武町の花々1/3

今回は、大弁慶草、花丁子、ローズマリー、ローゼル・ハイビスカス、風船唐綿、黄花コスモスの6つ。

大弁慶草
ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属
中国、朝鮮半島原産
a0204703_6535440.jpg

a0204703_6535941.jpg

別名が活草(イキグサ)。
多肉質の葉っぱと太い茎、抜かれても1週間ほど元気です。
薄紫の5弁花、なかなかきれいです。

花丁子
ゴマノハグサ科 ハナチョウジ属
メキシコ原産
a0204703_6541290.jpg

a0204703_6541297.jpg

別名が、ラッセリア。
蜜が豊富で美味しい花。

ローズマリー
シソ科 ロスマリヌス属
地中海沿岸原産
a0204703_6542155.jpg

a0204703_6542259.jpg

青紫の小さな花。
別名が、迷迭香(マンネンロウ)。
ちょっと強いですが、香りのいい花。

ローゼル・ハイビスカス
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
アフリカ北西部原産
a0204703_6543395.jpg

a0204703_6543377.jpg

a0204703_654346.jpg

赤実種と白実種がある。
赤実種は、熟した萼と苞を利用してハイビスカス・ティーやローゼル・ジャムに。
白実種は、もっぱら切花に。
花は一日花で、どちらもオクラに似ています。
花はお昼頃には萎むので、実の方が切花に使われます。

風船唐綿
ガガイモ科 フウセントウワタ属
南アフリカ原産
a0204703_6544779.jpg

a0204703_6544839.jpg

a0204703_6544862.jpg

別名が、フウセンダマノキ(風船玉の木) 。
ボール大に膨らんだ実から綿毛のついた種が出てきます。
花より実の方が面白いので、切花に使われているようです。
花は白で下向き、唐綿の花は上向きです。

黄花コスモス
キク科 コスモス属
メキシコ原産
a0204703_654592.jpg

a0204703_6545926.jpg

名前のとおり、黄色のコスモス。
別名が、キバナアキザクラ(黄花秋桜)、イエローコスモス。
花色は黄と橙が多いですが、赤花も時々見かけます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-10-06 05:58 | 武町~田上町
<< 武町の花々2/3 五ヶ別府町の花々 >>