阿蘇・別府・九重一泊旅行3/5

今回は、明礬湯の里、鉄輪温泉。

明礬温泉の湯の花は、質・量とも日本一といわれています。
a0204703_139337.jpg

a0204703_139342.jpg

a0204703_1393414.jpg

a0204703_1393261.jpg

a0204703_1393395.jpg

岩盤の裂け目からプツプツと湯の花が湧いていました。
湯の花小屋の精巧な技術は、国の重要無形民俗文化財に指定。
岩盤の上は、裸足で歩くのはちょっと無理かな。
スメ(蒸気を利用した竈、煮炊きをする)があったので、パチリ。
天然の蒸気竈「スメ」、鹿児島(山川町にある火口湖鰻池)の鰻温泉での呼び名なので、メジャーとはいえません。

ホテルに入って夕食まで暫く時間があったので、仲間と近くを散策。
温泉地獄めぐりまでは遠いので、歩いて5分程のいでゆ坂へ。
a0204703_1393559.jpg

a0204703_1393515.jpg

a0204703_1393617.jpg

a0204703_1393654.jpg

a0204703_1393768.jpg

a0204703_1393774.jpg

a0204703_1393850.jpg

a0204703_1393628.jpg

a0204703_1393920.jpg

a0204703_1393741.jpg

a0204703_14243496.jpg
a0204703_14245640.jpg
a0204703_14251259.jpg
a0204703_14252043.jpg
a0204703_14252917.jpg
a0204703_14253984.jpg
a0204703_1425503.jpg

鉄輪温泉、鉄輪と書いてカンナワと呼びます。
ちょっと難解ですね。
源泉98度、蒸し器にゴム手袋の置いてあるのが地獄蒸し工房鉄輪
同じ場所に足蒸しと足湯があって、自由に利用できます。
写真は撮っていますが、友人夫婦も写っているのでカット。
温泉街独特の町並み、昭和です。
[PR]
by hana_dan6 | 2011-06-18 06:51 | 旅行
<< 阿蘇・別府・九重一泊旅行4/5 阿蘇・別府・九重一泊旅行2/5 >>