ご近所の花々4/7

今回は、珊瑚花、サルビア・ガラニティカ、小紫式部、ペンタス、クフェア'タイニーマイス'、小海老草、オミナエシ、仙人草の8つ。

しばらく雨が続いています。
小型の台風のお陰げ。
迷走台風15号、再接近時でも風はなく無事通過。
桜島の降灰もだいぶ流してくれたようです。
雨どいや排水シンクに火山灰がいっぱい。
サッシのレールも灰がいっぱいでジャリジャリ。
雨どいの灰除去、高い場所での手作業で結構難儀です。
鹿児島は、厚めの降灰収集袋が市から配布されます。
各家庭で収集した火山灰を、専用の袋に詰めてゴミに出します。
火山灰の量が多いので、専用袋も直ぐに無くなってしまいます。
ビニール袋では、重みで伸びたり破けたりするので二重で使います。
大きな袋は、重みで運べません。
特に濡れた灰は重く、かといって乾燥した灰は、移動するたびに埃が。
桜島の噴火、見るだけならいい景色ですませますがね。
灰混じりの雨もあって、少しボヤキタイ気分です。(笑)

珊瑚花
キツネノマゴ科 キツネノマゴ属(ジャスティシア属)
ブラジル原産
a0204703_8465184.jpg

噴水のような花。
別名が、ジャスティシア・カルネア、フラミンゴプランツ(ピンク)、プルームプランツ。
白花は、ホワイトフォームと呼ばれています。

サルビア・ガラニティカ
シソ科 サルビア属
南米原産
a0204703_8465115.jpg

a0204703_8465280.jpg

別名が、アニスセンテッドセージ、マジェスティックセージ。
濃い青紫の花をたくさんつけます。
黒いガクに紺に近いブルーの花、なかなか調和の取れた花。

小紫式部
クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_847096.jpg

a0204703_847199.jpg

a0204703_847198.jpg

別名が、小紫、小式部。
実は、黄緑から薄いむらさき、濃いむらさきに。
実がだいぶ熟れてきました。

ペンタス
アカネ科 ペンタス属
熱帯アフリカ原産
a0204703_8471633.jpg

a0204703_8471646.jpg

a0204703_8471735.jpg

別名が、クササンタンカ。
花色は、赤、桃色など。
花径約 1cmの5弁花。

クフェア'タイニーマイス'
ミソハギ科 クフェア属
熱帯・亜熱帯アメリカ原産の園芸種
a0204703_8472734.jpg

a0204703_8472869.jpg

a0204703_8472854.jpg

タイニーマイスは、小さな鼠の意味とか。
別名が、タイニーマイス、紅丁子。
紅丁子は、ミソハギ科 タバコソウ属、ナス科 ケストルム属(キチョウジ属)にもあるのでややこしい。

小海老草
キツネノマゴ科 ジャスティシア属(コエビソウ属)
メキシコ原産
a0204703_8474257.jpg

a0204703_8474396.jpg

別名が、ベロペロネ、ベロペロネ・グッタタ。
赤褐色や緑の苞の間に真っ白の花。
赤い模様もいいですね。

オミナエシ(女郎花)
オミナエシ科 オミナエシ属
東アジア原産
a0204703_8474359.jpg

a0204703_8474432.jpg

秋の七草の1つ。
ハギ、キキョウ、ナデシコ、クズ、オミナエシ、フジバカマ、オバナ(ススキ)。
無病息災を願って食べる春の七草とは違い、愛でて楽しむ七草。

仙人草
キンポウゲ科 センニンソウ属
日本、中国原産
a0204703_1001710.jpg
a0204703_1002531.jpg

別名が、馬食わず。(中毒症状や胃腸炎症を引き起こす有毒植物)
真っ白な4枚の顎片が密集して咲くので賑やか。
つる性で、クレマチスにも似てますね。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-21 06:38 | ご近所
<< ご近所の花々5/7 ご近所の花々3/7 >>