鹿児島市都市農業センター水生植物園の花々1/2

今回は、蓮と水辺の昆虫。
先月末、鹿児島市都市農業センターに出かけてみました。
数万本のジニア(百日草)が見頃とか。
カンカン照りの朝で2時間半、顔や腕が真っ赤に焼けてしまいました。
最初に立ち寄った水生植物園です。

大賀蓮
スイレン科 ハス属
日本、インド、中国、北アメリカに分布
a0204703_792348.jpg

a0204703_792311.jpg

a0204703_792310.jpg

a0204703_792495.jpg

a0204703_794978.jpg

2000年前の古代ハスで、別名も二千年蓮。
太古の夢を語り継ぐロマンの花。
午前中の早い時間が見頃。

茶碗蓮
スイレン科 ハス属
園芸品種のなかでも小型の品種の総称
a0204703_794941.jpg

a0204703_794940.jpg

a0204703_795043.jpg

a0204703_7102049.jpg

a0204703_7102140.jpg

今年から蓮池の一部を区切って、八重茶碗蓮コーナーができました。
花床は、蓮ほどに大きくありません。
八重茶碗蓮、丈夫でポピュラーな蓮のようですが、こちらではあまり見かけない花。

水辺の昆虫たち

アオモンイトトンボ
イトトンボ科 アオモンイトトンボ属
本州から南西諸島まで広く分布
a0204703_7102116.jpg

a0204703_7102115.jpg

胸部側面が緑で腹端が青色のイトトンボ。
生息場所からあまり離れないイトトンボです。

チョウトンボ
トンボ科 チョウトンボ属
本州東北部から九州、朝鮮半島、中国に分布
a0204703_7104937.jpg

a0204703_7111264.jpg

a0204703_7111367.jpg

a0204703_7111494.jpg

a0204703_7111988.jpg

蝶のようにひらひらと飛ぶことからこの名が。
後羽の幅が少し広く、尾が少し短い影響かも。
黒い羽根は、光の加減で虹色に光ります。
羽の先の透明な部分は前羽が広く、後羽はちょっぴり。
透明な部分は、個体毎に微妙に違いがあるようです。
フィアンセを求めて上空に50~60旋回してますが、なかなか停まってくれません。
日焼けはこの時かな。(笑)

クロイトトンボ
イトトンボ科 クロイトトンボ属
北海道・本州・四国・九州に分布
a0204703_973240.jpg
a0204703_975270.jpg

♂のようです。
成熟したオスは、胸の横が粉をふいたように白くなる。
全体に黒っぽくて、胸部側面と腹部の先が青いイトトンボ。

コバネイナゴ
イナゴ科 イナゴ属
北海道・本州・四国・九州に分布
a0204703_9124245.jpg
a0204703_912593.jpg

名前のとおり翅が短く、尾の先より短い。
イネの害虫で、イネ以外の雑草も良く食べる。
食べた記憶はありませんが佃煮にされるので、食物連鎖かな。(笑)
♂の体長が16-33mm、♀の体長が18-40mmとか。
葉っぱの表と裏、仲良く食事中。

次回は、睡蓮。
数万本のジニアはその次、数万本の向日葵も。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-08-06 06:05 | 都市農業センター
<< 鹿児島市都市農業センター水生植... 武町の花々4/4 >>