田上町~西別府町の花々1/2

今回は、藪茗荷、カンナ、臭木、仙人草の4つ。

今回は、新川の源流を訪ねて溯ってみました。
鹿児島市内の小河川で、かっては大雨の度に溢れる川。
中流は田上川と名前が変わっています。
紫原・田上・西陵・武岡団地、中・上流地区に団地が造成されてますます溢れるようになりました。
毎年どこかで護岸工事、川幅が狭いので川底を下げたり護岸の補強工事が続いています。
上流の西之谷地区に治水専用ダムが建設中、来年完成予定です。
堤高が21.5mの小型のダムでほぼ完成、現在ダム湖の護岸工事がすすんでいるようです。
新川の洪水、治まってくれるといいですね。

藪茗荷
ツユクサ科 ヤブミョウガ属
関東以西、朝鮮半島、台湾、中国に分布
a0204703_9232796.jpg

a0204703_9232795.jpg

a0204703_9232738.jpg

a0204703_9234612.jpg

a0204703_9234611.jpg

葉の形がミョウガに似ていることからヤブミョウガ、ミョウガ(ショウガ科ショウガ属)とは別種。
真っ白い花が段々に輪生。
実は青く熟します。
繁殖力が旺盛で、種でも増えますが地下茎を伸ばして群落をつくります。
半日陰の場所が好みで、雑木林の縁でよく見かけます。

カンナ
カンナ科 カンナ属
熱帯・亜熱帯アメリカ原産
a0204703_9234719.jpg

a0204703_9235932.jpg

a0204703_924097.jpg

別名が、花カンナ、ダンドク、カンナ・リリー。
花色が、赤、白、ピンク、黄、薄黄、橙など。
グラジオラスの花に似てますが、花茎の先端に固まって花を咲かせます。

臭木
クマツヅラ科 クサギ属
日本全国、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_924090.jpg

a0204703_9241494.jpg

a0204703_9244783.jpg

a0204703_9245168.jpg

a0204703_9245668.jpg

葉や茎には悪臭がありますが、白い小花には芳香があります。
実は、はじめは緑で青→紺→黒。
紅紫色の萼と、いいコントラスト。

仙人草
キンポウゲ科 センニンソウ属
日本、中国原産
a0204703_925547.jpg

a0204703_9251154.jpg

a0204703_9251534.jpg

別名が、馬食わず。(中毒症状や胃腸炎症を引き起こす有毒植物)
真っ白な4枚の顎片が密集して咲くので賑やか。
つる性で、クレマチスにも似てますね。

新川の源流の辺りを散策してみました。
以前の源流は五ケ別府町の旧埋立地付近でしたが、今は上西之谷付近のはず。
なかなか見つかりません。(笑い)
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-14 06:23 | 田上町~西別府町
<< 田上町~西別府町の花々2/2 都市農業センター周辺の花々2/2 >>