田上町の花々3/3

今回は、葉牡丹、山茶花、黄金狸豆、美男蔓、櫨、山椒、松、グミの8つ。
武・田上公民館で、写真講座の折に撮ったもの。

葉牡丹
アブラナ科 アブラナ属
ヨーロッパ原産
a0204703_9133980.jpg

a0204703_9133922.jpg

別名が、花キャベツ。
正月飾りによく利用されます。
17世紀に渡来とか。
その頃から利用されているのかな。

山茶花
ツバキ科 ツバキ属
日本原産
a0204703_9134023.jpg

冬の花。
だいぶ花数も増えてきたようです。

黄金狸豆
マメ科 タヌキマメ属
熱帯アジア原産の帰化植物
a0204703_9134043.jpg

a0204703_9135137.jpg

a0204703_9135299.jpg

a0204703_9135219.jpg

a0204703_913531.jpg

a0204703_9141488.jpg

a0204703_9153657.jpg

a0204703_9161223.jpg

逆立ちしてるのは、ウラナミシジミ。
狸豆の実、真っ黒で小さな実。
サヤは、枯れて裂け、上の方に包まっていきます。

美男蔓
マツブサ科 サネカズラ属
日本、朝鮮半島、中国、台湾原産
a0204703_9161216.jpg

別名が、サネカズラ。
昔、茎や葉っぱの粘液を整髪に用いたことからこの名が。
花は小さい黄色の花で、あまり目立ちません。


ウルシ科 ヌルデ属
東南アジアから東アジアの温暖な地域に自生
a0204703_9163695.jpg

a0204703_916361.jpg

a0204703_9165428.jpg

a0204703_9165434.jpg

a0204703_1012259.jpg

別名が、櫨の木)、琉球櫨、蝋の木。
櫨は若葉の頃に触れるとかぶれることがありますが、晩秋以降はほぼ大丈夫。
実は、木蝋の原料。

山椒
ミカン科 サンショウ属
日本、朝鮮半島、中国原産
a0204703_1013138.jpg

別名が、ハジカミ。
鋭い棘がある。
生の葉は、吸い物等に使われます。
香ばしくて、いいですね。


マツ科 マツ属
北半球ほぼ全域に分布
a0204703_1029328.jpg
a0204703_1029960.jpg

あまりに見慣れた木が故に、撮る機会があまりありません。
松の新芽を見つけました。

グミ(茱萸)
グミ科 グミ属
ユーラシアから東南アジアにかけて広く分布
a0204703_10392566.jpg
a0204703_10393198.jpg

よく見かけるのが、アキグミ、ナツグミ、ナワシログミ。
アキグミです。
実はやや渋みがありますが、食べられます。
ナツグミやナワシログミは実が長く、アキグミは実がまん丸く小さいので区別がつきやすい。
もっとも、ナツグミの実は6・7月でしたね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-12-02 06:12 | 田上町~西別府町
<< 真砂町の花々1/3 田上町の花々2/3 >>