2011年 09月 23日 ( 1 )

ご近所の花々6/7

今回は、唐綿、大毛蓼、ホトトギス、羽毛鶏頭、水引草、セイロンライティアの6つ。

台風一過、昨日から晴れ間が続いています。
風向きが北に変わって、火山灰も来なくなりました。
夏日が途切れて朝が20度ちょっと、秋の到来です。

唐綿
ガガイモ科 トウワタ属
西インド諸島原産
a0204703_835322.jpg

a0204703_8353228.jpg

a0204703_8353226.jpg

黄色の帽子に赤いスカート。
花の大きさに比べるとビッグなサヤから、真っ白な綿毛を飛ばします。
風船唐綿の綿毛は、ボール状のサヤから飛び出します。

大毛蓼
タデ科 イヌタデ属
インド、中国原産
a0204703_835567.jpg

a0204703_8355620.jpg

a0204703_8355724.jpg

別名が、大紅蓼。
名前のとおり、蓼の仲間で一番大きな蓼。
冬の初め頃まで咲き続けます。

ホトトギス
ユリ科 ホトトギス属
東アジア~インド原産
a0204703_836893.jpg

a0204703_836892.jpg

a0204703_836996.jpg

花径3~4cmほどのやや小型の花、台湾系ホトトギスでしょうか。
花びらの表面に斑点が入らない品種「桃源」のようです。
蕾の方はホトトギスらしく、斑点が入っています。

羽毛鶏頭
ヒユ科 ケイトウ属
熱帯アジア、インド原産
a0204703_8362381.jpg

a0204703_8362341.jpg

a0204703_8362465.jpg

別名が、房鶏頭、セロシア、カラアイ。
花色が、赤、黄、オレンジ、ピンク。
草丈が1mほど、1本で房なり。

水引草
タデ科 ミズヒキ属
日本、朝鮮半島、中国、インドシナ、ヒマラヤ原産
a0204703_8365061.jpg

a0204703_8365164.jpg

a0204703_8365126.jpg

白い水引草もありますが、ほとんどが紅白の水引。
白花は、銀水引とも呼ばれます。
細くて小さな花、なかなか撮りにくいですね。

セイロンライティア
キョウチクトウ科 ライティア属
スリランカ原産
a0204703_8365248.jpg

a0204703_9404281.jpg
a0204703_9405072.jpg
a0204703_9405724.jpg

別名が、ライティア。
一見芳香があるように見えますが、無臭。
花の中心の副花冠が魅力です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-23 06:34 | ご近所