焼き上がり

本日2回目のアップ。
番外編。

今日は陶芸グループの活動日で、焼き上がり。
今回は大皿と急須2点が入ったので、作品点数は少なめでした。
凡そ2ヶ月に1回の焼き上がり。

今回は、8点。
a0204703_18243593.jpg
マグカップと豆皿は、三女の作品。

大皿
a0204703_18243587.jpg

a0204703_18243586.jpg
径:36cm、高:9cm、高台:2cm。
素焼きの電気窯が40cmまでなので、何とかセーフ。
表面がさっ風景なので、模様を刻んでみました。

壁掛け花瓶
a0204703_18243687.jpg
メロンパンの模様がヒント。(笑い)
創ってる間に、食べたくなりました。
遊び心。

急須
a0204703_1835356.jpg

a0204703_18243788.jpg
これまでオーソドックスな急須・ティーポットを創っていましたが、ちょっと形を変えてみました。
茶漉しは、傘のホネを使って空けています。
片手でつげる急須、親指で蓋のチョボも押さえることができます。
試しに使ってみましたが、わりと茶の出・水切れ、いいようです。
急須は、本体・蓋・注ぎ口・取っ手と4つのパーツから完成します。
大まかなデザインと各パーツのバランス、なかなか面倒で楽しみでもあります。

マグカップと豆皿(娘の作品)
a0204703_18254090.jpg

a0204703_18254191.jpg
マグカップは、艶ありの薩摩黒釉と藁灰マット釉の掛け分けのようです。
2つの釉薬が重なった部分が、なかなかいい表情になったようです。
豆皿は薩摩黒釉の濃淡掛け、内側を水で濡らして薄めに仕上げているようです。
陶芸を始めて2年目。
珈琲カップ型の小皿や黒猫型のケーキ皿、なかなか発想が柔軟です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-16 18:39 | 陶芸
<< 武町の花々2/4 武町の花々1/4 >>