郡山町の花々1/2

今回は、彼岸花、男郎花、パンパスグラスの3つ。

郡山町は、平成16年11月1日の市町村合併で鹿児島市と合併した町。
松元町といっしょに、日置郡から参加。
鹿児島市の最北部にあたる町。
鹿児島市の市街地を流れる甲突川の支流地。
入来峠を上って源泉を辿ると甲突池(湧水)があります。
今回は、棚田のある水田地帯をめぐって彼岸花を探してみました。

彼岸花
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
中国原産
a0204703_7433360.jpg

a0204703_7433346.jpg

a0204703_7433449.jpg

a0204703_7434922.jpg

a0204703_743498.jpg

a0204703_7435012.jpg

a0204703_744336.jpg

a0204703_744335.jpg

a0204703_744462.jpg

a0204703_7441537.jpg

a0204703_7441531.jpg

a0204703_7441646.jpg

a0204703_7443023.jpg

a0204703_7443022.jpg

a0204703_7443125.jpg

別名が、曼珠沙華。
梵語で、天上の花とか。
この一帯は、まだ咲きはじめたばかり。
畦や土手が赤い花に覆われるのは、あと一週間後くらいでしょうか。
花後に実がつきますが、日本の彼岸花は発芽しません。
根にリコリンという毒があって、野ネズミ防止に植えられたもの。
野ネズミが畦や土手に穴を開けて、水田の水を流してしまうのを防ぐためのようです。

男郎花
オミナエシ科 オミナエシ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_93143.jpg
a0204703_932210.jpg

別名が、男飯。
小さな白い花をたくさん咲かせます。
草丈1m程、山地の草原や道ばたでよく見られます。

パンパスグラス
イネ科 コルタデリア属
南米原産
a0204703_9104368.jpg
a0204703_9104963.jpg

別名が、シロガネヨシ(白銀葭)。
大きな白い穂を大きく風に揺らしていました。
葉っぱが茂るので広い空間が必要。
庭に植えてあるところもありますが、ちょっと鬱陶しい。
原産地では、大草原の花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-16 06:31 | 郡山町
<< 郡山町の花々2/2 田上町~西別府町の花々2/2 >>