水生植物園の花々たち4/4

今回は、水生植物園からの帰り道。
アルストロメリア、カンナ、八重梔子、下野、烏瓜、立葵、合歓の7つ。

アルストロメリア
ヒガンバナ科 ユリズイセン属
ブラジル、チリ、ペルー原産
a0204703_7543175.jpg

a0204703_7543173.jpg

a0204703_7543283.jpg

別名が、百合水仙、インカの百合。
豊富な色どりの花。
この花は原種で、花びらはこれ以上開きません。

カンナ
カンナ科 カンナ属
熱帯・亜熱帯アメリカ原産
a0204703_7543296.jpg

a0204703_7543295.jpg

別名が、花カンナ、ダンドク、カンナ・リリー。
色鮮やかで独特の花。

八重梔子
アカネ科 クチナシ属
東アジア原産
a0204703_7543399.jpg

a0204703_7543397.jpg

a0204703_754341.jpg

別名が、ガーデニア、センプク、サンシシ(山梔子)、ケープジャスミン。
当初まっ白だった花も、時間の経過とともに黄色に変色。
一重の花より、八重の方がやさしい香り。

下野
バラ科 シモツケ属
日本原産
a0204703_75434100.jpg

a0204703_754353.jpg

濃い紅~白まで、濃淡があります。
花期は5月末から8月はじめので、長い間楽しめます。
小さな5弁の集合花。

烏瓜
ウリ科 カラスウリ属
本州以南、台湾、中国原産
a0204703_754489.jpg

a0204703_754488.jpg

a0204703_7544911.jpg

a0204703_7544910.jpg

別名が、玉章、玉梓、狐の枕。
花は夜に開いて明け方には萎んでしまいます。
レース編み製品のように広がります。
午前中だったので、まだ花の名残が。
黄烏瓜の花のようです。

立葵
アオイ科 アルテア属(タチアオイ属)
小アジア、中国原産
a0204703_8361147.jpg
a0204703_8362114.jpg
a0204703_8363283.jpg
a0204703_8364219.jpg

別名が、花葵、梅雨葵、唐葵、ホリホック、ホリーホック。
花色は、赤、濃赤、ピンク、黄、青紫、白、黒と様々。

合歓
ネムノキ科 ネムノキ属
日本、朝鮮半島、中国原産
a0204703_846555.jpg

合歓の木を見つけたところで、戻り梅雨。
雷鳴とともに降り出したので、道路脇に車を止めてガラス越しに。
小降りになるのを待つこと15分、雨は激しくなるばかり。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-07-06 07:21 | 都市農業センター
<< ご近所の花々1/2 水生植物園の花々たち3/4 >>