2011年 08月 25日 ( 1 )

ご近所の花々1/2

今回は、アカバナワタ、柳葉ルイラ草、鳳仙花、山芋、クロリオサ・スペルバ、鹿の子百合、猩々草、下野の8つ。

アカバナワタ
アオイ科 アベルモスクス(トロロアオイ)属
熱帯アジア原産
a0204703_75624.jpg

a0204703_75610.jpg

花径10㎝程度、花丈40㎝くらいの小さなアオイ。
別名が、アベルモスクス。
一日花で、朝咲いて夕方にはしぼみます。

柳葉ルイラ草
キツネノマゴ科 ルイラソウ属
メキシコ原産
a0204703_75714.jpg

a0204703_75713.jpg

別名が、ルエリア・スクアローサ 、コモン・ルエリア。
細い小さなサヤからゴマ粒より小さい種を弾き飛ばします。
ブロック塀、アスファルトのひび割れ部などから芽吹きます。
写真の花は、側溝の中で芽吹いて蓋の間から伸びています。
帰化植物、野生化しています。

鳳仙花
ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
インド、中国南部原産
a0204703_75898.jpg

a0204703_75896.jpg

a0204703_759100.jpg

別名が、ツマクレナイ(爪紅)、ツマベニ(爪紅)、骨抜き。
以前は学校の花壇によく植えてありました。
赤インクを使って導管の観察など、教材としてよく利用されます。

山芋
ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
熱帯、亜熱帯、温帯地域に広く分布
a0204703_75949.jpg

a0204703_751040.jpg

生で食べられるのは、山芋だけ。
ムカゴも食用。
雌株にできる3枚の翼のある果実もユニークです。
自然薯は、ソバのつなぎとしてよく使います。

クロリオサ・スペルバ
ユリ科 グロリオーサ属(ユリグルマ属)
熱帯アフリカ、アジア原産
a0204703_1105643.jpg

a0204703_1105782.jpg

和名が、キツネユリ(狐百合)、ユリグルマ(百合車)。
蔓性、葉っぱの先が蔓になって枝に絡みつく。
赤・黄・緑、鮮やかな花びらは、反り返っています。

鹿の子百合
ユリ科 ユリ属
日本原産
a0204703_110577.jpg

a0204703_1105896.jpg

別名が、土用百合、七夕百合。
紅色の斑点が美しい百合。
東シナ海に浮かぶ甑島には、自生地があります。

猩々草
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
北アメリカ南部、ブラジル原産
a0204703_110581.jpg

a0204703_110593.jpg

別名が、クサショウジョウ(草猩々)、アニュアル・ポインセチア。
まっ赤な苞と緑の葉っぱがいいコントラスト。
花弁の無い沢山の黄色い小花を咲かせます。

下野
バラ科 シモツケ属
日本原産
a0204703_1115794.jpg

a0204703_1115798.jpg

別名が、キシモツケ(木下野)。
花色は、赤・ピンク・白。
開花期は春から初夏にかけてですが、今も咲き続けています。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-25 06:38 | ご近所