真砂町の花々3/3

今回は、紫紺野牡丹、紅葉葵、サルビア・コクシネア、頷き姫芙蓉、高砂百合、夾竹桃の6つ。

紫紺野牡丹
ノボタン科ティボウキナ属(シコンノボタン属)
ブラジル原産
a0204703_710578.jpg

a0204703_710553.jpg

英名が、ブラジリアン・スパイダーフラワー。
花は一日花。
初夏から秋まで楽しめます。

紅葉葵
アオイ科 フヨウ属
北米東部原産
a0204703_710552.jpg

a0204703_710668.jpg

別名が、コウショッキ(紅蜀葵)。
紅色の大きな一重の花。
開ききるので15~20cmにもなります。

サルビア・コクシネア
シソ科 サルビア属
熱帯アメリカ原産
a0204703_710667.jpg

a0204703_710770.jpg

a0204703_710769.jpg

別名が、ベニバナサルビア。
花色は、ピンク、赤、白など。
やはり赤が一番目立ちます。

頷き姫芙蓉
アオイ科 ヒメフヨウ属
メキシコ、コロンビア原産
a0204703_710854.jpg

a0204703_710853.jpg

a0204703_710956.jpg

英名が、スリーピングハイビスカス。
蕾の時期は、上向き。
花が成長すると、花の重みで下向き。
英名のとおり、これ以上開きません。
別名が大輪姫芙蓉、はてな。
姫仏桑華もありますが、花びらの部分が短くて雄しべがちょっと長いようです。

高砂百合
ユリ科 ユリ属
台湾原産
a0204703_710955.jpg

a0204703_7101058.jpg

a0204703_7101057.jpg

テッポウユリに似てますが、葉っぱも花も細め。
花の外側が薄く紫褐色を帯びている。
ユリ独特の甘い香りがありません。
植えるというより、いつの間にかそこに花が。
繁殖力が強く、野生化しています。

夾竹桃
キョウチクトウ科 キョウチクトウ属
インド原産
a0204703_7101161.jpg

a0204703_7101160.jpg

a0204703_7101270.jpg
a0204703_8442765.jpg

公園の街路樹、排気ガスや猛暑にも強い花。
樹高は5mほどになるので低い枝に咲いてる花しか撮れません。
花色は、赤、ピンク、白。
白花の大きな株を見つけましたが、交通渋滞場所で駐車場が近くにないのでなかなか撮れません。
復興の花、広島市の市花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-24 06:57 | 真砂町
<< ご近所の花々1/2 真砂町の花々2/3 >>