真砂町の花々4/4

今回は、ジニア、パキスタキス・ルテア、柳花笠、露草、ムラサキルーシャン、矢の根梵天花の6つ。

ジニア
キク科 ジニア属
メキシコ原産
a0204703_1122060.jpg

a0204703_1122022.jpg

別名が、百日草、ジニア・エレガンス、コモン・ジニア。
花色は、赤・橙・黄・桃・白・紫・緑。
長期間咲き続ける丈夫なで、百日草。

パキスタキス・ルテア
キツネノマゴ科 パキスタキス属
ペルー原産
a0204703_1122124.jpg

別名が、ウコンサンゴ(鬱金珊瑚)。
同じキツネノマゴ科の小海老草とよく似た花で、この花は直立に黄色い苞を伸ばします。
赤い花を咲かせるパキスタキス・コッキネアもあります。

柳花笠
クマツヅラ科 クマツヅラ属
南米原産の帰化植物
a0204703_1124344.jpg

a0204703_1124349.jpg

a0204703_1124451.jpg

a0204703_1124444.jpg

a0204703_113228.jpg

別名が、三尺バーベナ。
細長い茎の先に、小さなピンク(紫)の5弁の集合花を咲かせます。
群生地は遠くから眺めるとその一帯が紫に染まって、いいですね。

露草
ツユクサ科 ツユクサ属
東アジア原産
a0204703_113330.jpg

a0204703_113323.jpg

a0204703_113412.jpg

別名が青花、帽子花。
和歌の世界では、月草、蛍草など、季語は秋。
夏のイメージですね。
早朝に開花して夕方にはしぼんでしまう、1日花。
蘂が短いので、改良種かも。

ムラサキルーシャン
キク科 ケントラテルム(ケントラタルム)属
中南米・西インド諸島原産
a0204703_1131911.jpg

a0204703_1131910.jpg

咲きはじめなので、ほぼ蕾状態。
花びらは外側からモジャモジャと伸びてきます。
12月頃まで咲きつづけるので、花の全容はその内に。

矢の根梵天花
アオイ科 ヤノネボンテンカ属
南アメリカ原産の帰化植物
a0204703_1132366.jpg

a0204703_1132152.jpg

別名が、高砂芙蓉。
葉っぱは、名前のとおり鏃(やじり)のような形です。
花径5~6㎝の小さな白い花ですが、中心部に赤褐色のもうひとつの花。
閉鎖花で自家受粉、種を作ります。
透き通るような花びらで、一日花。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-25 07:15 | 真砂町
<< 武町の花々1/2 真砂町の花々3/4 >>