真砂町の花々4/4

今回は、斑入りアベリア、クリナム・パウエリー、ツルバキア・ビオラケア、小紫式部、ノウゼンカズラ、ローズマリーの6つ。

斑入りアベリア
スイカズラ科 アベリア属(ツクバネウツギ属)
中国原産の園芸種
a0204703_1543967.jpg

a0204703_1543986.jpg

a0204703_1544099.jpg

a0204703_156460.jpg

a0204703_1563825.jpg

外側が白斑入りのアベリア'ホープレイズ'のようです。
純白の花に葉っぱの白斑、なかなか目立つアベリアです。
初夏から12月頃まで楽しめます。

クリナム・パウエリー
ヒガンバナ科 クリヌム属(ハマユウ属、ハマオモト属)
南アフリカ原産の交雑種
a0204703_1564362.jpg

a0204703_1564736.jpg

花の形はアフリカハマユウと似てますね。
花色は、淡いピンク。
花茎の太さや葉っぱの厚さ、見るからに浜木綿の仲間。

ツルバキア・ビオラケア
ユリ科 ツルバキア属
南アフリカ原産
a0204703_1565159.jpg

a0204703_1565457.jpg

別名が、ソサイアティガーリック、瑠璃二文字。
細長い茎先に10数輪の小さな星状の花が咲きます。
茎を千切ると、ニンニクの匂い。

小紫式部
クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_157045.jpg

a0204703_157431.jpg

a0204703_157734.jpg

別名が、小紫、小式部。
黄緑から薄いむらさきに、実が少し熟れてきました。
濃いむらさきもいいですが、淡い色合はこの時期でしか楽しめません。

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
中国原産
a0204703_1571493.jpg

a0204703_1571829.jpg

a0204703_1572221.jpg

つる性で気根を出して樹木やコンクリートのカベなどにへばりついて伸びていきます。
オレンジの大きな花。
アメリカノウゼンカズラは、赤で少し小ぶり。

ローズマリー
シソ科 マンネンロウ属
南ヨーロッパ地中海沿岸原産
a0204703_1573011.jpg

a0204703_15424758.jpg
a0204703_1542549.jpg

別名が、マンネンロウ。
独特の香りのハーブ。
花色はピンク、白、紫など、1cmほどの小さな花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-05 06:35 | 真砂町
<< 武町の花々1/3 真砂町の花々3/4 >>