都市農業センター周辺の花々2/2

今回は、布袋葵、ハイビスカス・ローゼル、ツクシハギ、臭木、ヤブミョウガの5つ。

連日、北東から東の風に乗って櫻島の降灰が続いています。
長期予報でも、火山灰を流してくれる雨も期待薄。
このところにわか雨もありません。
菜園も茄子とミニトマトを除いて、立ち枯れ状態になってきました。
そろそろ冬野菜の支度が必要です。
9月も半ばとなってきましたが、熱帯夜と夏日はまだまだ勢いが止まりません。
カラカラ天気と降灰で、水の消費量が益々増えそうです。

布袋葵
ミズアオイ科 ホテイアオイ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_1004846.jpg

a0204703_1004998.jpg

別名が、布袋草、ウォーターヒアシンス。
繁殖力が強く、池を一面に覆い尽くしているのをよく見かけます。
薄紫の花、なかなかきれいですね。
調水池の底で100m位の距離、三脚とズームで撮ってみました。
手振れがないので、なんとか見られます。

ハイビスカス・ローゼル
アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属
アフリカ北西部原産
a0204703_1004954.jpg

a0204703_101738.jpg

a0204703_101737.jpg

a0204703_101839.jpg

ローゼルは、ハイビスカスティーの原料。
実の外側の部分を使うようです。
写真は白実のローゼル、ローゼル カクテルアイボリー。
因みに赤実のローゼルは、ローゼル カクテルレッド。
どちらも、花はあまり特徴のない花。

ツクシハギ(筑紫萩)
マメ科 ハギ属
本州、四国、九州に分布
a0204703_1012521.jpg

a0204703_1024863.jpg

a0204703_1031457.jpg

a0204703_1031854.jpg

a0204703_1032342.jpg

濃い赤紫の花で、よく目立ちます。
樹高3~4mくらいですが、よく茂ります。
枝は垂れますが、短い花茎が立ち上がります。

臭木
クマツヅラ科 クサギ属
日本全国、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_1033240.jpg

a0204703_1033721.jpg

a0204703_1034221.jpg

葉や茎には悪臭がありますが、白い小花には芳香があります。
実は、はじめは緑で青→紺→黒。
紅紫色の萼と、いいコントラスト。

ヤブミョウガ(藪茗荷)
ツユクサ科 ヤブミョウガ属
関東以西、朝鮮半島、台湾、中国に分布
a0204703_1035175.jpg

a0204703_1035650.jpg

a0204703_1132896.jpg
a0204703_11321517.jpg

葉の形がミョウガに似ていることからヤブミョウガ、ミョウガ(ショウガ科ショウガ属)とは別種。
真っ白い花が段々に輪生。
実は青く熟します。
繁殖力が旺盛で、種でも増えますが地下茎を伸ばして群落をつくります。
半日陰の場所が好みで、雑木林の縁でよく見かけます。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-13 06:38 | 都市農業センター
<< 田上町~西別府町の花々1/2 都市農業センター周辺の花々1/2 >>