2011年 08月 23日 ( 1 )

真砂町の花々2/3

今回は、アメリカノウゼンカズラ、小海老草、サクララン、シラサギカヤツリ、ツルバキア・ビオラケア、パキスタキス・ルティア、牡丹臭木の7つ。

アメリカノウゼンカズラ(亜米利加凌霄花)
ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
北米原産
a0204703_704117.jpg

花色は、黄橙、赤橙。
ノウゼンカズラの花より、ちょっと小ぶり。
花筒も長いようです。

小海老草
キツネノマゴ科 ジャスティシア属(コエビソウ属)
メキシコ原産
a0204703_704180.jpg

a0204703_704283.jpg

a0204703_704282.jpg

別名が、ベロペロネ、ベロペロネ・グッタタ。
赤褐色や緑の苞の間に真っ白の花。
赤い模様もいいですね。

サクララン
カガイモ科 サクララン属(ホヤ属)
マダカスカル原産
a0204703_704386.jpg

a0204703_704385.jpg

別名が、ホヤ・カルノーサ。
葉っぱに斑入りのフイリサクララン、つる性です。
花色は、この桜色と白。
ある程度吊るが長く伸びないと花は咲きません。
新しい葉っぱも桜色。

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳釣り)
カヤツリグサ科 ミカヅキグサ属
北米南東部原産
a0204703_704469.jpg

a0204703_704468.jpg

a0204703_704572.jpg

別名が、シラサギスゲ(白鷺菅)、シューティーングスター、スターグラス。
細くて長い花茎の先に白い苞を広げるきれいな花。
薄い黄の花は、穂状で目立ちません。
白い苞がきれいですね。

ツルバキア・ビオラケア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0204703_704570.jpg

a0204703_704674.jpg

a0204703_704673.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
細長い茎先に10数輪の小さな星状の花が咲きます。
茎を千切ると、ニンニクの匂い。

パキスタキス・ルティア
キツネノマゴ科パキスタキス属
中南米、西インド諸島原産
a0204703_704776.jpg

a0204703_704775.jpg

a0204703_704810.jpg

a0204703_70489.jpg

別名が、ウコンサンゴ、パキスタキス、パキスタス、ロリポップ・プラント。
上の小海老草もキツネノマゴ科、花の形が似てますね。
黄色い苞から真っ白い花を咲かせます。

牡丹臭木
クマツヅラ科 クサギ属
中国南部、インド北部原産
a0204703_8555575.jpg
a0204703_85642.jpg
a0204703_8561177.jpg
a0204703_8561880.jpg

別名が、ヒマラヤ臭木、ベニバナクサギ(紅花臭木)、玉臭木 。
葉っぱは名前のとおり臭みがありますが、花はいい香り。
金網のところで咲いているので、花は網のあちらとこちら。
網の向こうにきれいな花。
金網をカシャカシャ鳴らしながらの撮影でした。(笑)
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-23 07:06 | 真砂町