jpg

a0204703_11522250.jpg

別名が、白雪姫、スノーホワイト。
か細い小さな白い花がたくさん咲きます。
あまり目立たない花で、添え花として利用されるようです。

大弁慶草
ベンケイソウ科 キリンソウ属(ムラサキベンケイソウ属)
中国、朝鮮半島原産
a0204703_122184.jpg
a0204703_1222423.jpg

ピンクの花が多数。
大きな地下茎で、抜かれて放置されても花を咲かせる丈夫な花。
これが弁慶草の名の由来。

[お知らせ]
今日(9/3)から暫く留守します。
台風12号の影響が気になるところ。
飛行機、飛びますかね。
エキサイトブログ、予約投稿が先月30日からできるようになりました。
留守中も、ブログ・アップが可能。
コメントへの返信が遅れることになりますが、悪しからず。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-03 06:46 | 真砂町

真砂町の花々1/4

今回は、檜扇、金鈴樹、リコリス、唐綿、台湾連翹、ブラキカム、サンタンカ、ツルラン、ツルバキア・ビオラセア、紫の舞の10。

檜扇
アヤメ科 ヒオウギ属
日本、台湾、中国原産
a0204703_8511554.jpg

a0204703_8511643.jpg

別名が、烏扇(からすおうぎ)。
種が真っ黒で艶々なことから。
朱橙の6弁花、なかなかきれいです。

金鈴樹
ノウゼンカズラ科 テコマ属
中南米原産
a0204703_8511641.jpg

a0204703_8511745.jpg

別名が、イエローベル、キバナタコマ、タチノウゼン。
鮮やかな黄の筒状花、花茎の先に鈴なり。
筒の内側に赤い筋模様が入ります。

リコリス
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
南アフリカ原産
a0204703_8511855.jpg

別名が、夏水仙。
ギリシャ神話の海の女神の名をいただいています。
花色は、ピンク、白。

唐綿
ガガイモ科 トウワタ属
熱帯アメリカ(西インド諸島)原産
a0204703_8513019.jpg

a0204703_851306.jpg

色鮮やかな花。
黄色の帽子に赤いスカート。
花の大きさに比べるとビッグなサヤから、真っ白な綿毛を飛ばします。

台湾連翹
クマツヅラ科 タイワンレンギョウ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_851319.jpg

a0204703_8513263.jpg

濃いむらさきに白の縁取りのデュランタ・タカラズカが多いですが、デュランタは園芸種。
淡いむらさきと白があります。
高さ5m前後まで生長します。

ブラキカム
キク科 ブラキカム(ヒメコスモス)属
オーストラリア南部、ニュージーランド原産
a0204703_8514920.jpg

a0204703_8514919.jpg

別名が、ブラキコメ、ヒメコスモス。
春から冬まで長く咲き続けます。
花色は、紫、青、ピンク、白など。

サンタンカ
アカネ科 イクソラ属
東南アジア、中国南部原産
a0204703_8515022.jpg

a0204703_8515162.jpg

a0204703_85151100.jpg

イクソラ・コクシネアの方です。
イクソラ・キネンシスの方は、花びらの先が丸まっていて橙色の花。
緋色が美しい花。

ツルラン(鶴蘭)
ラン科 エビネ属
南九州以南、東南アジア、豪州に分布
a0204703_8521528.jpg

a0204703_8521675.jpg

別名が、夏エビネ。
絶滅危惧II類。
特徴のある花びらで、なかなか美しい花。

ツルバキア・ビオラセア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0204703_10311573.jpg
a0204703_10312554.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
細長い茎先に10数輪の小さな星状の花が咲きます。
茎を千切ると、ニンニクの匂い。

紫の舞
カタバミ科 カタバミ属(オキザリス属)
ブラジル原産
a0204703_10325745.jpg
a0204703_1033333.jpg

別名が、オキザリス・レグネリー'トリアンギュラリス'。
花がピンクで、葉っぱがむらさき。
緑の葉っぱが緑の舞、銀色の模様が銀の舞。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-02 06:43 | 真砂町

真砂町の花々3/3

今回は、紫紺野牡丹、紅葉葵、サルビア・コクシネア、頷き姫芙蓉、高砂百合、夾竹桃の6つ。

紫紺野牡丹
ノボタン科ティボウキナ属(シコンノボタン属)
ブラジル原産
a0204703_710578.jpg

a0204703_710553.jpg

英名が、ブラジリアン・スパイダーフラワー。
花は一日花。
初夏から秋まで楽しめます。

紅葉葵
アオイ科 フヨウ属
北米東部原産
a0204703_710552.jpg

a0204703_710668.jpg

別名が、コウショッキ(紅蜀葵)。
紅色の大きな一重の花。
開ききるので15~20cmにもなります。

サルビア・コクシネア
シソ科 サルビア属
熱帯アメリカ原産
a0204703_710667.jpg

a0204703_710770.jpg

a0204703_710769.jpg

別名が、ベニバナサルビア。
花色は、ピンク、赤、白など。
やはり赤が一番目立ちます。

頷き姫芙蓉
アオイ科 ヒメフヨウ属
メキシコ、コロンビア原産
a0204703_710854.jpg

a0204703_710853.jpg

a0204703_710956.jpg

英名が、スリーピングハイビスカス。
蕾の時期は、上向き。
花が成長すると、花の重みで下向き。
英名のとおり、これ以上開きません。
別名が大輪姫芙蓉、はてな。
姫仏桑華もありますが、花びらの部分が短くて雄しべがちょっと長いようです。

高砂百合
ユリ科 ユリ属
台湾原産
a0204703_710955.jpg

a0204703_7101058.jpg

a0204703_7101057.jpg

テッポウユリに似てますが、葉っぱも花も細め。
花の外側が薄く紫褐色を帯びている。
ユリ独特の甘い香りがありません。
植えるというより、いつの間にかそこに花が。
繁殖力が強く、野生化しています。

夾竹桃
キョウチクトウ科 キョウチクトウ属
インド原産
a0204703_7101161.jpg

a0204703_7101160.jpg

a0204703_7101270.jpg
a0204703_8442765.jpg

公園の街路樹、排気ガスや猛暑にも強い花。
樹高は5mほどになるので低い枝に咲いてる花しか撮れません。
花色は、赤、ピンク、白。
白花の大きな株を見つけましたが、交通渋滞場所で駐車場が近くにないのでなかなか撮れません。
復興の花、広島市の市花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-24 06:57 | 真砂町

真砂町の花々2/3

今回は、アメリカノウゼンカズラ、小海老草、サクララン、シラサギカヤツリ、ツルバキア・ビオラケア、パキスタキス・ルティア、牡丹臭木の7つ。

アメリカノウゼンカズラ(亜米利加凌霄花)
ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
北米原産
a0204703_704117.jpg

花色は、黄橙、赤橙。
ノウゼンカズラの花より、ちょっと小ぶり。
花筒も長いようです。

小海老草
キツネノマゴ科 ジャスティシア属(コエビソウ属)
メキシコ原産
a0204703_704180.jpg

a0204703_704283.jpg

a0204703_704282.jpg

別名が、ベロペロネ、ベロペロネ・グッタタ。
赤褐色や緑の苞の間に真っ白の花。
赤い模様もいいですね。

サクララン
カガイモ科 サクララン属(ホヤ属)
マダカスカル原産
a0204703_704386.jpg

a0204703_704385.jpg

別名が、ホヤ・カルノーサ。
葉っぱに斑入りのフイリサクララン、つる性です。
花色は、この桜色と白。
ある程度吊るが長く伸びないと花は咲きません。
新しい葉っぱも桜色。

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳釣り)
カヤツリグサ科 ミカヅキグサ属
北米南東部原産
a0204703_704469.jpg

a0204703_704468.jpg

a0204703_704572.jpg

別名が、シラサギスゲ(白鷺菅)、シューティーングスター、スターグラス。
細くて長い花茎の先に白い苞を広げるきれいな花。
薄い黄の花は、穂状で目立ちません。
白い苞がきれいですね。

ツルバキア・ビオラケア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0204703_704570.jpg

a0204703_704674.jpg

a0204703_704673.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
細長い茎先に10数輪の小さな星状の花が咲きます。
茎を千切ると、ニンニクの匂い。

パキスタキス・ルティア
キツネノマゴ科パキスタキス属
中南米、西インド諸島原産
a0204703_704776.jpg

a0204703_704775.jpg

a0204703_704810.jpg

a0204703_70489.jpg

別名が、ウコンサンゴ、パキスタキス、パキスタス、ロリポップ・プラント。
上の小海老草もキツネノマゴ科、花の形が似てますね。
黄色い苞から真っ白い花を咲かせます。

牡丹臭木
クマツヅラ科 クサギ属
中国南部、インド北部原産
a0204703_8555575.jpg
a0204703_85642.jpg
a0204703_8561177.jpg
a0204703_8561880.jpg

別名が、ヒマラヤ臭木、ベニバナクサギ(紅花臭木)、玉臭木 。
葉っぱは名前のとおり臭みがありますが、花はいい香り。
金網のところで咲いているので、花は網のあちらとこちら。
網の向こうにきれいな花。
金網をカシャカシャ鳴らしながらの撮影でした。(笑)
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-23 07:06 | 真砂町

真砂町の花々1/3

今回は、ハイビスカス、アンゲロニア、ペンタス、初雪カズラ、初雪草、マツリカの6つ。

義母が鴨池新町の病院に転院したので、前回から真砂地区を散策しています。
このところにわか雨が多いので、蒸し蒸しした陽気が続いています。
鴨池新町、真砂本町、真砂町、現役時職場に近かったのでよく散策した所。
花地図の記憶が残っているので、歩きやすい場所でもあります。
時々出会う人も、顔馴染み。

ハイビスカス
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
ハワイ諸島、マスカレン諸島(インド洋の島々)原産
a0204703_628685.jpg

a0204703_628648.jpg

a0204703_628752.jpg

真夏のイメージの花ですが、春から冬まで咲き続けます。
赤、黄、ピンク、橙、花色も豊富。
ハワイ州の州花。

アンゲロニア
ゴマノハグサ科 アンゲロニア属
中米、西インド諸島原産
a0204703_628751.jpg

a0204703_628835.jpg

a0204703_628834.jpg

a0204703_628938.jpg

花色は、紫、青、桃色、白など。
初夏から秋まで、長い間咲き続けます。
水分さえあれば猛暑でも元気な花。

ペンタス
アカネ科 ペンタス属
熱帯アフリカ原産
a0204703_628937.jpg

a0204703_6281040.jpg

a0204703_6281039.jpg

a0204703_6281117.jpg

別名が、クササンタンカ(草山丹花)。
花色は、赤、ピンク、白など。
この花も初夏から秋まで、長い間咲き続けます。

初雪カズラ
キョウチクトウ科 テイカカズラ属
日本、朝鮮半島原産
a0204703_6281141.jpg

a0204703_6281288.jpg

新芽の色が、ピンクと白の斑入り。
春に稀に2cmぐらいの小さな白い花を咲かせますが、あまり目立ちません。
地面を這ったり壁をよじ登ったり、蔓を伸ばしていきます。

初雪草
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
北米南部原産
a0204703_6281225.jpg

a0204703_6281328.jpg

a0204703_6281364.jpg

別名が、ユーフォルビア・マルギナタ、ユーフォルビア、ゴーストウィード、スノーオンザマウンテン。
白い小さな花を咲かせますが、あまり目立ちません。
初雪カズラと同様、名前と反して初雪を待たずに弱ってしまいます。

マツリカ
モクセイ科 ソケイ属
インド原産、東南アジアにも自生
a0204703_7225727.jpg
a0204703_723419.jpg
a0204703_7231117.jpg
a0204703_7231936.jpg

一重咲き、半八重、八重咲き、いろいろ。
八重のようですが、雨で少し花びらが乱れているようです。
香りも弱くなってるようです。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-22 06:57 | 真砂町