2011年 09月 11日 ( 1 )

ご近所の花々2/2

今回は、オーシャンブルー、サルビア・ガラニティカ、ルリマツリ、アンゲロニア、ユーフォルビア・レウコケファラ、アメリカンブルー、初雪草の7つ。

オーシャンブルー
ヒルガオ科 ヒルガオ属
ノアサガオ突然変異亜種
a0204703_8333023.jpg

a0204703_8333151.jpg

a0204703_8333150.jpg

とにかく元気な朝顔で、空家の屋根や潅木を覆ってたくさんの花をつけます。
大輪で咲きはじめは青紫、その後赤紫に赤みを帯びてきます。
宿根性で種ができないので、差し芽でふやします。
種ができるように改良されると、ちょっと怖いものがあります。
名前のとおり、美しいブルーの朝顔。

サルビア・ガラニティカ
シソ科 サルビア属
南米原産
a0204703_8334167.jpg

a0204703_8334283.jpg

別名が、アニスセンテッドセージ、マジェスティックセージ。
濃い青紫の花をたくさんつけます。
黒いガクに紺に近いブルーの花、なかなか調和の取れた花。

ルリマツリ
イソマツ科 ルリマツリ属
南アフリカ原産
a0204703_8334270.jpg

a0204703_834121.jpg

青紫の涼しげな花。
マツリカによく似てますが、香りはありません。
花色は、ほかに白と赤もあります。

アンゲロニア
ゴマノハグサ科 アンゲロニア属
中米、西インド諸島原産
a0204703_834262.jpg

a0204703_834223.jpg

a0204703_834326.jpg

花色は、紫、青、ピンク、白など。
草丈が1m弱、結構大きく育ちます。
暑さに強く、秋まで楽しめます。

ユーフォルビア・レウコケファラ
トウダイグサ科 トウダイグサ属
中米原産
a0204703_8344359.jpg

a0204703_8344371.jpg

別名が、白雪姫、スノーホワイト。
か細い小さな白い花がたくさん咲きます。
あまり目立たない花で、添え花として利用されるようです。

アメリカンブルー
ヒルガオ科 エボルブルス属
北・南アメリカ、東南アジア原産
a0204703_8344443.jpg

a0204703_8344442.jpg

別名が、エボルブルス・ピロサス。
初夏から初冬まで、花期が長く育てやすい花。
真っ白のシベがなかなか可愛い花。

初雪草
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
北アメリカ原産
a0204703_835613.jpg

a0204703_835699.jpg

a0204703_12545826.jpg

英名も、スノー・オン・ザ・マウンテン。
名前に反して非耐寒性1年草。
夏から秋にかけて白い小花を咲かせますが、初雪を待たずに枯れてしまいます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-11 06:51 | ご近所