いちき串木野市にて1/2

友人2人と大雨の中、日置市からいちき串木野市へ。
日置市で温泉と昼食を楽しんだ頃に雨もあがったので、さて、桜の過ぎた観音ヶ池へ。
a0204703_10173039.jpg
a0204703_10173861.jpg
a0204703_10174717.jpg
a0204703_10175576.jpg
a0204703_1018273.jpg
a0204703_10181174.jpg
a0204703_10182135.jpg
a0204703_10183172.jpg
a0204703_1018564.jpg
a0204703_1019513.jpg
a0204703_10191232.jpg

4/11、染井吉野は葉桜でしたが、八重桜の方は見頃。
観音ヶ池は桜の名所、例年大勢の人出で賑わうようです。
池の周囲は、遊歩道があります。

ここまで来たついでに、ちょっと足を伸ばして冠嶽まで。
徐福像
a0204703_8282644.jpg

a0204703_933957.jpg

a0204703_933919.jpg

a0204703_934071.jpg

a0204703_934045.jpg

a0204703_94097.jpg

展望公園にある日本一大きな徐福像。
祖国のある西の方角に向かって立っています。
少し左に頭を傾けた徐福の後姿、なかなかいいですね。
徐福伝説は中国・日本・韓国に散在。
全国にも幾多ありますが、鹿児島県では3箇所。
いちき串木野市、坊津、屋久島・種子島。
徐福は今から二千二百年ほど前にいたとされる人物。
秦の始皇帝に仕え、その命により東方海上の三神山にあるという不老不死の霊薬を求めて三千人の童男童女を引き連れ日本に渡ったとされています。

展望公園から冠嶽神社に下る途中で見つけたシャガの群生
a0204703_9562925.jpg
a0204703_9563689.jpg
a0204703_9564153.jpg
a0204703_9564956.jpg
a0204703_957083.jpg

あたり一面に広がるシャガの花。

冠嶽神社と花川周辺
a0204703_102215.jpg
a0204703_102953.jpg
a0204703_1021553.jpg
a0204703_1023354.jpg
a0204703_1024227.jpg
a0204703_1025084.jpg
a0204703_1025741.jpg

花川の下流方向に見える中国風の建物は、望嶽亭(ボウガクテイ)。

次回は、冠嶽園。
[PR]
by hana_dan6 | 2012-04-29 07:00 | 北薩
<< いちき串木野市にて2/2 桜の季節の終わりに >>