真砂本町の花々3/3

今回は、臭木、源平臭木、小紫式部、ヒメノウゼンカズラ、ハゼラン、デュランタ・タカラズカの6つ。

今日から9月、熱帯夜と34度前後の気温が続いています。
残暑というか、まだ真夏。
遠く南の台風の影響でしょうか。
二学期も始まって、日中通りも静かになりそうです。

臭木
クマツヅラ科 クサギ属
日本全国、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_9271476.jpg

a0204703_9271682.jpg

a0204703_9271784.jpg

葉っぱや茎を揉むと名前のとおり臭いですが、花はいい香り。
花後の実も、きれいです。
実の色は、紺から黒。

源平臭木
クマツヅラ科 クレロデンドルム属
西アフリカ原産
a0204703_9271679.jpg

a0204703_927184.jpg

別名がクレロデンドロン、学名から。
真っ白い萼から真っ赤な小花。
長い蘂の先は、紫の花粉。

小紫式部
クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
日本、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_9273152.jpg

a0204703_9273035.jpg

a0204703_9273240.jpg

a0204703_9273271.jpg

別名が、小紫、小式部。
黄緑から薄いむらさきに、実が少し熟れてきました。
濃いむらさきもいいですが、淡い色合はこの時期でしか楽しめません。

ヒメノウゼンカズラ(姫凌霄花)
ノウゼンカズラ科 テコマリア属
南アフリカ原産
a0204703_9274141.jpg

a0204703_9274334.jpg

半つる性で、ほかの木に絡まって伸びていきます。
5・6mは、伸びますね。
朱から橙の小さな凌霄花。

ハゼラン
スベリヒユ科 ハゼラン属
熱帯アメリカ原産の帰化植物
a0204703_9274417.jpg

a0204703_9275443.jpg

a0204703_9275612.jpg

植えた記憶がないのに、いつの間にか咲いています。
小さな花ですこしの風にも揺れるので、なかなか撮りにくい花。
別名が、三時花、三時草。
午後三時頃から夕方までに花を開く。
午時花と命名が、似てますね。

デュランタ・タカラズカ
クマツヅラ科 デュランタ属
熱帯アメリカ原産
a0204703_9275775.jpg

a0204703_10533565.jpg
a0204703_10534482.jpg

別名が、タイワンレンギョウ ハリマツリ。
デュランタ・レペンスの改良種。
紫に白の縁取り、かわいい花です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-09-01 08:31 | 真砂本町
<< 真砂町の花々1/4 真砂本町の花々2/3 >>